【イタリアのチップ】食事や宿泊時に必要なチップの金額と目安とは?イタリア在住者が語る現在のチップ事情

かつては日本人を悩ませた海外におけるチップの風習。 チップの風習は現在、徐々にすたれてきているといわれています。 しかし、まったくゼロになったわけではありません。どんな時に、どの程度のチップが必要なのか。チップが必要でない場合は? イタリア在住者がチップの現状をご説明いたします。

ファストフード(マクドナルドなど)のチップと相場

McDonald's Propaganda

ここ数年、イタリアでもストリートフードがちょっとしたブーム。
マクドナルドをはじめとするハンバーガーのお店や、持ち帰り用のパニーノを作ってくれる食料品店と並んで、お手軽なストリートフードは観光客に非常に人気があります。というのも、イタリアでは外食をすると日本と比較にならないくらい高額になるのが常。そのため、旅行中は1日1回はこのようなカジュアルな食事が便利なのです。

また、ファーストフード関連のお店ではチップに頭を悩ませる必要はありません。たまさかに、相手に釣銭が足りないという事象が発生します。その場合、10セント単位ならば「お釣りは結構です」と伝えれば感謝の意としては十分。

チップの相場:必要なし

 

カフェ(コーヒーやジェラートなど)のチップと相場

altri tempi [back in the old days]

日本のコンビニくらいの確率で、イタリアの各都市に存在するのがバールです。日本のカフェテリアにあたりますが、よりカジュアルなのが特徴。
朝食から軽食、コーヒーからアルコール、ジェラートからスナックなどが購入でき、とにかくイタリア人にとっては生活の一部になっています。

観光客にとっても、休憩するにはこのカフェはとても便利な存在。立ち飲みと座って飲む場合には、同じものでも価格が変わる可能性がありますが、いずれにしてもチップは必要ありません。
ただ、バリスタと呼ばれるコーヒーを入れる人から観光の情報を聞き出したりした場合には、卓上にあるチップ用の入れ物にお釣りとなった10セントコインをいくつか入れましょう。

チップの相場:とくに必要なし

 

バール・パブのチップと相場

Liquors.

イタリアでは、バールとパブには歴然たる違いがあります。

バールは、朝から夕刻まで時間に応じて朝食や昼食、軽食やアペルティフなどを提供してくれる場所。
パブは、主にアルコール類と軽食を提供します。夜半まで店を開けているパブでは、イタリアでは有料となっているセリエAの試合を放映している場合が多いため、イタリア人がビールを飲みながらサッカーを観戦することが多いのです。

バールでは特にサービスがよかった場合以外チップは必要ありません。パブでは、担当の給仕のサービスに満足した場合には2,3ユーロを置いていきましょう。小銭が用意できない場合は、置かなくても問題ありません。

チップの相場:2,3ユーロ

 

コペルト(テーブルチャージ)

Pane, crackers e grissini

食事をしてレシートをもらうと、「コペルト(Coperto)」という項目があります。
たいていは、2ユーロ前後、場所によっては最高で6ユーロほどになるところもあります。

コペルトとは、日本でいうところの席料です。水などの飲み物は有料ですが、この席料にパンが含まれます。ごく普通のパンがバスケットに盛られてくることもあれば、温かいピッツァやオリーブ入りのパンが運ばれてくることもあります。北イタリアでは、グリッシーニなどもこれに含まれます。

コペルトは外国人にはわかりにくいシステムですが、メニューに明記されている場合には支払いを拒否することはできないようです。

チップの相場:2~5ユーロ

 

1 ... 3 4 56
cucciola(イタリア現地在住ライター)

cucciola(イタリア現地在住ライター)

イタリアの歴史に魅せられて、この地に住むこと十数年。ローマを見下ろす山の小さな家に、コレクションしたイタリアの書籍をぎゅうぎゅう詰め込んで生活中。平日は雑誌や書籍やニュースを読んで過ごし、週末は風の向くままあちこちを放浪。イタリアの空気や香りが伝わるようなニュースを発信いたします!



関連する旅行カテゴリ

# イタリアのショッピング・買い物 # イタリアの観光 # イタリアの文化 # イタリアの習慣

関連する旅行記事