【沖縄のパワースポット】金運・恋愛運アップにもおすすめ!沖縄のエリアごとのパワースポットを沖縄在住者が紹介!

沖縄は、大地と海をベースに御嶽信仰・ニライカナイ信仰の舞台となるパワースポットの宝庫です。こちらの記事では、沖縄在住者がおすすめする人気のパワースポットを紹介しています。有名な観光地も、実はパワースポットというケースが多いのが沖縄の特徴です。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


沖縄のパワースポット:南部

【南城市】斎場御嶽(せーふぁーうたき):かつて男子禁制だった聖地も世界遺産登録で一大観光地に

南城市にある「斎場御嶽(せーふぁーうたき)」は、沖縄本島で最高の聖地といわれているパワースポットです。斎場御嶽は沖縄開びゃくの始祖「アマミキヨ」が降り立ったとされる「久高島」にほど近く、「三庫理(サングーイ)」という拝所からは海のはるか彼方に久高島を見ることができます。

斎場御嶽を訪れるなら、午前中に那覇市内を出発して「久高島」や「ガンガラーの谷」など沖縄南部のパワースポットを周遊するバスツアーに参加するのが便利です。

沖縄のパワースポット名:斎場御嶽
住所:沖縄県南城市知念字久手堅地内
営業時間:9:00~17:30
定休日:旧暦5月1日~3日、旧暦10月1日~3日
駐車場:あり(無料)
入場料:大人300円、小人150円
公式・参考サイト:斎場御嶽

 

【南城市】久高島:沖縄本島から日帰りで行ける離島の聖地のパワースポット

「久高島」は、南城市の東の沖合に浮かぶ周囲約8kmの小さな離島です。久高島は「神の島」と表現されることが多く、琉球の創世神「アマミキヨ」がこの島に降り立って琉球王国を創ったとされています。

島内には男子禁制の「クボー御嶽」や、アマミキヨが降り立ったとされる「カベール岬」などパワースポットが随所に存在しています。とても静かな島なので、敬虔な気持ちで島を歩きましょう。

久高島へは、南城市の安座真港からフェリーで15分~25分ほどでアクセスできます。

沖縄のパワースポット名:久高島
住所:沖縄県南城市知念久高
公式・参考サイト:久高島

 

【南城市】ガンガラーの谷:洞窟カフェで太古の時を感じるパワースポット

「ガンガラーの谷」は、鍾乳洞が崩れてできた谷に亜熱帯のジャングルが広がる熱帯雨林系パワースポットです。何千万年という壮大な時の流れを経て形成された大地から、自然の偉大なパワーを感じずにはいられません。ガンガラーの谷では、ガイド付きツアー(要予約)が開催されているのでぜひ参加してみてください。

鍾乳洞が残る部分では、「Cave Cafe」が営業しています。天井のとても高い鍾乳洞のホールでサンゴ焙煎の「35コーヒー」などが楽しめます。

沖縄のパワースポット名:ガンガラーの谷
住所:沖縄県南城市玉城字前川202
営業時間:9:00~18:00
定休日:なし
駐車場:あり(無料)
入場料:ツアー料金大人2,200円、高校・専門・大学生1,700円
公式・参考サイト:ガンガラーの谷

 

【南城市】垣花桶川:日本名水100選のせせらぎに癒やされるパワースポット

南城市にある「垣花桶川(かきのはなひーじゃー)」は、「日本名水100選」にも選ばれた沖縄でも有数の清流です。昔から地域住民の水場として利用され、現在でも簡易水道や農業用水として使われています。

垣花集落から100mほど石畳の道を降りたところにある垣花桶川は、上り下りがちょっと大変。道の途中には、「ナカユクイイシ」(中休み石)と「イーユクイイシヌヒライサー」(上休み石の平石)という休憩スポットがあるほどです。垣花桶川は、森林のなかで水のせせらぎを感じる癒し系パワースポットとなっています。

沖縄のパワースポット名:垣花桶川
住所:沖縄県南城市玉城垣花812
駐車場:あり(無料)
入場料:無料
公式・参考サイト:垣花桶川

 

【豊見城市】瀬長島:恋する二人で行きたい離島/子宝祈願のパワースポット

「瀬長島」は、那覇空港からほど近くにある周囲約2kmのとても小さな離島です。沖縄本島からは海中道路でアクセスできます。瀬長島には「子宝岩」(イシイリー)があり、子宝祈願系パワースポットとして密かな人気です。子宝岩には上下2つの穴があり、男の子が欲しければ上の穴に、女の子が欲しければ下の穴に石を投げ入れて願ったそうです。

瀬長島には2015年にオープンしたショッピング・グルメスポット「瀬長島ウミカジテラス」もあるので、併せて訪れてみるのがおすすめです。

沖縄のパワースポット名:瀬長島
住所:沖縄県豊見城市瀬長

 

【那覇市】首里城:琉球王国の中枢/沖縄有数のパワ沖縄有数のパワースポット

View this post on Instagram

@zrshin168がシェアした投稿

那覇市にある「首里城(しゅりじょう)」は、15世紀から19世紀にかけて沖縄の地で繁栄した琉球王国の中心地です。国王の居城・首里王府の本部であっただけでなく、祭祀を司る拠点でもありました。沖縄戦で全焼した首里城は戦後になって復旧され、2000年に世界遺産リストに登録されました。

独立王国でありながらも中国の支配下におかれ、かつ徳川幕府・薩摩藩の属国でもあるという微妙なパワーバランスで運営されていた琉球王国。そんな首里城は間違いなく沖縄有数のパワースポットといえます。

沖縄のパワースポット名:首里城公園
住所:沖縄県那覇市首里金城町1-2
営業時間:8:30~19:00
定休日:なし
駐車場:あり(有料)
入場料:大人820円、中人620円、小人310円
公式・参考サイト:首里城公園

 

【那覇市】玉陵(たまうどぅん):琉球王国の陵墓のパワースポット

View this post on Instagram

@ichimoku1114がシェアした投稿

那覇市にある「玉陵(たまうどぅん)」は、琉球王国、第二尚氏王統の歴代国王が埋葬されている陵墓です。沖縄戦で甚大な損害を被りましたが、戦後になって修復されました。

沖縄では一度埋葬した亡骸の骨を掘り出し、海水や酒で洗う「洗骨」という改葬を行う風習があります。玉陵は洗骨の儀式を執り行う場所としても機能していました。

この世とあの世を繋ぐパワースポットでもある玉陵は首里城の守礼門から徒歩圏内にあるので、首里城と併せて訪れるのがおすすめです。

沖縄のパワースポット名:玉陵
住所:沖縄県那覇市首里金城町1-3
営業時間:9:00~18:00
定休日:なし
駐車場:あり(有料)
入場料:大人300円、子供150円

 

【恩納村】ウドゥイガマ(洞穴):踊りを捧げる静かな洞穴のパワースポット

沖縄屈指のビーチリゾート恩納村にある「ウドゥイガマ」は、人気景勝地「万座毛」の近くにある自然洞穴です。海岸沿いに広がる琉球石灰岩に開いた洞穴は、静かな佇まいの隠れ家的パワースポットとなっています。

かつてウドゥイガマでは集落の踊りの練習場であったといわれており、現在でもこの場所で踊りを奉納しているそうです。

海から進入することもできるウドゥイガマは、ダイバーからは別名「アポガマ」と呼ばれ、地形派ダイバーから密かな人気となっています。

沖縄のパワースポット名:ウドゥイガマ
住所:沖縄県国頭郡恩納村恩納4215
駐車場:なし(万座毛駐車場を利用)
入場料:無料

 

【恩納村】万座毛:琉球石灰岩の巨石パワー/絶景のパワースポット

View this post on Instagram

@xxcerisierxxがシェアした投稿

恩納村にある「万座毛(まんざもう)」は、沖縄観光で誰もが一度は訪れるといっても過言ではない一大景勝地です。約30mの断崖上から見渡す東シナ海はエメラルドグリーンに輝き、まさに絶景そのもの。

万座毛は、「一万人が座れるほど広い原っぱ」(沖縄では野原のことを毛といいます)という意味です。その名の通り崖の上は広大な芝生の広場となっています。
万座毛全体がパワーストーンとして知られる「琉球石灰岩」の巨大な塊であり、鉱物「カルサイト」からポジティブなパワーを受け取れるといわれています。

沖縄のパワースポット名:万座毛
住所:沖縄県国頭郡恩納村恩納
駐車場:あり(無料)
入場料:無料
公式・参考サイト:万座毛
12 3 4
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Kentaro

Kentaro

はいさい!沖縄に魅了されて移住してしまったネイチャーガイドが、絶対に訪れてほしい観光スポットを厳選してお届けします。



関連する旅行カテゴリ

# 沖縄の観光 # 日本

関連する旅行記事