【ベトナムの物価事情】日本円と比較して安い? 買い物・食事・宿泊など旅行で役立つ物価の状況を紹介

東洋と西洋の文化が融合した歴史ある街並みが人気のベトナム。素朴なベトナム雑貨やベトナム料理も魅力的で、旅行で訪れる人も多い国です。日本と比べると物価が安いというイメージがありますが、実際にはどのくらいの違いがあるのか気になるところ。今回はそんなベトナムのさまざまなアイテム・サービスの物価について紹介します。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


ベトナム観光者必見!レストラン・カフェ・バー・屋台の物価・料金相場は?

レストランでのランチ・ディナーの値段相場・物価

ベトナムには地元の人が通う食堂のようなレストランから、外国人向けのキレイなレストランまであり、利用するお店によって金額が大きく異なります。

ローカルレストランでランチするなら、コムタム(ご飯と総菜のセット)が3万ドン(約150円)~提供されており、かなり安く食事することができるのでおすすめです。

ディナーで外国人向けのレストランを訪れた場合、15万ドン(約750円)~と約5倍の予算が必要になります。お値段は高くなりますが、その分清潔感があって雰囲気の良い空間でお食事できますよ!

 

カフェでのランチ、コーヒーやスイーツを注文した際の値段相場・物価

フランスに統治されていたこともあるベトナムではカフェ文化が根付いており、街のあちこちにカフェが点在しています。
地元の人が通うローカルカフェであれば1杯100円程度でコーヒーを飲むことができますが、高級感のあるカフェチェーン店では1杯300円前後するようです。

ベトナム版スタバとも呼ばれるハイランズコーヒーでランチする場合、ベトナムコーヒーが29万ドン(約145円)~・バインミー(ベトナム風サンドイッチ)が19万ドン(約95円)と安く済ませることができます。
スイーツも19万ドン(約95円)~とお手頃なので、気軽に立ち寄れますね。

 

バーで飲む、ビール・アルコール類の値段相場・物価

ベトナムはビールが安いことで有名ですが、おしゃれなバーでお酒を飲むとなるとお店によってはかなり割高になります。
ホテルの高層階にあるバーでは、カクテルが15万ドン(約750円)~と物価に比べてかなり高い印象です。
こういったバーではフードメニューも価格が高めなので、1人100万ドン(約5,000円)程度の予算を見ておいたほうがよいでしょう。

もう少し安く済ませたいという人は、路上にイスとテーブルがセットされたホーチミンのブイビエン通りなどにあるバックパッカー向けのバーがおすすめ。生ビールを1杯1万ドン(約50円)~楽しめますよ。
 

屋台で食べるフォー(ベトナム料理)・ラーメンの値段相場・物価

フォーといえばベトナム料理を代表する米粉でできた麺料理で、屋台でもレストランでも味わうことができます。
屋台では1杯3万ドン(約150円)~販売されており、地元の人も朝食やランチで利用することが多いようです。
屋台は衛生面が心配という人やハードルが高いという人なら、チェーン店のPHO24がおすすめ。フォー1杯約250円~と屋台よりも高めですが、店内も清潔感があって日本人でも利用しやすいです。

ベトナムではフォー以外にも、タピオカが原料のバインカンや日本のビーフンのような細麺のブンなどの麺料理も人気。フォーとあまり変わらない金額で味わえるのでぜひ挑戦してみてください。

 

12 3 4 ... 7
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


aki

aki

こんにちは!Compathy MagazineライターのAkiです。大学時代から旅行が大好きで、これまでカナダ・ネパールなど9か国の海外旅行や、日本一周鈍行列車の旅を経験。趣味が高じて旅行会社にも務めていました。旅先でしか味わえないローカルフードや、「ここだけは押さえておきたい!」おすすめ観光スポットをメインに、旅を楽しむための情報をお伝えしていきます!



関連する旅行カテゴリ

# ベトナムの観光 # ベトナム

関連する旅行記事