【ブータンの観光】定番〜穴場まで!ブータン観光スポットを徹底的に紹介します!

今や「幸せの国」が代名詞でもあるヒマラヤの王国ブータン。この言葉に通じる「国民総幸福量(GNH)」を先代国王が提唱したのは1972年。既に約半世紀がたちました。かつての“秘境の王国”には観光客もずいぶん増えましたね。では、ブータン観光ときいて、具体的な観光スポットは思い浮かびますか。今回はブータン観光を徹底解説します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

 

■目次
1.幸せの国、ブータン王国の魅力とは?
2.観光都市・パロのおすすめ観光地 / スポット
3.観光都市・ティンプーのおすすめ観光地 / スポット
4.見逃せない!ブータンの地方都市
5.ブータンで体験したいこと

 

ルンツェ

モンガルの北約70キロにルンツェがあります。ルンツェへの道は、チベットから流れるクリ・チュー(川)に沿ってドライブです。

天気が許せば、岩山にへばり付くように建つルンツェ・ゾンとその北方にグレートヒマラヤが望めます。

かつてクルテ地方と呼ばれたルンツェは王家発祥の地として知られます。さらに、ブータンの代表的な伝統工芸である織物の生産地でもあります。

ルンツェ・ゾンは長い階段がありますが必見ですね。そして、王室御用達の織物「キシュタラ」の本場コマ村も是非訪れましょう。

スポット名:ルンツェ(Googleマップ)

 

タシガン

モンガルから東へ約80キロ、東ブータン観光の中心タシガンがあります。タシガンの標高は約1,150メートル。
2,000メートル以上の宿泊が心配な方に、東ブータンはおすすめです。

タシガンには、2003年まで国内唯一の大学がありました。見どころとして、1659年建立のタシガン・ゾンがあります。

ツェチュでは、トンドル(大タンカ)ご開帳に加え、インド国境のメラ・サクテン地区に住む少数民族ブロクパに出会えるチャンスもありますよ!

また、近くのラディ村は、ブラと呼ばれる野生蚕の織物で有名ですので、是非訪れてみましょう。

スポット名:タシガン(Googleマップ)

 

1 ... 11 12 13 ... 15
Tomocomté

Tomocomté

コンテチーズの産地フランシュ・コンテ地方在住のTomocomtéです。日本の旅行業界に25年あまり在職していました。その間95か国を訪問。得意とした旅の企画はヨーロッパの田舎やアジア、アフリカ、中南米などの秘境・辺境。世界には知られざる魅力的な場所がいっぱい!皆さんの旅のお役に立てれば嬉しいです。 ■ブログ:「世界を深く知る旅」https://ameblo.jp/le-tourisme-durable/ ■Amazon写真集 :『雪景色に癒されるフランスの田舎』https://www.amazon.co.jp/dp/B07NBV6NZK



関連する旅行カテゴリ

# ブータンの観光 # ブータン

関連する旅行記事