【ブータンの観光】定番〜穴場まで!ブータン観光スポットを徹底的に紹介します!

今や「幸せの国」が代名詞でもあるヒマラヤの王国ブータン。この言葉に通じる「国民総幸福量(GNH)」を先代国王が提唱したのは1972年。既に約半世紀がたちました。かつての“秘境の王国”には観光客もずいぶん増えましたね。では、ブータン観光ときいて、具体的な観光スポットは思い浮かびますか。今回はブータン観光を徹底解説します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

 

■目次
1.幸せの国、ブータン王国の魅力とは?
2.観光都市・パロのおすすめ観光地 / スポット
3.観光都市・ティンプーのおすすめ観光地 / スポット
4.見逃せない!ブータンの地方都市
5.ブータンで体験したいこと

 

民家訪問

どこの国であっても、海外旅行の楽しみは観光スポットを訪れるだけではありません。車窓から必ず見える風景、それは現地の人々の住まい。

特にブータンの一般家屋は、外壁にチベット仏教の教えが描かれていたり、料理に欠かせない赤とうがらしが屋根に干してあったり、観光客には興味津々。

さらに“世界一辛い”ことで名高いブータン料理は、レストランで味わえますが、作り方を見たいですよね。

たとえば家庭料理でチーズを使ったエマダツィは、赤とうがらしが隠し味ではなく野菜として扱われます。

民家訪問でブータンをより深く知りましょう。

 

ツェチュ(祭り)

リピーターも多いブータンで、一度は見たいのが「ツェチュ」。このチベット仏教の大切な祭りは、太陰暦の月の10日目にあたる日となります。

ツェチュは、8世紀ブータンに飛来したとされるチベット仏教最古のニンマ派開祖パドマ・サンババの生涯の出来事を祝う祭りです。
マスクダンスや女性たちの踊りも披露されます。

ブータン各地で行われますが、有名なのはティンプーとパロ。一方で、観光客が少なめの地方ツェチュもおすすめです。

ただし、トンドル(大タンカ)のご開帳はどこでもあるわけではないので、これを見たい方は事前に確認しましょう。

ツェチュでは「仏教行事」ということでマナーは守りたいですね。

 

おわりに

ブータン観光の魅力は、小国ながらそのバラエティに富んだ自然、民族であり、さらにチベット仏教を国教とする世界で唯一の国ならでは、信仰とともに生きる人々の生活にふれることでしょう。

民族衣装の着用する生活様式や宗教の祭り、まさにブータンの伝統こそが、観光客の心を魅了し、「また来たい!」と思わせるのだと思います。

私が初めてブータンを訪れたのは1996年。それから幾度となく訪れました。そして思うことは?!「また訪れたい!」ということです。

1 ... 14 15
Tomocomté

Tomocomté

コンテチーズの産地フランシュ・コンテ地方在住のTomocomtéです。日本の旅行業界に25年あまり在職していました。その間95か国を訪問。得意とした旅の企画はヨーロッパの田舎やアジア、アフリカ、中南米などの秘境・辺境。世界には知られざる魅力的な場所がいっぱい!皆さんの旅のお役に立てれば嬉しいです。 ■ブログ:「世界を深く知る旅」https://ameblo.jp/le-tourisme-durable/ ■Amazon写真集 :『雪景色に癒されるフランスの田舎』https://www.amazon.co.jp/dp/B07NBV6NZK



関連する旅行カテゴリ

# ブータンの観光 # ブータン

関連する旅行記事