【台湾のベストシーズン】旅行におすすめの時期はいつ?年間の気候や、都市・季節ごとのイベント・ベストシーズンを台湾在住の筆者が紹介!

台湾の気候や降水量などを昨年のデータを元にご紹介。更に日本と同様に四季のある台湾をシーズン毎のおすすめ観光スポットやイベント情報も含めて台北から最南端の墾丁までまとめてご紹介!

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazineライターのとげみです。皆さんは台湾旅行の際どの季節に旅行をする計画を立てますか?台湾にも日本と同じように四季が有り、それぞれの季節によってイベントや食べ物、気温などが様々です。

本記事では台湾の気候や降水確率などの情報からおすすめの観光スポットとそのシーズンなどをまとめてご紹介します。

せっかく台湾旅行に行くなら季節にあった楽しみ方が出来ると旅行を最大限に楽しむことが出来るので是非参考にして見てください。

 

■目次
1ページ目: 台湾の年間気候と天気について
 - 気候帯・気候区分:台湾の年間気候と天気について
 - 台湾の過去の年間気候:月間の平均気温と降水量一覧グラフ
 - 【春】3月・4月・5月:台湾の春は既に30度越えが当たり前
 - 【夏】6月・7月・8月:暑い気候に格別な台湾フード
 - 【秋】9月・10月・11月:気候が穏やかなベストシーズン
 - 【冬】1月・2月:以外と寒い台湾の冬

2ページ目: 台湾の観光スポットのベストシーズン
 - 台北の観光ベストシーズン:目的によって適切なシーズン選びを
 - 九份・十份の観光ベストシーズン:台湾の超定番観光スポット
 - 台東の観光ベストシーズン:雄大な自然を堪能するなら台東がおすすめ!
 - 高雄の観光ベストシーズン:台湾の第二都市
 - 日月潭の観光ベストシーズン:台湾最大の湖
 - 高美湿地の観光ベストシーズン:台湾のウユニ塩湖
 - 墾丁のベストシーズン:台湾の有名ビーチリゾート

3ページ目: 台湾のイベントのベストシーズン/台湾の観光関連記事
 - 【12月】台北101カウントダウン花火:花火と光の演出で盛大な年越し
 - 【2月】平溪天燈節:無数のランタンが空に舞う
 - 【7~8月】臺灣國際熱氣球嘉年華:台湾の熱気球フェスティバル
 - 【2~3月】九族櫻花祭:台湾のお花見イベント
 - 【3月】鹽水蜂炮:ロケット花火が飛び交う危険なお祭り
 - 【台湾の世界遺産(候補)】文化的価値のある潜在的世界遺産・観光地を台湾在住ライターが解説!

 

気候帯・気候区分:台湾の年間気候と天気について

DSC_8759

台湾は年間を通して日本より暑く、冬のシーズンでも平均して16度前後の気温になります。また、4~8月頃を除く夏以外の季節は降水量も多く、月の半分ほどは雨が降っているため多くの人がカバンに折り畳み傘を携帯しています。

また台中や台南と下がっていく毎に冬と夏のシーズン気温の差が狭くなり、降水量も少なくなってくるような数値が出ています。つまり、北の地域は最高気温は高いが降水量も多く、南に行くほど気温の季節差は縮まり晴れの日にちが多くなっているようです。

 

台湾の過去の年間気候:月間の平均気温と降水量一覧グラフ


  
2018年のデータを元に台北の年間気候見ると、約16度〜30%前後の気温で推移しており、最低気温が7度、最高気温が38度になっています。
平均気温だけを見ると一見日本よりも涼しく見えるが、台湾は年間の約半分雨が降っており、湿気が非常に高い特徴があります。

そのため日本のようなカラっした暑さではなくじめじめした暑さが体の周りを纏わりつき、不快指数は台湾の方が高いです。

そのような関係もあってか台湾の室内施設は湿気でカビが繁殖しないようにクーラーをかなり低い設定温度に設定しており夏でも室内で羽織れるように服を持ってくることをお勧めします。

■参考:觀測資料查詢系統 codis(交通部中央氣象局)

■参考データ:年報表(yearly date)

 

台湾の月別の天気や気候の特徴とおすすめの服装・ベストシーズン

【春】3月・4月・5月のシーズン: 台湾の春は既に30度越えが当たり前

鹿谷台大茶園

台湾の春のシーズンは3月〜5月頃ですが、平均気温は3月の時点で20度を超え、日によっては30度を超えるほど暖かい気候になります。この時期は比較的降水確率も低いため、晴れの台湾観光が期待できるかなと思います。

日本から旅行する場合は、春用の服をイメージしてそのまま来てもいいですが湿気が高く蒸し蒸しするので風通しの良い服装がおすすめです。

5月ごろになると台湾でもマンゴーやライチなど美味しい果物が多く青果店に並ぶ様にあるのでお勧めです。特にライチは1ヶ月ほどの短期間に多く収穫され、この時期が一番安価で購入できるためお勧めです。
 

【夏】6月・7月・8月のシーズン: 暑い気候に格別な台湾フード

DSC_3284

台湾の夏のシーズンは6月~8月程で、この時期は非常に暑いです。この暑さが嫌で留学していた友人が何人か国へ帰ったほど台湾の夏は暑いです。

8月に入ると降水確率も増えて来るので2018年のデータを確認すると2日に1度は雨がふっているため通気性の良い服装に加えて折り畳み傘などを持って来ることをお勧めします。また、暑い気候と高い湿度のため室内は非常に寒いので上から一枚羽織れるような服を持っておくと便利です。

しかしその分夏ならではのかき氷やタピオカドリンクは格別です。南の方に行けば有名なビーチもあるので、海が好きで時間がある方は南下して見ても良いでしょう。

 

【秋】9月・10月・11月のシーズン: 気候が穏やかなベストシーズン

絢爛的濁水溪彩霞

個人的に台湾旅行に一番適しているのは秋のシーズンだと思っています。台湾の秋は9月〜11月頃で、小雨は多いですが比較的台風などの影響が少なく、暑い気温も少し下がって来て観光しやすい環境になっています。

暑い夏のシーズンだと長時間外を歩くのは困難ですが、秋のシーズンだと新北の九份や台中の高美湿地など屋外の観光スポットに積極的に出向くことが容易です。

この時期になると釈迦やパイナップルと掛け合わせた鳳梨釈迦などのフルーツがシーズンに入って来ます。日本ではなかなか食べられない美味しいフルーツなので是非食べて見てください。

 

【冬】1月・2月のシーズン: 意外と寒い台湾の冬

玉山(Yushan)

台湾の冬は平均16度程ですが、寒いと7度前後まで下がることが有ります。日本と比較するとそれでも暖かい様に思いますが台湾は湿度が高いため体感温度は意外と寒くなります。

もちろんシャツの上に何か羽織る程度では震えるほど寒くなってしまうので日本で着る冬の格好をして来ることが好ましいかと思います。

また一般的なホテルだと問題ありませんが、安宿やユースホステルだと部屋にクーラーは付いていても暖房が付いていないことが多いので注意が必要です。

台湾は温泉地帯や火鍋など冬ならではの楽しみ方もあるので、是非行って見てください。
 

1 23
とげみ(台湾専門在住ライター)

とげみ(台湾専門在住ライター)

台湾在住歴3年の日本人です。安くて旨いローカルフードを探すのが大好きです。



関連する旅行カテゴリ

# 台北の天気・気候 # 台湾の観光 # 台湾の天気・気候 # 台湾

関連する旅行記事