【イランの治安】イラン観光は女性でも安全?外務省情報や現地の最新治安情報をご紹介!

イラン旅行は、近年バックパッカーを中心に密かな人気を集めています。美しすぎるモスクや古代都市遺跡など、全24件が世界遺産として登録されており、観光面でも注目されています。 しかし、イランは旅行者にとって安全な国なのでしょうか。 実際に女性ひとり旅をした経験をもとに、イランの治安情報をお伝えします。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazineライターのナツエです。

あなたは「イラン」についてどんなイメージを持っていますか?米国との緊張関係や、テロやデモ、核問題に関するニュースが日本でも報道されていることから 「危険な国」という印象を持つ方も少なくないのではしょうか。しかし、イランを実際に訪れた人は口を揃えて「イランはとっても平和で、そして美しい国!」と言います。

実際に筆者(20代女性)も、2019年春にイランへ10日間一人旅をしてきました。イスラム教の美しく威厳あるモスクや歴史ある街並み、ペルシャの優美な文化など、イランの観光地は本当に素晴らしいものばかりでした。

この記事では、外務省が発表している最新治安情報をもとに、イラン各所の安全情報を、実際の旅の経験をもとに解説します。イスラム教国ならではのルールや、女性が旅行する上での注意点も実体験を含めてお伝えいたします。

イランの治安情報を知り、安全に旅をしましょう!

 

■目次

1ページ目: イランの治安情報
 - イラン全体の治安状況は?外務省の危険度レベル
 - イランの犯罪/事件などの発生状況と注意点概要
 - イランへの女性旅行者が特に気をつけるべきこと
 - イランの2019年現在の最新治安情報は?

2ページ目: イラン各地域と治安が良い/悪い場所・地域エリアの治安と注意点
 - イランの治安注意地図(Googleマップ)
 - 首都・テヘラン
 - イスファハーン
 - シーラーズ
 - マシュハド
 - ヤズド
 - バム
 - トルコとの国境エリア
 - パキスタン・イラクの国境エリア

3ページ目: イランで起こりうる犯罪・トラブル例
 - スリ:財布・バッグ・一眼レフなど
 - 痴漢
 - 闇両替
 - 宗教の違い:イスラム教国での注意点
 - デモ
 - テロ

4ページ目: イラン旅行における、治安状況と注意点
 - レストラン・カフェの治安状況・注意点
 - ホテル・ゲストハウス・宿泊施設の治安状況・注意点
 - 移動・交通機関の治安状況・注意点
  - バス
  - タクシー
  - 電車・鉄道駅
  - 空港

5ページ目: イランの治安状況に対する事前対処と役立つ知識
  - 個人旅行・ツアー・ひとり旅で気をつけるべきこと
  - イランでの早朝・深夜の過ごし方
  - 緊急連絡先
  - パスポートを紛失した時には
 - あわせて読みたい!イランの観光情報
  - 豪華絢爛!イスラム文化を象徴する装飾が美しいイランの観光スポットまとめ
  - ペルシャ帝国の栄光が感じられる!イランの旅行記まとめ
  - イランにカッパドキア?! ゲシュム島の自然の要塞「スター・バレー」

 

イラン全体の治安状況は?外務省の危険度レベル

日本の外務省は、各国・場所の危険レベルを外務省サイトで公開しています。
海外安全ホームページによれば、現在のイランは全域的に危険度レベル1ですが、局地的に危険度レベル2から4の地域もあります。

まず、首都テヘランを始めとする主要観光地については、渡航には問題がないようです。
しかし、近年では、2017年に首都テヘランで国会事務所建物とイマーム・ホメイニ廟周辺でテロ事件が発生しました。さらに2018年にもイラン南西部で襲撃事件が発生しており、引き続きテロへの注意が必要です。

パキスタンやイラク及びアフガニスタン国境地帯等は、危険度レベル4の退避勧告が外務省より発表されています。外務省はこの地域へ渡航をしないように注意を呼び掛けています。

■公式・参考サイト:「外務省危険スポット・広域情報

 

イランの犯罪/事件などの発生状況と注意点概要

同じく海外安全ホームページによると、イランでは強盗や窃盗等の犯罪が慢性的に発生しているようです。

日本人の被害事例として、現金やスマートフォンなどを狙った強盗や、ひったくりやすりなどの窃盗事件が発生しています。
特に近年増加している事例が、偽警察官による強盗事件です。これは偽の警察官が正当な所持品検査と見せかけて、外国人のバック等を強奪するものです。

イランを旅行するときは、
・貴重品は肌身離さず持ち歩く
・夜間の外出は控える
・目立つ服装を避ける

など、自分の身を自分でしっかり守るための対策をとる必要があります。

■公式・参考サイト:「外務省安全対策基礎データ」

 

イランへの女性旅行者が特に気をつけるべきこと

Tehran, Iran

女性の場合、イラン旅行中は公共の場での服装や男性との接し方に気をつける必要があります。
まず、女性は外国人であっても、頭部を隠すためのスカーフと身体の線を隠すためのコートを着用しなければなりません。

実際、筆者もモスクに入る直前でスカーフを巻き直そうとした際に、そばにいた女性に注意を受けました。公共の場で頭部を出すことは、固く禁止されているようです。

また、規律に反した服装は痴漢や強姦などの性犯罪に巻き込まれる原因にもなるため、十分に注意しなければいけません。

次に、男性へのボディタッチや握手も控えるべきです。イランでは誤解を招き、トラブルの原因となる恐れがありますので、ご注意ください。

イランの2019年現在の最新治安情報は?

イランの安全情報は、下記の外務省サイトで確認することができます。

現在のイランの治安は全体的に安定しており、主要な観光地は国内外からの観光客で賑わいを見せています。実際に筆者がイランに一人旅した際も、大きな危険を感じることはありませんでした。

しかし近年は、経済状況の悪化や物価高騰により、国民の不安や不満が日に日に高まっているのも事実です。そのため、イランを訪れる際には、常に最新の治安情報を入手し、危険な場所には近づかないなど、しっかり対策をする必要があります。

■公式・参考サイト:「イラン/外務省危険スポット・広域情報」

 

1 2 ... 5
NatsuE

NatsuE

"こんにちは、ナツエです。好きなものは、秘境×絶景×ローカル旅!! 世界各地の魅力的な旅情報をお届けします♪"



関連する旅行カテゴリ

# イランの観光 # イラン

関連する旅行記事