アメリカ在住者厳選!アメリカで買いたい人気お菓子27選!お土産にも◎

世界にはそれぞれの国の文化や習慣から生まれるさまざまなお菓子がありますよね。みなさんはアメリカというとどんなお菓子を思い浮かべますか?カラフルで合成着色料のあるものや、激甘のキャンディーなど、いろんなイメージがあるでしょう。今回は、アメリカ在住の筆者が現地のお菓子の味や販売場所、賞味期限などについてご紹介していきます。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

 

■目次
1.アメリカ旅行で絶対に見逃せないお菓子
2.アメリカのお菓子を購入することができる店舗紹介
3.家庭でも簡単に本場の味を再現!材料さえあれば誰でも簡単に作れるお菓子
4.賞味期限を確認するときにはお菓子の成分表のどこを見ればいいの?
5.お気に入りのアメリカのお菓子を個人輸入することは可能なの?
6.アメリカでお菓子をお土産に選んだ時の税関申告書の書き方とは?
7.アメリカのお菓子を郵送するとき:EMSやインボイスのあれこれ

 

賞味期限を確認するときにはお菓子の成分表のどこを見ればいいの?

アメリカでお菓子を購入するときに気になるのは、賞味期限ではないでしょうか?

英語で賞味期限をあらわすと「best by(またはbefore)」となります。ものによっては、ExpireやEXP.と記載されていることも。
そのほかに、消費期限は「use by」、販売期限は「sell by」です。

基本的には日本と同様にパッケージのうしろに記載されているのが一般的ですが、ものによっては袋のはじのほうに数字(日付)のみでシンプルにかかれているため見逃してしまうこともしばしば。

また、アメリカでは日付を「月/日/年」と表記するのでこちらも覚えておくと便利ですよ。

 

お気に入りのアメリカのお菓子を個人輸入することは可能なの?

近年、以前よりもオンラインショッピングが普及しており、Amazonなどのオンラインショッピングサイトを利用してお菓子を個人輸入をすることができます。

しかし、注意も必要です。「食品衛生法」というルールが設けられており、合計10キロを超える場合は輸入届出の必要となります。

輸入届出を避ける場合には、商品を10キロ未満とするか、輸入するお菓子を30日毎に分けて発送するという方法があります。

個人輸入をする場合には、重さもしっかりと調べておくことをおすすめします。

 

1 ... 15 16 17
Chizuru Kimura(アメリカ現地在住ライター)

Chizuru Kimura(アメリカ現地在住ライター)

アメリカ在住5年目。在宅ライターです。 アメリカ在住だからこそ伝えられるアメリカの魅力を、多くの方たちに発信していきたいです!



関連する旅行カテゴリ

# アメリカ合衆国の料理・グルメ # アメリカ合衆国

関連する旅行記事