上野公園の観光

【上野公園周辺の観光情報】カメラを持って散策、文化や芸術に触れられる施設でのんびり休日が過ごせるスポットを紹介!

上野公園の観光

上野公園と言えば動物園のパンダ!とっても大きくなりましたが愛らしさは健在。上野の街はさらに盛り上がっています。 でも、上野公園はそれだけではないんです。広大で緑豊かな敷地や施設をゆっくりと散策して、悠久の歴史を学びに出掛けてみませんか? 公園内や美術館、博物館。様々な方向から歴史の足跡を見つけに出掛けましょう!

上野駅前に動物園やたくさんの美術館、博物館を擁する上野公園があります。
震災や戦火を逃れた歴史的な建造物を見ることができるところでもあります。
お花見や美術館で興味深い企画展などが催されなければ訪れる機会も少ないでしょうか?それだけではもったいない上野公園の魅力をお伝えします!

四季折々に美しい公園の草木、常設展だけでも一日で回りきれない博物館。散策に疲れたらほっとするカフェがちょうどいいところにある上野公園。とても広い敷地ですが是非のんびりとあちこち見て歩いてほしいところです。
週末のご予定をたてるのに、お役立ていただければと思います!

 

■目次

1ページ目: 上野公園のおすすめ観光スポット
 - 不忍池
 - 弁天堂
 - 上野動物園
 - 旧寛永寺五重塔
 - 清水観音堂
 - 花園稲荷神社(忍岡神社)
 - 上野大仏
 - 西郷隆盛像

2ページ目: 上野公園内のおすすめ施設:美術館・博物館・資料館
 - 国立科学博物館
 - 国立西洋美術館
 - 東京国立博物館
 - 黒田記念館
 - 下町風俗資料館
 - 上野の森美術館
 - 東京藝術大学美術館

3ページ目: 上野公園のおすすめグルメ・レストラン
 - 上野の森 Park Side Cafe
 - スターバックスコーヒー 上野恩賜公園店
 - パークス上野店
 - 上野グリーンサロン

 

上野公園のおすすめ観光スポット

不忍池:お天気のいい日はスワンボートで漕ぎ出そう!

桜の名所として知られる上野恩賜公園。中心になっているのは動物園と不忍池ですね!
公園のかなり大きな範囲に広がる不忍池は周囲2㎞ほど。いい散歩コースです。

元々この辺りの地名が忍ヶ丘と呼ばれていたから、とか男女が忍ぶように逢い引きをしていたからなど名前の由来は諸説あるそうです。
お天気のいい日にはボートを借りて湖水散歩をするもよし、池の回りの植物や鳥や魚などを見つけるもよし、様々な過ごし方ができます。

池は大きく動物園に組み込まれている鵜の池、ボートに乗れるボート池、そして季節になると一面が蓮で埋め尽くされる蓮池にわかれています。
桜の季節が終わったら次は蓮を楽しみにお散歩に出掛けてみるのもいいですね!

スポット名:不忍池
住所:東京都台東区上野公園5−20
営業時間:
ボート場(4~7月)10:00~18:00(7、8月)10:00~18:30、(9月)10:00~18:00、(10月)9:30~17:30、(11月)9:00~17:00、(12月)9:00~16:30、(1月)9:00~17:00(2、3月)9:30~17:30
定休日:ボート場 12~2月の水曜日
公式・参考サイト:上野恩賜公園
地図・マップ(PDF):上野恩賜公園

 

弁天堂:芸事にご利益がある弁天様にお参りを

不忍池の真ん中に歩いていける島があります。こちらが弁天島。弁才天様をお祀りした弁天堂がある島です。
弁才天は言わずと知れた芸事に関する願いを叶えてくれる神様。七福神として宝船にも乗る紅一点、縁起物でもありますね。

水害などから守ってくれるわけではないのに、港や川のほとり、池などにまつられていることが多いのは不思議ですね。
「ざい」の発音が「財」にも当たることから「弁財天」と表記して財宝神としての性格も持つよう。これは色々なことをお願いしたくなってしまいますね!

ちなみにこの弁天島、変わった石碑が多くあることでも有名です。
「フグ供養塔」「すっぽん感謝之塔」結構あります。いわれを調べてみるのも興味深いです。

スポット名:弁天堂
住所:東京都台東区上野公園2-1
営業時間:9:00〜17:00
定休日:無休
公式・参考サイト:弁天堂
地図・マップ(PDF):上野恩賜公園

 

上野動物園:パンダをはじめとする動物たちに癒されよう

上野動物園といえば一番に思い浮かぶのがパンダの香香(シャンシャン)。誕生から1年半がたちますが、まだまだ上野はパンダで盛り上がっているようです。周辺商業施設ではパンダグッズやパンダスイーツなどのお土産も買えるところがたくさんあります。記念に買って帰るのもいいですね!

でも、上野はパンダだけではないんです!

ライオンやトラの展示は迫力がありますし、不忍池の一部ではペリカンやコウノトリ、キツネザルなどの飼育が行われています。
隠れた人気者ハシビロコウも微動すらせずに皆様のお越しをお待ちしていますよ。

休憩所やカフェ、ショップなどもたくさんありますのでお子さんやご年配の方と一緒でものんびり散策ができますね。お弁当を広げるところにも困らないですよ!

スポット名:上野動物園
住所:東京都台東区上野公園9−83
営業時間:9:30~17:00
定休日:月曜日
公式・参考サイト:上野動物園
地図・マップ(PDF):上野恩賜公園

 

旧寛永寺五重塔:動物園の中にある豪華な塔は、入園料を払っても見たい!

なぜか上野動物園敷地内にある旧寛永寺五重塔。外からの見学もできないことはないのですが、結構深く木が繁っているので、全体を見たい方はやはり動物園の中からがよいようです。
一度火事で焼失してしまった寛永寺の五重塔。現在見ることができるのは、その後再建されたものになります。原因は花見客による失火だそうなので、今も昔も気を付けたいものです。

今では寛永寺もなくなり都が管理する塔となってしまいましたが、建物そのものの美しさは一見の価値あり。動物園に興味がない方も拝観料だと思って入園料を払って近くで見てみてくださいね。すぐそばをぐるっと一周できるように通路が切れていますよ。

スポット名:旧寛永寺五重塔
住所:上野公園 台東区 東京都東京都台東区9ー88上野公園 
営業時間:9:30〜17:00
定休日:月曜日
公式・参考サイト:旧寛永寺五重塔
地図・マップ(PDF):上野恩賜公園

 

清水観音堂:松の輪っかから弁天堂をのぞいて、広重の時代に思いを馳せる

京都清水寺を模して作ったとされる清水観音堂。本当はもっと高台にあったそうなのですが寛永寺の建設の際に現在の場所に移築されたのだとか。それが元禄7(1694)年のこと。国指定重要文化財です。

こじんまりとはしていますがそれでも立派な舞台作りから不忍池方面を見れば広重の絵にも描かれた月の松が!
本物は明治の始めに台風の被害にあい、長く失われていたのですが平成24年に復元されたのだそう。浮世絵の世界に迷い混んでしまったようですね!

祀られている観音様は千手観音。御朱印も千手観音だそうで、とても美しいと評判ですよ!興味のある方は是非。

スポット名:清水観音堂
住所:東京都台東区上野公園1-29
営業時間:9:00〜17:00
定休日:無休
公式・参考サイト:清水観音堂
地図・マップ(PDF):上野恩賜公園

 

花園稲荷神社(忍岡神社):縁結びのパワースポットはインスタ映えも狙って大人気!

正式名称は忍岡稲荷。いつ頃できたものなのかはっきりとはわかっていないそう。
寛永寺建立の際、上野の森にすむキツネたちの住む場所を奪ってしまったことを憐れみ、穴に祠をたてて奉ったのが始まりと言われています。こちらは今も敷地内に残っています。これを移したものが花園稲荷神社なんです。

裏参道側(上野公園から入る)には石の鳥居がたっており、その奥にいくつも続く赤い奉納鳥居が並びます。ここが日本人だけでなく外国人観光客からも大人気のフォトスポット。小さな神社ですがいつも賑わっています。

縁結びだけでなく人間関係すべての良縁にご利益があるそうなので、新しくお仕事を始めたり学校に通ったりなどという方にもよい神社かもしれませんね。

スポット名:花園稲荷神社
住所:東京都台東区上野公園4-59
定休日:無休
公式・参考サイト:花園稲荷神社(忍岡神社)
地図・マップ(PDF):上野恩賜公園

 

上野大仏:数奇な運命に翻弄された大仏様は、合格祈願に効果絶大!

View this post on Instagram

@k_25_dがシェアした投稿

京成上野方面から動物園の方へお散歩していると「上野大仏」の看板が目に入ります。階段を上がっていくとなんと顔だけの大仏様が!

この大仏様はもとは6mの大きさがあったそう。粘土製だったものが青銅の釈迦如来像になり、幾度も火災や震災などで傷ついては修復されてきました。
しかし関東大震災で東部が落ちてしまい、その後第二次世界大戦のおり、顔面以外の部分は日本軍に供給されてしまうという目に遭うのです。
その後、残った顔面部分をレリーフとして今のかたちで安置されることになりました。運命に翻弄されて「これ以上落ちない」大仏として受験生から強い支持を集めているそうです。お顔立ちもついお願いしてしまいたくなる穏やかな感じです。

実はこの大仏様、お参りだけでなく触れることもできるんです。お詣りが終わったら、是非大仏様に触って更なるパワーをもらってくださいね!

スポット名:上野大仏
住所:東京都台東区上野公園4-8
地図・マップ(PDF):上野恩賜公園

 

西郷隆盛像:上野そして東京のランドマーク、公園に来たら必ず立ち寄りたい

2018年の大河ドラマの影響で一気に注目を浴びた上野の西郷隆盛像。かなり話題にもなりましたので、見に行かれた人も多いのでは?
3m70cmを越える銅像は近くで見るとかなりの迫力。浴衣姿が気さくな人柄を表しているようです。

鹿児島出身の西郷さんの像が上野にあるのは彼も深く関わった上野戦争の舞台だったから。西郷さんと勝海舟が江戸城無血開城の会談を行った後、それに反対する徳川家の家臣たち率いる彰義隊が上野の寛永寺に立てこもり、そこに西郷さんも軍勢を率いて攻め込んだといわれています。
西郷さんの像のすぐ後ろには彰義隊のお墓も。

今はお花見やパンダで楽しく賑やかな場所になっていますが、昔は激戦の舞台だったのですね。
そんな歴史のお勉強をしながら、お散歩するのもいいかもしれません。

スポット名:西郷隆盛像
住所:東京都台東区上野公園1
公式・参考サイト:上野恩賜公園
地図・マップ(PDF):上野恩賜公園
1 23
Compathy Magazine編集部

Compathy Magazine編集部

Compathy Magazineは、「タビ」や「カイガイ」への固定概念を超えて、新たな旅の魅力や価値観、それを実現する新しい旅の方法を届けたいという想いから生まれました。 世界各国に住む現地の人々の声、旅に役立つ情報やツールを紹介しながら、旅にまつわる偏見を無くしていきます。 ■関連する旅行記・旅行計画作成サイト: Compathy



関連する旅行カテゴリ

# 上野の観光 # 上野の美術館・博物館 # 上野のショッピング・買い物 # 日本

関連する旅行記事