イタリアの治安

【イタリアの治安】都市別の治安が良い/悪いエリアを主要観光都市を中心にご紹介!イタリア在住者が語る現在の治安状況とは?

イタリアの治安

イタリア旅行の際に手に取るガイドブックには、イタリアの治安の悪さが繰り返し強調されています。しかし、旅行前から怖気を震っていてはせっかくの旅行が台無し。治安の現状を把握していれば、魅力溢れるイタリアを心ゆくまで楽しめます。今回はイタリア在住の筆者が現地治安を解説します。初めての方もリピーターの方もご一読ください。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


イタリアの治安状況に対する事前対処と役立つ知識

個人旅行・ツアー・ひとり旅で気をつけるべきこと

Italy

インターネットでのチケットやホテルの予約が安易になり、個人旅行やひとり旅も珍しくない時代になりました。旅行中もケータイやタブレットで、諸処の情報の入手がしやすくなったのは旅好きにはありがたいものです。

いっぽうで、個人旅行やひとり旅の場合は、トラブルや危険には個人が責任をもって対応しなくてはならなりません。
言葉や風習が異なる国でもそうした状況に対応できるという覚悟と責任をもって、旅行しましょう。事前の情報収集や貴重品の徹底した管理などは、自己責任の中でも最たるものといってよいでしょう。

自分の身は自分で守る。ツアー以外の旅行を選択する人は、これを頭に叩き込む必要があります。

 

新婚旅行・ハネムーンで気をつけるべきこと

Turist couple in Venice, Italy (Piazza San Marco plaza/Saint Mark's Basilica)

新婚旅行というのは、幸福感が二人からオーラのようにあふれているためか、すぐそれとわかる微笑ましさがあります。
2人だけで素敵な街並みを歩くのは新婚ならではの楽しさですが、セルフィーなどに気を取られていると貴重品の扱いがおろそかになることも。

また、新婚旅行ゆえにお土産の購入が忙しく、購入したものにばかり注意を払っていると、やはり貴重品が狙われやすくなります。

さらに、旅行中の疲労やストレスで些細なことにケンカに発展する例は枚挙にいとまがありません。異国で、頼りにする人と喧嘩をするのは、これまた更なるストレスになります。早めに仲直りをして、気持ちを切り替えることが大事です。

 

イタリアの早朝・深夜の過ごし方

A Night Walk in Florence

イタリアの朝は、バールや新聞スタンド、また普通のスーパーも開店が早いという事情から、女性一人の散策もそれほど危険ではありません。もちろん、おかしいなと感じる場所には絶対に足を踏み入れない用心は必要です。

夜間の外出はどうでしょうか。ローマから南は、非常に夜更かしをする習慣があります。しかし、旅行者の場合は羽目を外さず、最終電車には最低でも乗るようにしましょう。

イタリアも夏季は温度が上がるため、カジュアルな服装になりがち。しかし、カトリック教会を見学するには肌の露出が多い場合は警備に阻止されることが少なくありません。バチカンのサン・ピエトロ寺院も服装チェックが厳しいので、肩や膝が隠れる服装を心がけましょう。

 

イタリア旅行中の緊急連絡先

Italian Polizia Lamborghini Gallardo

気をつけていても起こってしまうトラブル。そんなときも、まずは気持ちを落ち着かせて対処するようにしましょう。
イタリアにおける警察や救急車の番号はこちらです。いずれも、イタリア語の対応になっていますので、周囲にいる人に助けてもらう必要があるかもしれません。

また、自分が所有しているクレジットカードを紛失した場合の連絡先も、しっかりメモして旅行をしましょう。
パスポートを紛失した場合には、日本大使館への連絡が不可欠です。

・警察 電話番号:113
・国家治安警察隊(カラビニエーリ)電話番号: 112
・救急車 電話番号:118
・消防車 電話番号:115
・ローマ日本大使館 電話番号:06487991
・ミラノ日本領事館 電話番号:026241141

 

パスポートを紛失した時には

Japanese Flag

旅行中には命の次に大事といわれるパスポート。
出発前には、コピーを用意しておくことをおすすめします。実際に盗難などにあい紛失してしまった場合には、大使館や領事館に赴く前に地元の警察に届け出て、紛失証明書をもらう必要があります。

ローマやミラノなどの大都市では、日常的に起る観光客のパスポート紛失に関しては扱いに慣れているので、日本語の書類が用意されているところもあります。

その他、申請書や写真など必要なものは大使館に一度赴き、用意する必要があります。早ければ、2日ほどで発行してもらえます。

ローマ日本大使館 電話番号:06487991
ミラノ日本領事館 電話番号:026241141

 

あわせて読みたい!イタリアの観光情報

【ローマの治安】旅行者の不安材料「治安」。地下鉄は?夜の外出は・・・?イタリア在住者は語る!

古代からルネサンスまで、その栄華の足跡を町中のあちこちから感じることができるローマ。
リピーターとなる観光客も多いローマですが、旅行者にとって最大の不安はローマの治安です。日本人はお金を持っているというイメージは現在も浸透しているために、海外旅行をする際にはローマにかぎらずスリや置き引きに注意をする必要があります。

一口にローマといっても、場所やシチュエーションによって危険度もまちまち。
イタリアに住んで十数年の在住者が、ローマの治安事情について説明いたします。

関連記事
■「【ローマの治安】旅行者の不安材料「治安」。地下鉄は?夜の外出は・・・?イタリア在住者は語る!

 

【ローマの買い物スポット】ローマで買い物するならココ!有名ブランド・革製品・雑貨・お土産などが揃う場所をイタリア在住者が紹介!

観光の見どころも満載のローマは、お買い物に関してもよりどりみどり。
お土産の選択に頭を悩ませるほど、バラエティ豊かな物品がそろっています。
定番のお土産から、イタリアで今トレンドの食材やコスメなど、イタリアの首都ローマではイタリア各地の名産品も入手可能。

しかし、慣れない旅行中に、しかもかぎられた時間でお土産を探すのは貴重な時間を浪費してしまう可能性もあります。
そこで、イタリア在住者がお土産の種類や目的別におすすめのスポットをご紹介。
時間を節約して、さらに充実したローマ滞在をお楽しみいただけます。

関連記事
■「【ローマの買い物スポット】ローマで買い物するならココ!有名ブランド・革製品・雑貨・お土産などが揃う場所をイタリア在住者が紹介!

 

おわりに

イタリアは人気の観光地だけに、実際に起こるスリなどの犯罪数も多いのは当然かもしれません。
しかしこれは何もイタリアにかぎったことではないのです。日本は世界でも類を見ないほど治安のいい国。日本から一歩外に出れば、治安の良さのありがたみを実感することになります。

見聞を広めるために行く海外旅行では、治安の悪さを嘆いていてもはじまりません。
楽しいだけではなく、自己責任をもって行う重要性を自覚するのが海外旅行です。
心ならずも犯罪に出くわしてしまったら、あわてず騒がず落ち着いて分別を持った行動をしましょう。
イタリアは、そうした苦労にも勝る魅力を旅行者である私たちに与えてくれる国なのです。

1 ... 6 7
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


cucciola(イタリア現地在住ライター)

cucciola(イタリア現地在住ライター)

イタリアの歴史に魅せられて、この地に住むこと十数年。ローマを見下ろす山の小さな家に、コレクションしたイタリアの書籍をぎゅうぎゅう詰め込んで生活中。平日は雑誌や書籍やニュースを読んで過ごし、週末は風の向くままあちこちを放浪。イタリアの空気や香りが伝わるようなニュースを発信いたします!



関連する旅行カテゴリ

# イタリアの治安 # イタリアの観光

関連する旅行記事