【マドリードの治安】最新の外務省情報でスペイン旅行も安心!治安が良い/悪いエリアと注意点をスペイン在住者が解説

スペインの政治、経済、文化の中心マドリードは、地理的にもスペインのちょうど真ん中に位置する世界都市です。そんな華やかなイメージとは裏腹に、マドリードはスペインの中でも犯罪が多発する街でもあります。 今回はマドリードという都会で起こりがちな近年の犯罪傾向、防犯策などを、スペイン在住経験を生かして解説していきます。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazine編集部です。スペイン在住ライターからマドリードの治安情報についての寄稿がありました。スペイン現地からの情報をご紹介します!

スペインの首都マドリードは、フラメンコや闘牛などのスペイン文化が楽しめるスポットや、世界的な巨匠の作品を集めた美術館が多いことで知られています。また、伝統的スペイン料理からタパス、ピンチョス店などもあってグルメの面でも楽しみがいっぱい!

そんなマドリードは決して危険な都市ではありませんが、油断しているとあっさりと、まるで手品のようにパスポートやスーツケースが消えてしまいます。今回ご紹介する犯罪の手口や安全のためのポイント、ぜひ心にとめておいてください。

 

■目次
1ページ目: 外務省の危険度レベル/犯罪・事件などの発生状況と注意点概要/マドリードの治安が良い・悪い場所/地域エリアの治安と注意点
 - 外務省の危険度レベル
 - 犯罪/事件などの発生状況と注意点概要
 - グランビア通り
 - マヨール広場
 - アトーチャ駅周辺

2ページ目: マドリードの治安が良い・悪い場所/地域エリアの治安と注意点②
 - ソル駅周辺
 - セントロ地区
 - チャマルティン地区
 - 市南部エリア
 - マドリードの治安注意地図・マップ(各場所をGoogleマップで紹介)

3ページ目: 旅行や留学の滞在や生活における、治安状況と注意点
 - レストラン・カフェの治安状況・注意点
 - ホテル・宿泊施設の治安状況・注意点
 - 移動・交通機関の治安状況・注意点
 - 地下鉄
 - 空港
 - 列車
 - タクシー
 - Uber

4ページ目: マドリードの夜の過ごし方/マドリードで起こりうる犯罪
 - マドリードの夜の過ごし方
 - マドリードで起こりうる犯罪
 - スリ
 - 置き引き
 - ひったくり
 - 偽署名活動
 - 偽警官
 - 首絞め強盗

5ページ目: 海外旅行の緊急時に備えた準備と心構/マドリードの観光関連記事
 - 緊急連絡先
 - パスポートの紛失・盗難
 - スペイン・マドリードの観光でおすすめ観光スポット14選を紹介
 - マドリードでの買い物だったらここ!おすすめショッピングスポット15選
 - もう迷わない!スペイン・マドリードのおすすめお土産10選

 

マドリードの外務省の危険度レベル

. マドリードをさんぽ . 施設がほとんどしまってるので シンボルを撮りに📷 . 歩いているだけで そこにいるだけで 幸せです . . #シンボル #像 #マヨール広場 #プエルタデルソル #くま #かわいい #さんぽ #カメラさんぽ #マドリード #スペイン #マドリード観光 #スペイン観光 #madrid #spain #mayor #symbol #status

15 Likes, 0 Comments – 地球そだち (@earth_sodachi) on Instagram: “. マドリードをさんぽ . 施設がほとんどしまってるので シンボルを撮りに📷 . 歩いているだけで そこにいるだけで 幸せです . . #シンボル #像 #マヨール広場 #プエルタデルソル #くま…”

日本の外務省が運営するサイトによると、現在スペインには危険レベル1~4にあたる危険情報は特に出されていません。
ただし、例えばクリスマスやイスラム教のラマダン月などの宗教行事時期に世界中で多くのテロ事件が発生していることから、近年はスペインでも行事に合わせて年間数回の注意喚起が出されています。
また、普段から観光地やイベント会場、外国人も多く利用するホテル、レストランはテロの標的となりやすい場所です。旅行の前には必ず最新の危険情報を確認し、旅行中も周囲の様子には常に注意しましょう。

■参考:外務省 海外安全ホームページ(危険・スポット・広域情報)

 

マドリードの犯罪/事件などの発生状況と注意点概要

旅日記No.1 ~マドリード~ 🇪🇸マドリードは親戚のお姉さんが住んでる街🇪🇸 . #シベレス広場#グランヴィア #クマとイチゴノキの像 #プエルタデルソル広場 #サンミゲル市場#マドリード #madrid#elosoyelmodroño #granvía#puertadelsol #mercadodesanmiguel #一人旅女子#女子旅#girlstrip #ヨーロッパ旅行#スペイン旅行 #旅日記#マドリード観光#spain

66 Likes, 7 Comments – mayuko (@_i_am_myk) on Instagram: “旅日記No.1 ~マドリード~ 🇪🇸マドリードは親戚のお姉さんが住んでる街🇪🇸 . #シベレス広場#グランヴィア #クマとイチゴノキの像 #プエルタデルソル広場 #サンミゲル市場#マドリード…”

スペインの発表した2017年の統計によると一般犯罪は増加傾向にあって、主な内訳は置き引き・スリ等が約71万件、侵入窃盗が約10万件、強盗・脅迫が約6万件と続きます。
邦人の被害に絞ると約50%はバルセロナ、約25%はマドリードで発生しています。被害の約80%を占めるのが置き引き・スリの被害で、これは主要都市以外でも多発しているようです。
以下、マドリードをエリアやスポットに分けて、犯罪の傾向や対策などを見ていきましょう。

■参考:外務省 海外安全ホームページ(危険・スポット・広域情報) 
■参考:外務省 海外安全ホームページ(安全対策基礎データ)

 

マドリードの治安が良い・悪い場所/地域エリアの治安と注意点

グランビア通り

La Terraza | 190330-1050746-jikatu

セントロ地区に位置する「グランビア通り」はマドリードを代表するメインストリート。この道の両側と、交差する小さな通りにショッピングスポット、ホテル、レストランなどが並んでいます。
活気があって歩いているだけでも楽しいグランビア通りですが、ふとした隙に貴重品を抜き取られたり、荷物を持ち去られるスリや置き引きの被害にあうことも。貴重品はなるべく持ち歩かず、お店の中でも通りを歩いている時もバッグの開閉口はしっかり手で押さえておきましょう。
 

マヨール広場

筆者撮影

観光客がよく訪れるサンミゲル市場やおいしいハモンの博物館と称するお店Museo del Jamónにほど近い「マヨール広場」は、セントロ地区の中でもいつも大道芸人や多くの観客があふれているスポットです。
広場は周辺をぐるりとお土産屋さんや飲食店に囲まれていて賑やかですが、写真を撮ったりパフォーマンスに気を取られている間にパスポートをすられる、広場のテラス席でお茶をしている間に荷物を置き引きされるなどの被害に遭いがちです。身の回り品からは常に目を離さず、他人との距離が近づきすぎないようにしましょう。
 

アトーチャ駅周辺

筆者撮影

アトーチャ駅は、チャマルティン駅と並ぶマドリードの主要鉄道駅です。多くの観光客が通過する駅のため、この駅周辺でもやはりスリや置き引き被害が多発します。荷物からは絶対に目を離さず、パスポートやクレジットカード等は肌身離さず身に着けておきましょう。
参考までに、マドリードの主要鉄道駅はアトーチャ駅とチャマルティン駅、バスターミナルにはアベニーダ・デ・アメリカと南バスターミナル(Estación Sur de Autobuses)があります。移動の際はくれぐれも間違えないように気を付けておきたいですね。
 

1 2 ... 5
Compathy Magazine編集部

Compathy Magazine編集部

Compathy Magazineは、「タビ」や「カイガイ」への固定概念を超えて、新たな旅の魅力や価値観、それを実現する新しい旅の方法を届けたいという想いから生まれました。 世界各国に住む現地の人々の声、旅に役立つ情報やツールを紹介しながら、旅にまつわる偏見を無くしていきます。 ■関連する旅行記・旅行計画作成サイト: Compathy



関連する旅行カテゴリ

# スペインの治安 # マドリードの観光 # マドリード # スペイン

関連する旅行記事