【明治神宮のお土産・授与品】東京観光の大定番スポットで買える限定のお菓子やお土産とは?参拝記念にも嬉しい授与品を東京在住者がご紹介!

原宿駅から徒歩3分の明治神宮。若者の街のすぐ隣にこんなに立派で荘厳な森があるって外から見ると気がつきません。 そんな明治神宮でお参りをしたら、その帰りにはお守りをいただき、お土産を買って帰りましょう!ここにしかない記念を持ち帰れば、家族やお友だちもハッピーに♪   初詣や七五三情報もあります。参考になさってくださいね!

明治神宮でお土産を購入できるおすすめのお店・ショップ

売店「杜」(FOREST TERRACE明治神宮):明治神宮土産が買えるのは木の香りが素敵な、寛ぎのスペース

原宿駅から一番近い南門から南参道を通って本殿へ行く途中、少し外れたところに「売店 杜」を含むFOREST TERRACE明治神宮があります。
森の中に建つ半円形の建物は木の香りに満ちていて心安らぎます。

お土産は、お菓子から記念品、お子さんが喜びそうなおもちゃまで幅広く用意されていてついつい財布の紐が緩くなってしまいそう。

同じ建物内にはカフェやレストランなどもあるので広い神宮内を散策して疲れたときに一休みするのにちょうどいいですよ!

店舗名:売店「杜」(FOREST TERRACE明治神宮)
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1 フォレストテラス明治神宮 (旧 明治神宮文化館)
営業時間:8:30〜閉門時間
クレジットカード:利用可能
公式サイト:売店「杜」(FOREST TERRACE明治神宮)

 

売店「杜 Annex」(FOREST TERRACE明治神宮):ガラス張りの小さな売店は和風なはずなのに、ちょっと外国の香りも?

車でいらした方にはとても便利な第3駐車場にある売店「杜 Annex」。こじんまりとしていますが、明治神宮銘菓や御神酒などの代表的なお土産や、日本をイメージさせる雑貨などをたくさん扱っています。お子さんやご年配のかたと一緒に行動していると、ゆっくりお買い物できなかったりしますが、ここなら駐車場に移動の少しの間にササっとお買い物できて重宝です。

回りは松や杉などの木々のお陰でとても日本風なはずなのに、全面ガラス張りでカラフルなテントが特徴的な杜 Annexはどこか海外の雰囲気も感じることができますよ

店舗名:売店「杜」(FOREST TERRACE明治神宮)
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1 フォレストテラス明治神宮 (旧 明治神宮文化館)
営業時間:9:30〜閉門時間
クレジットカード:利用可能
公式サイト:売店「杜」(FOREST TERRACE明治神宮)

 

明治神宮参拝の季節・イベントごとの授与品・お土産

初詣:干支の土鈴・絵馬・お守りなど

日本一参拝客が多いといわれる明治神宮の初詣。3日だから大丈夫だろうと高をくくって出掛けたらエライ目に遭ったことがあります・・・・・・。
それほどにご利益を求めて全国から人が殺到する初詣。このときだけの授与品がありますよ!

干支の土鈴は素朴なデザインの置物。毎年集めて飾っておきたいですね。
そしてやはり干支がデザインされた絵馬。
両方ともなくなり次第終了です。いただきたい人は急いでいきましょう!
元旦のピークはやはり年をまたぐ頃。少し落ち着いてくるのは4時頃だそうなのでその頃を目指して出掛けてみるのはいかがでしょうか?

公式サイト:初詣のお土産

 

七五三:千歳飴や記念メダル

お子さんの健やかな成長を願って行う七五三。記念の日を明治神宮でご祈祷していただくのはいかがでしょう?七五三の期間中も予約なしでご祈祷していただけます。

お子さんが小さいと待ち時間が長いと、着なれないお着物などでぐずったりするのが心配です。でも一度にご祈祷していただける人数が多いので結構さくさく進んでいきますよ!

ご祈祷に必要な初穂料は5,000円、1万円、3万円~となっております。ご祈祷の内容に違いはないそうですが、授与品に少しの違いが。
授与品は「千歳飴」「文具」「七五三メダル」ですが1万円以上はここにお札がつくのだそう。ご利益が変わるわけではないでしょうから、ご家族の考え方でいいのでは?

千歳飴と七五三メダルはお子さんに大人気だそうですよ。本当にキラキラとしたメダルなので、一番になった気分ですよね。どのお子さんも親御さんにしてみれば間違いなく一番ですもんね!

時間:9:00〜16:20(30分毎にご祈祷)
期間:10〜11月頃(七五三期間)
公式サイト:七五三:千歳飴や記念メダル

 

お宮参り:御神酒・お札・お食い初め膳

男児は生後31日目、女児は33日目に主に地元の神様に無事に出産した報告と健やかな成長を祈る「お宮参り」。

最近は天候やお母さん、赤ちゃんの体調や遠方から来るおじいちゃんおばあちゃんの事情で、この辺りの都合のいい日に行うのが一般的です。
駐車場が無料、予約が要らないなどと、実は赤ちゃんにはとても優しい明治神宮。赤ちゃんの初めての遠出、お宮参りにもふさわしいですね。

明治神宮のお宮参り、初穂料は1万円です。紅白の蝶結びののし袋に入れ、お子さんの名前をフルネームで書きましょう。
授与品として名前が入った神札と明治神宮の菊と桐の御門が入った「お食い初め膳」をいただきます。豪華!食べることに困らないお願いは叶ってしまいそうです。

七五三の時期はそちらも一緒にご祈祷に入るので混雑しますがその他はそう慌ただしくもないよう。それでも受付から1時間ほどはかかりますので、赤ちゃんの準備は万全に。
ちなみに駐車場を出たら参道、神楽殿まではずっと玉砂利の通路です。ベビーカーは不向きだと思われますので、ベビーキャリアやスリングは必須ですよ♪

時間:9:30~14:30(30分毎にご祈祷)
公式サイト:お宮参り

 

おわりに

都心のオアシス、明治神宮。
神社の建物も美しく、敷地内にある有名パワースポットにも元気をもらえます!
お参りをして心を安らかに、木々や草花に癒されたあとにさらにお楽しみがあるって大発見です!

遠くてなかなか出掛けてくることのできないご親戚などに、ご利益をお分けできるのは本当に嬉しいことですね。
四季折々、様々な行事もありますのでお土産も楽しみにしつつお参りに行くことにしましょう♪

1 ... 4 5
Compathy Magazine編集部

Compathy Magazine編集部

Compathy Magazineは、「タビ」や「カイガイ」への固定概念を超えて、新たな旅の魅力や価値観、それを実現する新しい旅の方法を届けたいという想いから生まれました。 世界各国に住む現地の人々の声、旅に役立つ情報やツールを紹介しながら、旅にまつわる偏見を無くしていきます。 ■関連する旅行記・旅行計画作成サイト: Compathy



関連する旅行カテゴリ

# 東京のお土産 # 日本

関連する旅行記事