【アンカラおすすめ観光地・名所は?】レストラン・旅行記ブログ・ホテルもあわせてご紹介

日本人にも人気の観光地、トルコ。イスタンブールやカッパドキアのような人気の観光地はもちろん、首都のアンカラやその周辺にはローマ時代よりもさらに古い時代の遺跡やトルコ共和国建国の父の霊廟にいたるまで、あらゆる時代の見どころが密集しているのです。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

エスキシェヒル:アンカラから高速列車で行ける

トルコ語で「古い街」を意味するエスキシェヒルは、高速列車が走るようになってからはアンカラから1時間半ほどで行けるようになった、人気の観光地です。

オスマン朝時代の歴史ある古い建物が並ぶオドゥンパザルという地区がとくに有名で、伝統工芸のアトリエやエスキシェヒル名産の海泡石を使った工芸品に出会うことができます。

また、サゾヴァ公園(Sazova Parkı)という入場無料の公園は、地元の人や観光客にも人気のスポットです。公園内の施設に入場する場合、その都度料金が必要になります。

エスキシェヒルのおすすめ観光スポット名:サゾヴァ公園
住所:Sazova, Sazova Çiftlik Yolu, 26150 Tepebaşı/Eskişehir
営業時間:施設により異なる
定休日:無休
観光費用の相場・値段:施設により異なる
アクセス手段:高速列車でアンカラから約90分
公式・参考サイト:サゾヴァ公園

 

カマン・カレホユック:世界最古の鋼が発見された場所

アンカラから南東約100キロメートルのところにあるカマン・カレホユックは、直径280メートル、高さ18メートルの丘状遺跡です。

この遺跡は、日本の中近東文化センターによって1986年以降発掘調査が続けられています。これまでの発掘作業では、オスマン、ビザンチン、鉄器時代、後期・中期青銅器時代、前期青銅器時代の文化層が確認されており、世界最古の鋼が発見されたことでも話題になりました。

アンカラからカマンへは高速バスで1時間45分ほどで、カマン・カレホユックまではカマンのオトガル(バスターミナル)から乗り合いバス(ドルムシュ)で行くことができます。

カマンのおすすめ観光スポット名:カマン・カレホユック考古学博物館
住所:Bahçelievler, 40300 Çağırkan/Kaman/Kırşehir
営業時間:8:00~19:00(冬期は17:00まで)
定休日:無休
観光費用の相場・値段:5TL
アクセス手段:カマンのオトガルからドルムシュに乗り「ミュゼ」で降りる
公式・参考サイト:カマン・カレホユック考古学博物館

 

ベイパザル:オスマン朝の街並みと豊かな自然が見どころ

オスマン朝時代の街並みが残るベイパザルは、アンカラから90分ほどで行くことができる観光地として人気です。賑やかなバザールや名物の銀細工(テルカリ)が有名です。

ベイパザルからナッルハンへ続く道路を進むと見えてくるサルイェルダム湖は水深が浅いため、多くの野鳥が姿を見せる場所です。ダーウトオウラン野鳥保護区というこの場所では、特に2~4月の春先には、多くの鳥を見ることができます。地層によって色がきれいにわかれている乙女の丘(クズ・テペスィ)も見逃せません。

ベイパザルのおすすめ観光スポット名:ダーウトオウラン野鳥保護区
アクセス手段:アンカラからナッルハン行きのバスがベイパザルを経由する。「クシュ・ジェンネティ」で下車。アンカラから約2時間ほど

 

ボアズカレ:ヒッタイト王国の首都がある街

アンカラを拠点に観光しておきたい街のひとつが、ボアズカレです。
ボアズカレは、人類史上初めて鉄器を使用し、大帝国を築き上げたヒッタイト人が住んでいた場所です。

紀元前18世紀ごろに築かれた大神殿や住居、都市の防衛の要であった大城塞の城壁跡などを見ることができるヒッタイト王国の首都ハットゥシャシュは見どころのひとつです。
そのほかにもボアズカレには、広大なエリアにヒッタイト王国の栄華を物語る数々の遺跡が残されています。

ボアズカレのおすすめ観光スポット名:ハットゥシャシュ遺跡(ボアズカレ博物館)
住所:Çarşı Mah., 19310 Boğazkale/Çorum
営業時間:8:00~19:00(冬期は17:00まで)
定休日:無休
観光費用の相場・値段:
アクセス手段:アンカラからスングルルまで高速バスで約3時間、スングルルから乗り合いバス(ドルムシュ)に乗る

 

コンヤ:イスラム神秘主義発祥の地

アンカラの約250キロメートル南に位置するコンヤは、イスラーム神秘主義の一派であるメヴレヴィー教団の発祥の地として知られ、トルコ国内でも特に宗教色が強い街です。トルコ国内からはもちろん、国外のムスリムにも人気がある観光スポットです。

メヴレヴィー教団の創始者であるメヴラーナ・ジェラールッディン・ルーミーの霊廟があるメヴラーナ博物館は必見です。
また、右手を天に、左手を大地に向けて、神の恵みを人々に振りまくセマーの旋回舞踊も有名です。

コンヤのおすすめ観光スポット名:メヴラーナ博物館
住所:Aziziye Mah, Mevlana Cd. No:1, 42030 Karatay/Konya
営業時間:9:00~18:00(季節により閉館時間が異なる)
定休日:無休
アクセス手段:アンカラからコンヤまで高速バスで約3時間半
公式・参考サイト:メヴラーナ博物館

 

1 2 3 ... 5
Zon(ぞん)

Zon(ぞん)

トルコ イスタンブールの魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。海とモスクと飛行機が大好き。 >> instagramページ



関連する旅行カテゴリ

# トルコの観光 # トルコ

関連する旅行記事