【奈良の気候】観光に役立つ季節別の特徴や日数・週間の最新天気予報をリアルタイムでチェック!

紀伊半島中部の奈良盆地とその周辺地域が奈良県です。奈良盆地は三方を山に囲まれた、比較的自然災害の少ない穏やかな気候が特色です。その気候ゆえに、古来、さまざまな都がおかれてきました。とはいえ、盆地特有の、夏の暑さ、冬の底冷えも奈良の気候の特徴です。奈良を訪れる際に知っておきたい、奈良県の気候の特色をご紹介します。

こんにちは。奈良在住のCompathy MagazineライターのAtsuko.S.です。奈良県は、1年を通して、比較的自然災害が少ない穏やかな気候ですが、北西部の奈良盆地、北東部の大和高原、南部の吉野山地は、それぞれの気候の特色を持っています。

奈良旅行の際に知っておきたい奈良県の気候の特色、それぞれの季節の特徴と楽しみ方をご紹介します。奈良在住者だから知っている、奈良の四季折々の美しさをご紹介します。ぜひ、参考にしていただき、奈良旅のお役に立ててください。どの季節に来られても、奈良はあなたを大歓迎します。

 

■目次
1ページ目: 奈良の気候概要・最新天気/季節別気候・天気の特徴とおすすめの服装・ベストシーズン①
 - 奈良の年間の気候・風土の特徴
 - 今日現在の奈良の天気は?最高・最低気温・風速などをリアルタイムにチェックしよう
 - 奈良の週間・10日間の天気予報: 気温・湿度・降水確率・風速など
 - 3月:東大寺のお水取りが終わらないと奈良に春が来ない!
 - 4月:桜の国の桜の名所、吉野の桜が咲き誇ります!
 - 5月:風薫る5月、GWにはさまざまな花が楽しめます!

2ページ目: 季節別気候・天気の特徴とおすすめの服装・ベストシーズン②
 - 6月:梅雨の降り続く雨の中、あじさいの美しさが際立ちます!
 - 7月:初夏の涼しい夜風に吹かれて、若草山から夜景を見ませんか?
 - 8月:日中の暑さを忘れて、夜の行事を楽しもう!
 - 9月:続く残暑の中、台風が秋の訪れを加速します!
 - 10月:秋の行楽シーズン到来!奈良には紅葉の名所もいっぱい!

3ページ目: 季節別気候・天気の特徴とおすすめの服装・ベストシーズン③/奈良の観光関連記事
 - 11月:秋が深まり、おいしい秋の味覚の便りが届きます!
 - 12月:寒い日が続き、初雪の便りも聞こえてきます!
 - 1月:1年のうちで一番の寒さ!奈良公園の鹿の吐く息が真っ白です!
 - 2月:さらなる寒さが続きます!北部の奈良盆地でも積雪を見ることも!
 - 春夏秋冬を代表する奈良の穴場観光地ベスト20を奈良在住筆者が紹介!

 

奈良の年間の気候・風土の特徴

奈良県は、温暖な気候であるというイメージがあるかもしれせん。たしかに、台風、雪害などの自然災害は少なく、穏やかで暮らしやすいです。しかし、奈良の気候を一括りに言うことはできません。特に、北西部の奈良盆地と南部の吉野山地との間には大きな差があります。奈良盆地の特徴は、温暖寡雨ですが、夏は27~28℃と暑く、冬は3~4℃の底冷えがする盆地ならではの気候です。

一方、南部の吉野山地は、夏は20~24℃、冬は0~3℃で奈良盆地より冷涼です。ただ、吉野山地に含まれる大台ヶ原は、日本有数の多雨地帯です。

北東部の大和高原の気候は冷涼で、特に冬に厳しい寒さになります。冷涼な気候がお茶の栽培に適しています。

 

今日現在の奈良の天気は?最高・最低気温・風速などをリアルタイムにチェックしよう

下記の「The Weather Channel」のページでは、奈良の今日現在のリアルタイムの天気を確認できます。奈良の気候・天候状況を確認するために活用してみましょう。

■奈良の今日・現在の天気
>> 奈良の今日の天気

 

奈良の週間・10日間の天気予報: 気温・湿度・降水確率・風速など

こちらのページでは、今日以降10日間の長期天気予報が確認できます。
これから奈良への旅行を予定・準備されている方は、暑さ・寒さ、最適な服装の検討に活用してみましょう。

■奈良の週間・10日間の天気
>> 奈良の10日間の天気

 

 

奈良の季節別の気候・天気の特徴とおすすめの服装・ベストシーズン

【3月の奈良の気候】 東大寺のお水取りが終わらないと奈良に春が来ない!

3/1に始まり、3/14に終わる東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)、一般的には「お水取り」として親しまれているこの行事のことを、奈良では昔から「奈良に春を呼ぶ行事」と言われています。

3月はじめは気温も低く、北西の季節風が吹くこともあります。中・下旬には季節風も衰え、移動性高気圧が3~4日周期で日本付近を通過するため、天気は周期的に変化します。日中は風も弱まり、陽ざしの下では温かく感じられます。

お水取りの「お松明(おたいまつ)」は、夜の行事ですから、十分な防寒の格好でお楽しみください。3月初旬の奈良の夜は、まだまだ底冷えがします。

3月の終わりには、道端に土筆が出て、摘んで食べるのも楽しみです。

 

【4月の奈良の気候】 桜の国の桜の名所、吉野の桜が咲き誇ります!

筆者撮影:吉野の桜

吉野は、日本有数の桜の名所ですが、北西部の奈良盆地に比べて、吉野山下千本で4~5日、吉野山奥千本で10日くらい遅れて開花します。ちなみに、吉野山の桜は、下千本、中千本、上千本、奥千本と麓から順番に頂上に向かってほぼ1か月かけて咲いていきます。

奈良盆地では、4月上旬にはモンシロチョウが飛び始めますが、南部の吉野山地、特に大台ヶ原では、5月末~6月初旬に飛び始めます。奈良は、南北で気候の差が大きいです。

奈良の4月は、日中陽ざしの下では汗ばむこともありますが、まだまだ小寒い日もありますから、スプリングコートやウインドブレーカー、カーディガン、ジャケットがある方が安心です。

 

【5月の奈良の気候】 風薫る5月、GWにはさまざまな花が楽しめます!

筆者撮影:談山神社 青紅葉

葛城山のツツジ

筆者撮影:葛城山のツツジ

奈良は、どの季節に訪れても、それぞれの季節の美しさ、楽しさがありますが、暑すぎず、寒すぎず、晴天の日が続く5月は、春の行楽シーズン、訪れるにはベストな季節です。気温は、20度前後ととても過ごしやすいです。さわやかな風が吹き渡り、観光には最適です。

風薫る5月、奈良はあちこちでさまざまな花が咲き誇ります。長谷寺のぼたん、室生寺のシャクナゲ、葛城山全体を染めるツツジ、春日大社の藤が見頃を迎えます。また、紅葉で有名な桜井市の談山神社の青紅葉は知る人ぞ知る美しさです。ぜひ、お出かけください。

1 23 »
atsuko.s(奈良在住ライター)

atsuko.s(奈良在住ライター)

奈良で生まれ育った、奈良愛あふれる通訳案内士(英語)です。日本内外のゲストに、日本の良さを、とりわけ奈良・関西の魅力をお伝えしたいです。



関連する旅行カテゴリ

# 奈良の観光 # 日本

その他のオススメ記事

関連する旅行記事