【世界の朝ごはん事情】定番メニューと習慣:時間に対する考え方が違う?日本とは異なる海外文化とは

国によって異なる朝ごはん。朝食が変われば時間の過ごし方も変化します。この記事ではイギリス、アメリカ、ロシア、モロッコなどを始めとする世界の朝食事情と時間に対する考え方をご紹介します。日本とは異なる生活を垣間見ることができますよ。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazineライターのまいまいです。

みなさんは朝食に何を食べていますか。ご飯?パン?シリアル?それとも何かオリジナルの習慣があるでしょうか。

朝食は国によって大きく異なり、比較すると様々な文化の違いを見ることができます。朝食は外食が定番の国であったり、甘いものしか食べない国であったりとかなり多様な様子を見ることができます。

今回、世界の国々に在住するライターや、在住・旅行経験者にお話を伺い、世界の朝ごはんについて調べてみました。
それでは世界の朝食について見ていきましょう。
 

■目次

1ページ目: 世界の朝ごはん事情①
 - 世界によって時間に対する考え方が違う?
 - アメリカ:シリアルと牛乳だけじゃないアメリカの定番朝ごはん
 - イギリス:日本でも人気の朝食
 - フランス:美食の国ではあの有名パン
 - カナダ:シンプルで手軽なメニュー
 - ロシア:平日はサッと、休日はゆっくり手作りのロシアならではの朝ご飯

2ページ目: 世界の朝ごはん事情②
 - 韓国:一日の中で大事な時間
 - 台湾:台湾の朝ごはんは美味しい飲食店で
 - モロッコ:朝は優雅に
 - オーストラリア:世界一の朝食を
 - タイ:朝食も屋台でいただきます

3ページ目:世界の朝ごはん事情③
 - ブラジル:コーヒー大国ならでは
 - イタリア:バル派?家派?
 - スペイン:朝食を2回?
 - トルコ:一日の中で最も大切な食事
 - 日本:バランス満点!心にしみる母国の味
 - 世界の朝ごはんからみる時間の使い方とは

4ページ目:世界の朝ごはん関連記事
 - 朝食】朝は甘い系?しょっぱい系?世界の朝ご飯7選
 - 全部食べてみたくなっちゃう!現地で味わいたい世界の朝食~東南アジア編~
 - 知っておくべき!おすすめ♪香港ローカル名物☆グルメまとめ〜旅行記〜❤︎

 

世界によって朝ごはんの時間に対する考え方が違う?

Photo credit: pixabay

全ての人に同じく流れている「時間」。しかし、国によって時間の使い方は様々です。食事に時間を費やしたいのか、お風呂に時間をかけたいのか、国による文化の違いで時間の流れ方は大きく変わっていきます。

国よって様々な時間の過ごし方がある中で、顕著に違いが見られるのが「朝食」です。朝食を準備するのにどれくらいの時間をかけるのか、何をどこで食べるのかによって、世界中の文化が見られることでしょう。

世界の朝食からあなたの時間の使い方を見直してみませんか?

 

世界の朝ごはんとだいたいの所要時間

アメリカ:シリアルと牛乳だけじゃないアメリカの定番朝ごはん

アメリカで定番の朝ごはんといえば、「シリアル」と「牛乳」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

実際にアメリカでは、シリアルを朝ごはんに食べる方が多く、定番の朝ごはんのひとつとして知られています。しかしそのほかにもオートミールや、オムレツなども人気で、オムレツの中にはピーマンや玉ねぎ、トマト、マッシュルームなどいろいろな野菜を入れて作ります。

また、ハッシュドポテトと卵、チーズをトルティーヤで巻いて作る「ブレックファストブリト―」も人気で、通勤途中に飲食店に立ち寄り、購入して仕事に行くという方が多くいます。

週末にはパンケーキやワッフルなどを作り、食べることもあります。アメリカにある「IHOP(アイホップ)」や「Waffle House(ワッフルハウス)」はそれらのメニューと扱っており、家族そろって遅めの朝食に行くこともしばしば。パンケーキには、ホイップクリームやフルーツなどの甘いものから、ベーコンや卵などの塩味のものもあり、いろんな種類を楽しめるのも魅力です。

教会へ礼拝へ行った後に、遅めの朝ごはんと昼ごはんを兼ねて「ブランチ」をとることも一般的ですよ。

 

イギリス:日本でも人気の朝食

イギリスには「イングリッシュブレックファースト」と呼ばれるほどブランドが確率しており、日本でも耳にする機会は多いのではないでしょうか。

メニューはトースト、スクランブルエッグなどの卵料理、ベーコン、ソーセージ、ポテトなどが主です。食事に関して様々な意見があるイギリスですが、イングリッシュブレックファーストに関しては非常に評判がよく、日本のホテルでもこの形の朝食を提供している場所を多々見かけます。

他にもシリアルやポリッジ(日本でいうおかゆ)、ライスプディングやりんごなどのフルーツをまるごと食べるケースもあります。

イギリスでは簡単に家庭で料理できるものを朝食として食べるケースが多いようです。

 

フランス:美食の国ではあの有名パンを朝ごはんに

フランス語で朝食は「プチデジュネ(小さな昼食)」と呼ばれていて、1日3食ある中の1食というよりはむしろ、昼ごはんの前にちょっとしたものを食べる時間という認識の方が強いと言えます。

そんな「フランス」のプチデジュネは、”クロワッサン”やチョコレートが挟まった”パンオショコラ”が主流です。あらかじめパンを買っておいて、手間をかけずにすぐ食べられるようにしています。共働きが多いフランスではなるべく朝食に時間を取られないよう、時短で用意できるものや、オフィスでささっと食べられものを選ぶ人が多いようです。

フランスでは甘いものを朝食にとるため、鮭や海苔などのしょっぱいものも食べる日本とは異なる習慣が見られ興味深いですね。

 

カナダ:シンプルで手軽なメニューの朝ごはん

カナダは世界中の様々な国からの移民で成り立っており、出身国によって朝食に何を食べるかは異なります。移民でも典型的な朝食をとっている人が多いですが、カナダに移り住んでからもそれぞれの国の食文化を続けている家庭も多いいです。今回は典型的なカナダでの朝食について紹介します。

多くのカナダ人は夕食に多くの時間を割くため、平日の朝食15〜30分位で簡単に済ませることが多いです。

子供は、学校に行く前にシリアルやパンをミルクと共に食べ、フルーツやヨーグルトを加える事もあります。大人も家で食べる場合はほぼ同じメニューで、シリアルやオートミール・トーストなどを食べ、食後にコーヒーを飲む人が多いです。

職場に行く人はカフェやファーストフードで朝食を購入する人も多く、コーヒーとベーグル・マフィンを持って歩いている人をよく見かけます。カナダ人に人気のあるティム・ホートンズやスターバックスには、朝早くから行列ができています。

休日は、朝食というよりもブランチをとる人が多いです。家で食べる場合もありますが、家族や友達とブレックファースト・メニューのあるレストランやカフェに行く事がよくあります。平日の朝食より時間をかけて、ゆったりとした時間を過ごします。

カフェのブレックファースト・メニューは、ベーグルやクロワッサンなどのパン類と卵料理・ポテトにコーヒーや紅茶がついているセット・サンドイッチやパニーニ・パンケーキなどが典型的です。

 

ロシア:平日はサッと。休日はゆっくり手作りのロシアならではの朝ごはん

ライター提供画像

ロシアの定番朝ご飯は、『カーシャ』です。これは、いわゆるオートミールで、押し麦を牛乳で甘く煮るのが一般的で、ドライフルーツを入れると美味しいです。その他にも、『トゥボーログ(カッテージチーズ)』にドライフルーツやヴァレニキ(ロシアのジャム)を入れた簡単なもの、『スィルニキ』というトゥボーログ入りの小さなパンケーキ、ロシアのクレープ『ブリヌィ』などが、ロシアならではの朝ご飯。もちろん、カフェの朝ご飯には、目玉焼きにサラダにパン、というシンプルなメニューもあります。

平日の朝ご飯にはあまり時間をかけず、定番朝ご飯をカフェで買ってオフィスで済ませるのも定番。特に忙しいモスクワっ子は、パン屋で買った『ソチニク』(トゥボーログ入りのサクッとしたパン)や、トゥボーログをチョコでコーティングしたスティックタイプの『シローク』をかじって出かける人も多いです。ケフィールという発酵乳飲料だけで済ませる人もいます。

そして休日など時間がある日、家族がそろった日、お母さんに時間があるときは、ゆっくり煮込んだ温かいカーシャや、じっくり焼き上げたスィルニキやブリヌィが食卓に並びます。カフェの朝ご飯も美味しいですが、手作りの味はまた格別です。

 

1 2 ... 4
maimai

maimai

こんにちは!0歳の時にグアムに行って以来旅行が大好きで、空いた時間はいつも旅行プランを考えています。皆さまに行ってみたい!と思っていただけるような魅力的な文章作りを心がけて頑張ります!



関連する旅行カテゴリ

# 世界の料理・グルメ・ごはん

関連する旅行記事