【ブータンの観光】定番〜穴場まで!ブータン観光スポットを徹底的に紹介します!

今や「幸せの国」が代名詞でもあるヒマラヤの王国ブータン。この言葉に通じる「国民総幸福量(GNH)」を先代国王が提唱したのは1972年。既に約半世紀がたちました。かつての“秘境の王国”には観光客もずいぶん増えましたね。では、ブータン観光ときいて、具体的な観光スポットは思い浮かびますか。今回はブータン観光を徹底解説します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

 

■目次
1.幸せの国、ブータン王国の魅力とは?
2.観光都市・パロのおすすめ観光地 / スポット
3.観光都市・ティンプーのおすすめ観光地 / スポット
4.見逃せない!ブータンの地方都市
5.ブータンで体験したいこと

 

ブータンで体験したいこと

 

外国を訪れたとき、思いっきり気分を盛り上げてくれるのが民族衣装。日本でも着物姿で町を歩く訪日観光客が増えましたよね!

ブータンでは、基本的に日常生活で男性は「ゴ」、女性は「キラ」と呼ばれる民族衣装を身に付けています。
折角なので、ブータン旅行の思い出にこの民族衣装を試着してみましょうね。

男性の膝丈着物に靴下姿はユニークですね。女性のキラには、ブータン女性あこがれの王室御用達「キシュタラ」という絹糸で幾何学模様を織り込んでいくデザインもあります。

顔立ちが似ているブータン人と日本人。ブータン人になりきれますよ!

 

焼き石風呂・ドツォ

ブータンの伝統的なお風呂“石焼き風呂”。

現地の言葉で「ドツォ」と呼ばれ、たき火で焼いた石を風呂桶の水の中に入れ、その熱で沸かすというシンプルなシステムです。

田舎をドライブしていると、一般家屋の近く、つまり野外に無造作に置かれている場合もあります。まさに露天風呂ですね。

観光客もドツォを体験すべく、最近はホテルにドツォを設けているところもあります。また民家訪問プログラムを組めば、民家で楽しむこともできます。

タクツァン僧院ハイキングのあとにドツォでゆっくりもいいですね。

 

1 ... 13 14 15
Tomocomté

Tomocomté

コンテチーズの産地フランシュ・コンテ地方在住のTomocomtéです。日本の旅行業界に25年あまり在職していました。その間95か国を訪問。得意とした旅の企画はヨーロッパの田舎やアジア、アフリカ、中南米などの秘境・辺境。世界には知られざる魅力的な場所がいっぱい!皆さんの旅のお役に立てれば嬉しいです。 ■ブログ:「世界を深く知る旅」https://ameblo.jp/le-tourisme-durable/ ■Amazon写真集 :『雪景色に癒されるフランスの田舎』https://www.amazon.co.jp/dp/B07NBV6NZK



関連する旅行カテゴリ

# ブータンの観光 # ブータン

関連する旅行記事