【ベトナムの物価事情】日本円と比較して安い? 買い物・食事・宿泊など旅行で役立つ物価の状況を紹介

東洋と西洋の文化が融合した歴史ある街並みが人気のベトナム。素朴なベトナム雑貨やベトナム料理も魅力的で、旅行で訪れる人も多い国です。日本と比べると物価が安いというイメージがありますが、実際にはどのくらいの違いがあるのか気になるところ。今回はそんなベトナムのさまざまなアイテム・サービスの物価について紹介します。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


ベトナム移住に役立つ物価・お金情報!

ベトナム生活にかかる家賃・生活費の相場は?

ベトナムの賃貸物件は、ローカル向けから富裕層向けのコンドミニアムまで幅広い選択肢があります。

ローカル向けアパートなら1ヵ月2万円前後からありますが、日本人の場合部屋に家具・家電・掃除・選択サービスがついて300USドル~600USドルくらいのサービスアパートメントに住むことが多いようです。
コンドミニアムになると設備や部屋数によって700USドル~で、光熱費などが別途必要になります。

食費に関しては高級レストランでなければ1食数百円で済ませることができるので、家賃以外に3~5万円あれば必要最低限の生活はできるでしょう。
趣味や交際費にお金をかけたい人なら、もう少し余裕があると安心ですね。
 

ベトナムの車や原付の購入・レンタルの物価・相場は?

ベトナムでは外国車に高い関税がかけられるため、近隣諸国の数倍の価格で販売されており、一般的に自動車の普及はあまり進んでいません。

代わりにバイクを保有している世帯は全体の86%と高く、毎年300万台以上の新車バイクが販売されています。
バイクの値段は中古で5万円前後、新車で10万円~と物価に比べて決して安くはありません。

滞在中バイクをレンタルする場合、1日500円前後から借りることができます。日本とは交通事情が異なるため、運転には注意が必要。
バイクタクシーでも50~60円から利用できるので、不安な人はそちらを利用することをおすすめします。

 

ベトナムで働いた場合の給料は?:初任給・月給・年収を解説!

・ * ・ ・ ホーチミン1区にある「カラダとココロのケアサロン」で働く鍼灸師さんに会いたくて。 ・ ホーチミン1区にひとつだけある鍼灸院で治療受けたいなって思って歩くけど、迷子。 ・ ・ 道ではネットに繋げなくて困ってたら、道でごはん食べてたおじさんが持ってた地図の住所みて、 ・ ・ 「I’m know. Go to bike. No money OK!!」 (ベトナム語も英語もあまり知らないけどこんな感じ)って言うから ・ なんていい人なんだァァァ!!!!😭✨って後ろに乗ったら、 ・ ・ トンネルを抜けて人通りのない道へ。。 そして川に着いて、謎の撮影タイム📸🙌🏻(笑) ・ ・ 言ってた場所に着くどころか、余計離れてる感がスゴイ。。 誘拐されてるんかと思った😂✨ ・ ・ 結局、もとの場所に戻ってきて、お金を請求されるという。 ・ ・ …なるほど!!!!やられたーーっ😂 ・ ・ ・ こういうビジネスもあると学びました。笑 ・ ・ 謎の撮影タイムでの写真がキレイだったから、良しとしよう😋💓 ・ ロップサン(何回きいても聞き取れなかった)ありがとー! あんまお金なくてごめんねー!!🙇‍♀️ ・ ・ 結局、鍼灸サロンには、たどり着けないという。。 今回はご縁がなかったということで👍🏻💕また今度。 ・ ・ そのあとも、いろんな人が声かけてくれたけど、もうすべての言葉が営業に見えてしまってロクに喋り返せない😂✨ ・ ・ 人はこうして大人になっていくんやな、、。 ・ ・ みなさん、知らない人にはついていかないように♡ ・ ・ ・ #ベトナム #ホーチミン1区 #初体験 #勉強になりました🙏 #日本って平和 #社会勉強 #鍼灸師 #鍼灸 #鍼灸サロン #迷子

日本人がベトナムで働く場合、日本の会社で採用されベトナムに駐在するという形とベトナムの現地採用で就職するという形があります。
前者の場合、現地での給与に加えて日本での給与もあるため、余裕を持って生活することができます。

後者の場合、ボーナスなどを含めて一般職の給与で1,500USドル(年収220万円)~、管理職の給与で3,000USドル(年収440)~といった求人が多いようです。
それでもベトナム人の平均年収は約30万円、大卒の初任給は250USドルと言われているので、物価の安いベトナムなら十分に生活できる金額と言えるでしょう。
 

1 ... 5 6 7
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


aki

aki

こんにちは!Compathy MagazineライターのAkiです。大学時代から旅行が大好きで、これまでカナダ・ネパールなど9か国の海外旅行や、日本一周鈍行列車の旅を経験。趣味が高じて旅行会社にも務めていました。旅先でしか味わえないローカルフードや、「ここだけは押さえておきたい!」おすすめ観光スポットをメインに、旅を楽しむための情報をお伝えしていきます!



関連する旅行カテゴリ

# ベトナムの観光 # ベトナム

関連する旅行記事