【カナダの宗教】信仰宗教の種類と割合とは?多文化主義のカナダで起こる問題を宗教から考えてみよう!

多くの国々から移民を受け入れている、他民族国家カナダ。当然、異なる宗教を信じる人々で構成されています。カナダではどのように宗教が共存しているのか、信仰されている宗教の割合はどのくらいなのでしょうか。カナダ現地の宗教事情、宗教に関連する問題、宗教施設などをカナダ在住の筆者が解説していきます。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy MagazineライターのBLUE SKYです。

カナダは「人種のモザイク」「文化のモザイク」と言われているように、様々な人種・民族が住んでいます。多様な文化・宗教を受け入れて、お互いを尊重しながら暮らしているのです。

カナダ外務省には信教の自由局(Office of Religious Freedom)」があり、あらゆる宗教の融和・信教と礼拝の自由を掲げるカナダの方針を通して、世界の信教の自由を推進する事を目標にしています。

世界中で宗教による弾圧や対立が続いている中、宗教の多様性や寛容性を重んじるカナダの状況をお伝えしたいと思います。

 

■目次
1ページ目: カナダで信仰されている宗教と割合
 - 多文化主義で宗教に寛容なカナダ
 - キリスト教(カトリック/プロテスタント)
 - イスラム教
 - ユダヤ教
 - 無宗派層の割合

2ページ目: カナダで取り巻く宗教問題:ビザと移民/カナダの都市別宗教情報
 - カナダで取り巻く宗教問題:ビザと移民
 - トロント
 - ケベック
 - バンクーバー

3ページ目: カナダの宗教施設と観光地/カナダの観光関連記事
 - ノートルダム大聖堂(モントリオール):圧倒的な美しさを誇る、人々に愛される大聖堂
 - セント・ジェームス教会(St James Anglican Cathedral):ステンドグラスが美しい教会
 - ノートルダム大聖堂(オタワ):2つの銀色の尖塔と金箔の聖母子像が美しい大聖堂
 - Richmond Mosque BC Muslim Association:Doors Openの日に一般公開されるイスラム教の施設
 - 東漸寺:カナダで除夜の鐘がつける場所
 - カナダで大麻が合法化!背景・理由、その後の治安状況はどうなの? カナダ在住筆者が紹介します!

 

多文化主義で宗教に寛容なカナダ

冒頭でも述べたように、カナダは、人種や個人的志向などで差別されない社会を築いています。お互いの文化や宗教を尊重し、diversity(多様性)を受け入れている事が国を強くしているのです。

トルドー首相が”Canadians will welcome you, regardless of your faith. Diversity is our strength”と難民受け入れに対して発言した通り、日常生活で信仰する宗教によって差別される事は無く、政治の場でさえ宗教に関係無く活躍できる国です。
 
当然、学校にもいろいろな宗教を信仰する子供がいますが、全ての宗教を理解・尊重するような教育がされています。
 

カナダで信仰されている宗教の割合

キリスト教(カトリック/プロテスタント)

イギリスやフランスからヨーロッパ人が入植を始めたという歴史とイギリス連邦加盟国である事などから、カナダのキリスト教徒の割合は高くなっています。

外務省のウェブサイトにおけるカナダの基礎データ(2011年カナダ統計局)によると、カナダ人の3分の2以上(67.3%)がキリスト教徒です。

キリスト教徒のうち、キリスト教最大の教派 ローマ・カトリック教会の信者の割合は約39%です。

ローマ・カトリック教会の次に大きな教派は、カナダ合同教会です。カナダ合同教会は、
カナダ・メソジスト教会・オンタリオ及びケベック会衆派教会・カナダ長老教会の3分の2の信徒・アソシエーション・オブ・ローカル・ユニオン・チャーチの4つのプロテスタント系教派が合同したものです。

公式・参考サイト:外務省のデータ

 

イスラム教

Richmond Jamea Mosque, Canada . Richmond Jamea Mosque is the first and the biggest mosque in British Columbia. The land was purchased in 1973 for $122,000 and was paid in full the next year. After seven years of struggling to secure land, the BCMA had its first property with a verbal commitment from the municipality of Richmond. . On February 26, 1978, a month after obtaining the special land use permit, the BCMA established a Mosque Project Committee. Their first order of business was to successfully obtain a release from Arthur Erickson. Once this was obtained, they were able to carry on. At their first meeting, they formed three sub committees: (1) planning, (2) screening and (3) fundraising. . The Mosque project committee continued searching for an architect through the early part of 1978. At first, a letter was circulated to various architects to come forward with proposals. Some members of the committee suggested that an architect with a Muslim background would be most suitable, due to their knowledge and understanding of the function of a Mosque and the role it plays in the lives of Muslims. As a result, another circular went to various Muslim organizations in Canada. . There was one architect, identified only as “Brother Razik” who was registered in BC and locally based. However, he was unable to undertake the project but offered his assistance. Another Muslim architect, Liaqat Ali of Edmonton expressed interest as well. Attaullah H. Hai also gave a quotation on his services to the committee. . After looking at all the proposals and quotations, as well as conducting personal interviews, the Mosque project committee decided that Alexander Resanovic would be the architect of the first Mosque in British Columbia: the Richmond Jami’a Masjid. . Text from : thebcma.com Picture from : @richmondmasjid . ==================================== #masjidinfo #masjid #mesjid #mosque #cami #mescid #мәсет #мечеть #masjidbloger #blogermasjid #fotomasjid #masjidphotograp #artikelmasjid #masjidrichmond #richmondmasjid # Richmond #britishcolombia #canada

2001年のカナダの国勢調査によると、ムスリムは国民の2%となっています。

最近では、シリアからの難民をはじめイスラム圏からの移民も多く、イスラム教徒の数が以前より増えていると感じます。

カナダ政府統計局は「非キリスト教の人口は増え続け、2023年には2017年の約2倍にあたる人口の13〜16%まで高くなる。特にムスリムはヒンズー教徒・シーク教徒と共に増加する。」と予想しています。

 

ユダヤ教

カナダの国勢調査(2001年)によると、ユダヤ教徒の割合は1.1%となっています。

ユダヤ教徒はカナダ全体でみると少数派ですが、モントリオール周辺にはユダヤ人が多い事で知られているエリアがあります。ユダヤ人街と呼ばれるウトルモンやハンプステッド、コート・サン・リュックなどではユダヤ人口の割合が高くなっています。

このエリアを歩くと、黒い帽子・黒いスーツ・長い髭の正統派ユダヤ教徒の見かけるでしょう。

 

無宗派層の割合

2001年に行われたカナダの国勢調査によると、カナダ人の無宗派層の割合は16.5%でした。

外務省の提供するカナダの基礎データによると(カナダ統計局の報告)、2011年にはカナダ人の無宗派は約2割(23.9%)に増加しています。

実際、筆者の周りでは、キリスト教徒(カトリック・プロテスタント)の次に多いのが無宗教の方々で、特に若年層に多い印象です。

公式・参考サイト:外務省のデータ

 

1 23
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


BLUE SKY(カナダ現地在住ライター)

BLUE SKY(カナダ現地在住ライター)

旅行が好きで、55ヵ国以上への渡航歴があります。ヨーロッパ周遊バックパッカーの旅・超豪華アメリカ・ヨーロッパ旅行・ダイビング・カリビアンクルーズ他色々な体験をしました。現在はカナダ在住で、北米とヨーロッパを中心に旅行しています。カナダ横断ロングドライブ・ロサンゼルス~バンクーバー北米西海岸縦断ドライブにも 挑戦しました。旅行の素晴らしさを、多くの方々に知ってもらいたくて執筆しています。



関連する旅行カテゴリ

# カナダの宗教 # カナダの文化 # カナダの習慣 # カナダ # カナダの観光

関連する旅行記事