【アメリカのチップ事情】観光・食事・宿泊などで必要なチップ相場や計算方法・習慣についてアメリカ在住筆者が紹介!

アメリカ旅行で悩まされることのひとつに「チップ制度」があるのではないでしょうか?さまざまな場面で支払われることのあるチップに、いくらくらい支払えば良いのだろう?と考えたことはありませんか?今回は、そんな「チップ」についてご紹介していきます。チップの相場を把握して、旅行をさらに楽しんでいきましょう。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

アメリカのチップでのトラブル・注意点

日本ではチップの文化がないので、いくら支払えば良いのかがわからず、支払うべき目安の大幅に多い額や少ない額を支払ってしまったというトラブルがあるようです。

相場がわからないと個人の感覚で支払ってしまうので、本来払うべき額がわからなくなってしまいますよね。そういったトラブルを避けるためにも、今回ご紹介したチップの相場を頭に入れておいて、旅先で困らないようにしておくことをおすすめします。

 

アメリカで広がるチップ廃止について

現在ではどのレストランでもほぼチップ制度を利用していますが、アメリカにある人気寿司店でチップを廃止することを発表し、多くの注目を集めたニュースをご存じですか?

ウエイトレスの時給が2~3ドルに設定されているころはチップ制度が重視されていましたが、現在では時給も上昇傾向にあるため、アメリカ国内でもチップ制度を廃止しようという動きが徐々に広がっているのです。

そのため、今後チップが廃止となる可能性もあるかもしれませんね。

 

チップによる脱税

チップは税金の対象で受け取った場合、雇用主へ申告する義務があります。しかし、1ヶ月20ドルを超えない場合は、申告の必要はありません。

また、海外出張などの際に領収書を残しておくと、チップを経費申請できるので保管しておくとことをおすすめします。

 

アメリカでチップを渡すときに使える簡単英会話

さまざまなシチュエーションでチップを渡す場面と遭遇するかもしれませんが、覚えておくと便利な英会話をふたつご紹介します。
ひとつめは、「Keep the change.」。これは、おつりはいらないよという意味で、会計の時などに伝えることができます。

ふたつめは「Can you give me smaller bills for a $50? 」です。50ドル札を小さいお札にしてほしいことをたずねている文なので、50の部分を変えて100ドルとしても使えます。

細かいお金がないときはこの英文を覚えておいて、お店の人にたずねてみましょう!

 

あわせて読みたい!アメリカの観光情報

アメリカ旅行で訪れたい魅力溢れるおすすめの都市12選

広大な土地をもつアメリカ。いくつもの州から成り立っており、それぞれの州には魅力的な観光地がたくさんあります。そんなアメリカ旅行で訪れておきたいおすすめの都市を12選厳選してご紹介しております。とりあえずアメリカに行ってみたいけど、まだどの州に行きたいか決めていないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事
「見どころ満載!アメリカ旅行で訪れたいおすすめ都市12選」

 

おわりに

日本には馴染みのない仕組みなので、なかなか理解のしにくいチップ制度。しかし、アメリカでは一般的に利用されている制度なのでアメリカ旅行へ行く際には、しっかりとチップの相場を覚えておきましょう。
そうすることで、旅先のトラブルを事前に防ぐことができ、より楽しい旅行にすることができますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

1 ... 5 6
Chizuru Kimura(アメリカ現地在住ライター)

Chizuru Kimura(アメリカ現地在住ライター)

アメリカ在住5年目。在宅ライターです。 アメリカ在住だからこそ伝えられるアメリカの魅力を、多くの方たちに発信していきたいです!



関連する旅行カテゴリ

# アメリカ合衆国の物価 # アメリカ合衆国のショッピング・買い物 # アメリカ合衆国の文化 # アメリカ合衆国の観光 # アメリカ合衆国の習慣

関連する旅行記事