【ベトナムの物価事情】日本円と比較して安い? 買い物・食事・宿泊など旅行で役立つ物価の状況を紹介

東洋と西洋の文化が融合した歴史ある街並みが人気のベトナム。素朴なベトナム雑貨やベトナム料理も魅力的で、旅行で訪れる人も多い国です。日本と比べると物価が安いというイメージがありますが、実際にはどのくらいの違いがあるのか気になるところ。今回はそんなベトナムのさまざまなアイテム・サービスの物価について紹介します。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


ベトナム観光者必見!宿泊施設の物価・料金相場は?

ホテルの料金相場・物価

ベトナムは日本に比べてホテルの値段が安く、ハノイやホーチミンなどの都心でもスタンダードクラスのホテルなら3千円~宿泊することができます。朝食付き・Wifi完備というホテルが多いのも嬉しいポイントです。

またシェラトンやヒルトンのような世界的に有名なデラックスホテルでも1万円台~泊まることができるので、予算があるなら贅沢な空間で過ごしてみるのもいいですね。

最近人気が高まっているビーチリゾートのダナンでは外国人向けのリゾートホテルが多く、1泊数万円~ということも珍しくありません。観光に重きを置くか、リゾートを満喫するかによってホテルを選択するといいですね。
 

ゲストハウスの料金相場・物価

宿泊費をできるだけ抑えたいなら、ゲストハウスを利用するのもアリです。
世界中からバックパッカーが訪れるホーチミンのブイビエン通りには多くのゲストハウスがあり、ドミトリータイプなら1泊10万ドン(約500円)前後から宿泊することができます。

ゲストハウスによっては個室も用意されており、千円台~利用できるので、宿泊費は抑えたいけど相部屋は避けたいという人におすすめ。
首都ハノイの中心部にもこういった宿泊施設は多く、観光拠点として利用するのに最適です。

 

コンドミニアムの料金相場・物価

ベトナムで暮らすように過ごしたいなら、キッチンや備え付けの家具が揃ったコンドミニアムがおすすめです。

マンションの1室を賃貸する形の物件で、場所や施設によっても異なりますが1部屋1ヵ月500USドルぐらいから借りることができます。郊外では1万円台~利用できるコンドミニアムも。

コンドミニアムが入っているマンションにはプールやジム、スーパーなどが揃っていることが多く、設備が充実しているのが特徴。
1泊数千円から利用できるコンドミニアムもあるので、短い滞在に利用するのもいいですね。
 

1 ... 3 4 5 ... 7
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


aki

aki

こんにちは!Compathy MagazineライターのAkiです。大学時代から旅行が大好きで、これまでカナダ・ネパールなど9か国の海外旅行や、日本一周鈍行列車の旅を経験。趣味が高じて旅行会社にも務めていました。旅先でしか味わえないローカルフードや、「ここだけは押さえておきたい!」おすすめ観光スポットをメインに、旅を楽しむための情報をお伝えしていきます!



関連する旅行カテゴリ

# ベトナムの観光 # ベトナム

関連する旅行記事