イタリアの治安

【イタリアの治安】都市別の治安が良い/悪いエリアを主要観光都市を中心にご紹介!イタリア在住者が語る現在の治安状況とは?

イタリアの治安

イタリア旅行の際に手に取るガイドブックには、イタリアの治安の悪さが繰り返し強調されています。しかし、旅行前から怖気を震っていてはせっかくの旅行が台無し。治安の現状を把握していれば、魅力溢れるイタリアを心ゆくまで楽しめます。今回はイタリア在住の筆者が現地治安を解説します。初めての方もリピーターの方もご一読ください。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


【カンパニア州】ポンペイ周辺:ハイシーズンの混雑時、ポンペイに向かう電車には要注意

ユネスコの世界遺産にもなっている遺跡があるポンペイ。
まず、遺跡については入場料がかかりますので見学中のスリやひったくりの心配はありません。
また、ポンペイの町も観光客を受け入れ慣れているせいもあり、比較的治安は良いようです。

ナポリからポンペイに向かうには、ヴェスヴィオ周遊鉄道を使用します。鉄道を利用する際の駅や電車内の混雑には、十分な注意が必要。とくに、ハイシーズンはポンペイやエルコラーノの遺跡に向かうこの電車はかなり混雑します。貴重品の管理の徹底は必須です。

 

【カンパニア州】サレルノ:高名な医学部のある大学都市、治安良好

ヨーロッパ内でも屈指の伝統を誇るサレルノ大学を擁するサレルノは、風光明媚でお料理が安くおいしく、イタリア人にも人気の町です。
ナポリからは特急電車で40分弱、映画で有名になったアマルフィやポジターノに比べると観光客が少なく、医学部で有名な大学のお膝元らしい落ち着いた佇まいです。

南イタリアの都市の中では、治安は悪くありません。なによりも、観光客がナポリやアマルフィに比べると少ないために、ツーリストをターゲットにする犯罪が少ないという理由に依ります。
怪しいと思しき子供たちや若者がたむろしている場合だけは、注意が必要です。

 

【エミリア=ロマーニャ州】パルマ:美食の町の治安は良くもなく悪くもなく

パルミジャーノチーズや生ハムなど、イタリアを代表する食材の名産地として有名なパルマ。
法王庁にゆかりのある貴族が統治下に置いていた時代もあり、街並みは非常に優美です。

しかし、治安という点からいうと悪い噂もない代わりに、特別に良いという実情ではないようです。
まず、パルマ市内にも点在する肉の加工場の影響か、町の中には独特のにおいがあります。これがなんとなく、殺伐とした印象になるためか一部の移民などによる観光客相手の犯罪もたびたび起こっています。

ただし、ローマやミラノの観光地のように人が殺到するというシチュエーションは少ないので、レストランの置き引きや子供たちの集団に特に注意しましょう。

 

【エミリア=ロマーニャ州】ボローニャ:イタリア北部の要衝の町は犯罪数が近年急増

Bologna

2017年にイタリア内務省が発表したイタリアの各都市の犯罪数では、ボローニャは第3位。
毎日、6000件を超える犯罪が報告されるとしています。しかしこの数は、観光客が足を運ぶボローニャの歴史地区だけではなく、周辺の地域も包含しています。ヨーロッパ最古の大学があるボローニャは、歴史地区には学生も多く若々しい雰囲気が横溢しています。

ですから、一概にボローニャの治安が悪いとは言い切れませんが、観光中も手荷物や貴重品には気をつけるに越したことはありません。混雑するバスや夜間の外出など、犯罪の可能性がある場所には近づかない用心が必要です。

 

【ウンブリア州】オルヴィエート:近年人気急上昇の町、今後の治安が心配?

Cathedral of Orvieto (after 1290-16th century)

ローマから日帰りできる町として人気が急増中のオルヴィエート。
ローマ法王庁ともゆかりが深い町は、中心にある壮麗なドゥオモを中心に落ち着いた雰囲気です。そのため、治安は比較的良い町とされています。

近年、ローマやフィレンツェを訪れるアジア人観光客が立ち寄る町として有名になったため、以前に比べると注意が必要です。とくに、坂道を降りてきた麓付近は、歴史地区とは趣が異なる住宅地です。警官もぐっと減りますので、夜間は特に気をつけてください。

オルヴィエートは、ここ数年で人気が急上昇中。今後の治安がどうなるのか、懸念されるところです。

 

【リグーリア州】ジェノバ:港町にふさわしい喧騒、そして治安は悪し

ヴェネツィアと肩を並べる海軍を誇った港町ジェノバは、港町らしい喧騒が特徴です。
2018年の夏には、町を通る高速道路が落下して日本でも大きなニュースになりました。

港町らしい風情とともに、ごちゃごちゃとした雰囲気があることは否定できず、港から出入りする観光客を相手に押し売りやスリも多いのが現状です。街並みも、迷路のように入り組んだ狭い道が続く場所もあり。

裏通りや薄暗い小道はなるべく避けて、若い女性だけの集団や子供たちのグループが近寄ってきたらすぐにその場を離れましょう。

12 3 4 ... 7
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


cucciola(イタリア現地在住ライター)

cucciola(イタリア現地在住ライター)

イタリアの歴史に魅せられて、この地に住むこと十数年。ローマを見下ろす山の小さな家に、コレクションしたイタリアの書籍をぎゅうぎゅう詰め込んで生活中。平日は雑誌や書籍やニュースを読んで過ごし、週末は風の向くままあちこちを放浪。イタリアの空気や香りが伝わるようなニュースを発信いたします!



関連する旅行カテゴリ

# イタリアの治安 # イタリアの観光

関連する旅行記事