マヨルカ島の観光スポット15選!おすすめ移動手段・時期・旅行記ブログもご紹介

皆さん、マヨルカ島って聞いたことありますか?スペインの東側に位置し、年間300日以上が晴れるこの島には、太陽と美しい海を求めてヨーロッパ中から観光客が訪れます。しかし、日本ではまだまだ知名度が低い場所なので、観光に関する情報は多くありません。こちらの記事ではスペイン在住の私が、マヨルカ観光のお役立ち情報をまとめました!

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


マヨルカ島観光のベストシーズンは?年間の気候とおすすめの服装について

マヨルカ島の春は?どんな服装がベスト?

筆者撮影

マヨルカ島の春は、雨も少なく、日本に比べて暖かいです。昼間は日が当たればかなり暖かく感じるので過ごしやすいですが、夜はがくんと寒くなるので、油断は禁物です。薄手のコートや、脱いだり着たりしやすい羽織物を持っていきましょう。

5月くらいまでは海に入るにはまだ寒いですが、北欧やドイツからの観光客では泳いでいる人もちらほら見かけられる時季です。自然が美しい季節でもあるので、サイクリングやハイキングを楽しみたい人におすすめの時季です。
 

マヨルカ島の夏は?どんな服装がベスト?

筆者撮影

夏には日差しが強く、気温は40近くまで上がることもあります。しかし、日陰に入ればそこまで暑いわけではないのでは、不快な暑さになることはありません。また、夜は気温が20度近くまで下がり、寒暖差が激しいのも特徴です。風が強いので、夜に海辺にでかける際は羽織物があると安心です。

太陽を浴びて夏の日差しを楽しみたい!という人にはおすすめの時季です。ただし、7・8月はドイツ人観光客で溢れかえっているので、どこも混雑しています。日焼けをしたくない人や、ビーチ目的でない人は他の時季を選ぶことをおすすめします。
 

マヨルカ島の秋は?どんな服装がベスト?

筆者撮影

マヨルカ島の秋は日本と同じくらい、もしくは少し暖かいくらいの気温です。春、夏同様に、昼と夜の寒暖さが激しく、夜にはかなり冷えることもあるので、コート等があると安心です。ただし、日差しはまだまだ強いので、日焼けどめは必須です。

9月後半になると、バケーションで訪れていた外国人観光客が減り、街に落ち着いた雰囲気が戻ってくる頃です。10月は各観光スポットもまだハイシーズンの営業時間で開いている上、混雑が少なく、ビーチにも行ける程度の気温(ただし入るのは少し寒い)です。マヨルカ島の文化・歴史スポットを見て回るにはこの時期が一番おすすめです。
 

マヨルカ島の冬は?どんな服装がベスト?

筆者撮影

標高の高い地域では雪が降ることがあるほど、マヨルカ島の冬は寒いです。また、12月、1月はマヨルカ島の一年の気候の中では雨(雪)が多いです。日本と同程度の厚手のコートを持参することをおすすめします。この季節にトラムンタナ山脈方面を予定されている方は、ダウンなど、防寒具を持っていると安心です。

夏と異なり、海外からの観光客が少なくなるので、観光スポットの営業時間が短くなっていたり、休業していることもあります。海目的ではなく、のんびり自然を楽しむには良い季節ですが、寒さ対策を忘れずに!
 

12 3 4 ... 7
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


井上はな

井上はな

スペイン在住旅行ライター。身軽で自由な旅をモットーに、ヨーロッパ方面を中心にこれまで36都市20か国を訪問。大学では西洋美術史を専攻し、旅行での楽しみは教会巡り、美術館巡り。趣味はご当地スーベニアコインとポストカード収集。世界各地で集めたポストカードは、すでに300枚以上になります。読んだ人にその国の魅力が伝わるような記事を心掛けています。海外旅行を楽しむためのお役立ち情報を、体験談を交えてお届けします。



関連する旅行カテゴリ

# マヨルカ島の観光 # マヨルカ島

関連する旅行記事