【ミラノの治安事情】外務省情報・犯罪/事件発生状況や旅行・生活の注意点をイタリア在住者が解説!

海外渡航先として盤石の人気を誇るイタリア。 イタリアを旅行する人にとって最も心配なのは治安です。 直行便も乗継便も、ミラノから入るツアーも増えてきた昨今、観光客が多いだけに彼らを狙った犯罪も少なくないといわれています。 今回の記事ではミラノ旅行者が注意するべき点を詳しくご紹介していきます。

こんにちは。Compathy Magazineライターのcucciolaです。
世界中で類を見ないほど治安のよい国に住む日本人にとって、海外旅行とは渡航先の治安に対する不安に直結してしまいます。

イタリアは、他国と比較しても特にスリやひったくりに注意が必要というのがすでに定着したイメージです。しかし、逆にいえば命にかかわるような事件や犯罪はすくないため、注意するべきことさえ頭に入れておけば楽しい旅行ができます。

首都ローマ、花の都フィレンツェと並んで、観光コースの必須となっているミラノ。
ミラノからイタリア入りし、旅行を楽しむ方も多いことでしょう。いきなりイタリアのスリやひったくりの洗礼を浴びないために注意すべきこととは?

 

■目次
1ページ目: 外務省の危険度レベル/犯罪・事件などの発生状況と注意点概要/ローマ・フィレンツェとミラノの治安比較/ミラノの治安が良い・悪い場所の治安と注意点
 - 外務省の危険度レベル
 - 犯罪/事件などの発生状況と注意点概要
 - イタリアの主要都市(ローマ・フィレンツェ)とミラノの治安比較
 - ミラノ中央駅周辺:犯罪要多発スポット、細心の注意が必要
 - チェントラーレ駅周辺:ショッピングモールでも油断は禁物!

2ページ目: ミラノの治安が良い・悪い場所/地域エリアの治安と注意点
 - カルドナ駅周辺:利用客が多い駅、置き引きに注意
 - ポルタ・ガリバルディ駅周辺:地下鉄・国鉄双方が発着する駅はスリ多し
 - カステッロ広場:ミサンガの押し売り出没地域
 - ドゥオーモ広場(大聖堂広場):大人気の観光スポットはとにかく注意が必要!
 - ナヴィリオ周辺エリア(大聖堂広場):清潔感あるおしゃれスポット、治安は比較的よし
 - ミラノの治安注意地図・マップ(各場所をGoogleマップで紹介)

3ページ目: 旅行や留学の滞在や生活における、治安状況と注意点/移動・交通機関の治安状況・注意点
 - レストラン・カフェの治安状況・注意点
 - ホテル・宿泊施設の治安状況・注意点
 - 地下鉄(メトロ)
 - 空港
 - 列車
 - タクシー

4ページ目: ミラノの時間帯別の過ごし方/ミラノで多い犯罪例
 - 早朝:勤勉なミラネーゼは早起き
 - 深夜:夜中の外出は控えて、ホテルへは時間に余裕をもって向かいましょう
 - ひったくり
 - スリ
 - 置き引き
 - ニセ警官
 - ミサンガ売り・ハト寄せの豆売り
 - 麻薬反対運動の署名

5ページ目: 海外旅行の緊急時に備えた準備と心構え/ミラノの観光関連記事
 - 緊急連絡先
 - パスポートの紛失・盗難
 - 【ローマの治安】旅行者の不安材料「治安」。地下鉄は?夜の外出は・・・?イタリア在住者は語る!

 

ミラノ(イタリア)の外務省の危険度レベル

日本人が海外旅行をする際に、危険レベルの指標となるのが外務省の「海外安全ホームページ」です。
各国の大使館から発信される情報がくまなく網羅されています。

イタリアを中心とする地域は、今のところ危険レベルはゼロ。しかし、海外旅行中は最新の安全情報にはアンテナを立てるべし、と明記されています。Wi-fiさえあれば、海外でも携帯で情報収集が安易になりました。現地の言葉がわからない場合には、外務省や大使館から発信される情報は貴重です。

特に、ここ数年欧州で頻発しているテロについては、各国の日本大使館のホームページに詳細が載るので、注意するようにしましょう。

参考:外務省 海外安全ホームページ(危険・スポット・広域情報)

 

ミラノの犯罪/事件などの発生状況と注意点概要

ヨーロッパ周遊旅行 6日目イタリア ミラノ-ベネチア(ヴェネツィア)を高速鉄道で移動(2時間25分) 乗車するプラットフォームが、出発の15分前に電光掲示板に表示された。 座席のPrimaは、ビジネスクラスに相当し、座席配置は1-2で、皮張りで座席間ピッチもそこそこゆとりがあります。 車内でのドリンクとスナックの無料サービスがあります。 #イタリア #italy #イタリア旅行 #italytravel #MI CENTRALE -Venezia #Milano #Milan #Venezia #Venice #ミラノ中央駅 #Milano Centrale #ヴェネツィア・サンタルチア駅 #Venezia S.Lucia #イタロ #itaro #italotreno #高速鉄道 #プリマ #Prima #1等席

22 Likes, 2 Comments – naasann_is (@ynaasann) on Instagram: “ヨーロッパ周遊旅行 6日目イタリア ミラノ-ベネチア(ヴェネツィア)を高速鉄道で移動(2時間25分) 乗車するプラットフォームが、出発の15分前に電光掲示板に表示された。…”

凶悪犯罪は少ないとはいえ、日本人を狙う窃盗などは後を絶たないのが実情。
外務省もイタリアの日本大使館も、それぞれホームページで口を酸っぱくして旅行中の注意を呼び掛けています。

観光客が集中するミラノの中心地区、および移民も多いミラノ郊外は、イタリア国内でも犯罪数が多いことで有名。「日本人はお金を持っている」というイメージは、イタリア人だけではなくイタリアに滞在している移民たちのあいだでも知られている事実です。

2019年に入ってからも、ミラノ中央駅でアフリカ系と思しき2人組に日本人の女性が強盗の被害にあったことがホームページに記されています。
旅行中は毎朝、こうした情報に目を通すようにしましょう。

■参考:外務省 海外安全ホームページ(危険・スポット・広域情報)
■参考:外務省  海外安全ホームページ(安全の手引き)

 

イタリアの主要都市(ローマ・フィレンツェ)とミラノの治安比較

Galleria - Vista verso Piazza della Scala

イタリア内務省の報告によると、2018年度の各都市の犯罪数や被害報告数は不名誉にもミラノがトップ。
人口10万人当たりの被害報告数は、ミラノと郊外を合わせて7300件ほど。4位のフィレンツェ5700件や7位のローマの5300件と比べると、治安に関してはイマイチという残念な結果です。

ミラノにかぎりませんが、町の玄関口となる駅周辺は移民やジプシーが多く、特に注意が必要。移動のための荷物や電車の時間に気を取られていると、貴重品への注意がおろそかになることが多く、被害にあう人が多いようです。

また、イタリア国内でも特に富裕な町であるミラノには、犯罪者が集中しやすいという理由もあると思われます。

 

ミラノの治安が良い・悪い場所/地域エリアの治安と注意点

ミラノ中央駅周辺:犯罪要多発スポット、細心の注意が必要

Milano Central Station

イタリアの各都市の治安の善し悪しには格差がありますが、いずれの都市も駅の周辺の治安が良くないという点においては一致しています。

特にミラノは、イタリア国内でも有数の犯罪数を反映するかのように、観光客目当ての犯罪が多いことで有名。2018年にも、日本人が窃盗の被害にあい、ミラノの日本領事館がホームページで注意を促しているほどです。

大きな荷物に気を取られて貴重品の扱いがおろそかにならないように、またイヤホンなどをつけて移動しないように、いかにもお金を持っていますという華美な出で立ちも避けましょう。犯罪にあうリスクを下げる努力を、個人で実行することが重要です。
 

チェントラーレ駅周辺:ショッピングモールでも油断は禁物!

Stazione Centrale

ミラノのチェントラーレ駅構内には、観光客をわくわくさせてくれるショッピングモールやフードコートも完備しています。

また、駅周辺にも話題のお店やレストランが軒を連ねています。
お買い物や食事を楽しむのは、観光客としては当然のこと。しかし、いかなる時も海外にいるという心構えを忘れずに、パスポート、お財布、クレジットカードなどの貴重品については意識をしている必要があります。

また、電車の時間や発着が気になり電光掲示板を眺めていたり、ほんの一瞬荷物を手放したりしたすきに、スリや置き引きに会う可能性もあります。
単独での行動は避けて、お金の出し入れの際には同行者に別の荷物を見ていてもらうのも一つの手です。
 

cucciola(イタリア現地在住ライター)

cucciola(イタリア現地在住ライター)

イタリアの歴史に魅せられて、この地に住むこと十数年。ローマを見下ろす山の小さな家に、コレクションしたイタリアの書籍をぎゅうぎゅう詰め込んで生活中。平日は雑誌や書籍やニュースを読んで過ごし、週末は風の向くままあちこちを放浪。イタリアの空気や香りが伝わるようなニュースを発信いたします!



関連する旅行カテゴリ

# ミラノ # ミラノの観光 # イタリアの治安 # イタリア

関連する旅行記事