【海外の占い事情と種類】世界にはどんな占いがある?12ヶ国の占いをご紹介!

皆さんは占いに対してどのような考えを持っていますか?日本では星座や手相占いが有名ですね。しかし、それだけではなく世界には様々な占いの種類があります。国によってはタロットや占術本、四柱占いなどで結婚や仕事などの運勢を決めてしまうこともあるのです。今回は世界の占い事情・種類について、各国に詳しいライターに取材してみました。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy Magazineライターのまいまいです。

突然ですが、みなさんは占いをどれくらい信じるでしょうか。人によって様々な考え方があるかと思います。日本ではテレビや雑誌でよく目にしますよね。
特段占いを信じていなくても、なんとなくラッキーカラーの服を選んでしまったり、決断をするときに占いの結果が頭に過ぎることも多くあるのではないでしょうか。

また、海外の世界中の国によって占いの種類は様々です。血液型占いがない国や、フォーチュンクッキーをよく目にする国、星座に関する占いが盛んな国など。

今回は世界の国々の占い事情・種類について、各国に詳しいライターに話を伺ってみました!
国によって異なる文化をぜひ見てみましょう。

 

■目次

1ページ目:世界の占い①
 - 韓国の占い:占いで将来を決める?
 - アメリカの占い:占いは観光用だけ?
 - オーストラリアの占い:運を左右するのは自分自身?
 - カナダの占い:メインはタロット占い
 - トルコの占い:流行りのコーヒー占いとは
 - インドの占い:日常的に占いを重要視

2ページ目:世界の占い②
 - タイの占い:タイでメジャーな「曜日占い」
 - ブラジルの占い:国特有の占いが存在
 - 中国の占い:伝統の占い
 - ドイツの占い:遊び気分で楽しく付き合おう
 - 中国の占い:伝統の占い
 - 日本の占い:占いは身近な存在?
 - 台北のおすすめ占いスポットと人気の占い師まとめ

 

韓国の占い:占いで将来を決める?

韓国は超占い大国!恋愛や仕事、人間関係はもちろん、結婚相手や受験の合否、経営を占うほど日常に浸透しています。

占いの種類は、タロット占い占星術手相占い、ムーダン(青森のイタコに似た占い師)など様々ありますが、中でも四柱(しちゅう)占いが人気です。

四柱占いとは、生年月日や出生時間、干支、五行から運命を占うものです。基本的に道端や屋台、インターネット上で占います。最近では、お茶しながら気軽にできる占いカフェも人気ですよ。

韓国にいく際にはぜひチェックして見てくださいね。

 

アメリカの占い:占いは観光用だけ?

Provided by foursquare-icon-16x16

アメリカではタロット占いや手相占い等は存在しますが、占い自体ポピュラーではありません。アメリカの中華料理店で食後にもらえるフォーチュンクッキーは人気で有名ですが、その他の占いに関してはほとんどないと言っていいでしょう。テレビでの情報提供もないですし、雑誌や地域新聞でも目にする機会は少ないです。

アメリカでは自分の星座や血液型を知らない人がかなりいるため、星座や血液型占いは行われません。

そんなアメリカでも一つの町に2~3ぐらいは占い店があり、店の前に”Fortune Teller”や”Palm Reading”などと書かれたカラフルな看板が置かれています。占いに関心がある一定の人のみ通うようです。
一方、観光地の広場では簡易テーブルを広げて日本と同じように占いをする光景が見られます。値段はUSD約30ドル~(約3000円ぐらい)で、こちらは観光客を中心に人気があります。観光地ということもあり中には法外な料金を請求されたという話も聞いたことがあるので事前に確認する必要がありますね。

 

オーストラリアの占い:運を左右するのは自分自身?

移民大国のオーストラリアでは色々なバックグランド(出身国)を持つ人たちと話をする機会が多く、人それぞれ宗教や信仰が違っており、日常会話に占いの話題が出てくることはほとんどありません。

強いて言えば、香港出身の人やが風水について話したり、ごく稀に星座の話が会話に出てきますが、自分の星座すら知らない人もいたりするぐらいです。
星座についても占いという話題ではなく、どちらかというと星座によって性格を言い当てる性格診断の様な話題が多いです。

日本の様にテレビで占いコーナーが設けられているわけではないので、日常的に気軽な話題になりにくいのかもしれませんね。
フォーチュンテラーとして本格的な占いを提供している場所もあるようですが、実際に行ったことある人は少ないです。

運を占いまかせにするというよりは、メディテーションやエクササイズで心身の状態を整えて、自ら運気を上げていこうという思考が強いのも、占いがさほど流行しない理由かもしれません。
 

カナダの占い:メインはタロット占い

Photo credit: pixabay

カナダにも占いは存在します。占いの種類は手相占いやタロット占いが多く、そのほかにも占星術やカラー診断のようなものもあります。しかし血液型占いはポピュラーではありません。

その理由としては血液型の比率が偏っていることが挙げられます。
日本人は比較的血液型比率のバランスがよいのですが、カナダ人はA型とO型がほぼ全体を占め、B型やAB型はあまり見られないようです。

バンクーバーでは占いのお店を町で見かけることがあります。占いの種類は手相占いやタロット占いが多く、そのほかにも占星術やカラー診断のような占いもあります。
店内もアジア風のレイアウトとなっており日本の占い店と大きく変わりはないように思います。
ちなみに占い師のことは psychic(サイキック)やpsychic reader(サイキックリーダー)などと呼びます。

占いの内容は、今後の人生についてや悪い出来事・良い出来事の暗示など日本とほぼ変わりない内容となっております。
興味があれば旅行の際に立ち寄ってみてもいいかもしれませんね。

 

トルコの占い:流行りのコーヒー占いとは

Photo credit: Masahiko Satoh via flickr cc

トルコではあまり星占い・血液型占いなどを目にすることはありません。それにはトルコ国民の大部分を占めるイスラム教の宗教上の理由があります。イスラム教ではアッラーのみが唯一の神であり、星占いや運勢占いは精神をふらつかせるものとし、排除の対称とされているのです。

またイスラム教では女性と男性は明確に区別されることが多いことから、トルコでは女性同士だけで集まり、お茶会を開きおしゃべりを楽しむ文化が発展してきました。女性は一般的に占いが好きな方が多く、トルコでも例外ではないようです。
一方、イスラム教の国の中でも飲酒や断食をしないことにも寛容なトルコ。そういった背景もあり、昔からこっそり女性の間である占いが発展してきたのです。

その占いとは”コーヒー占い”です。トルココーヒーは極細引きにしたコーヒー豆の粉を水から煮出し、上澄みだけを飲むスタイル。
コーヒー占いではトルココーヒーを飲み終わった後に残った粉を利用します。
ソーサーで蓋をしてカップをひっくり返し、カップに残ったコーヒーの粉が乾くのを待ち、カップについた粉の模様から運勢を占うのです。

このコーヒー占いは女性の間でこっそり流行り出したので、元々は知り合い同士や口コミで評判がよい方が占う形がほとんどでした。
けれど現在では観光客もコーヒー占いをしてもらえるカフェもあります。トルコに行かれた際にはぜひコーヒー占いにチャレンジしてみてください!

 

インドの占い:日常的に占いを重要視

インド人の日々の生活は占いと切り離すことができません。結婚の80%がお見合いのインドでは、結婚が決まる前に必ず双方が占いをしてもらい、その結果を重要視します。
近年では、インターネットによるマッチングサービスを利用する人(本人・親・親戚)が増えていますが、そのサイトでも必ずと言ってよいほど、占い師がいて、有料で占ってくれます。
人生最大の行事である結婚を決めるにあたり、占星術師に見てもらうことは、インド人にとってごく自然で当たり前のことなのです。

インドでは結婚相手を決める時だけでなく、仕事選びも、旅先も、投資選びも占いに頼る人が多くいます。旅行するときのルートを変えてしまうこともあるのです。
占い師が良いといった方角の場所に行って一泊し、そして翌日、ほんとの目的地に向かったとの話もあります。それくらい占いに忠実なようです。

インドに行くと、誕生時間(~年~月~日~時~分)と生まれた場所を聞かれれることが多くあります。もしかしたら友人選びも占いに頼ろうとしているのかもしれないですね。

1 2
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


maimai

maimai

こんにちは!0歳の時にグアムに行って以来旅行が大好きで、空いた時間はいつも旅行プランを考えています。皆さまに行ってみたい!と思っていただけるような魅力的な文章作りを心がけて頑張ります!



関連する旅行カテゴリ

# 世界の文化

関連する旅行記事