【グアムの物価】日本と比較して高い?グアム旅行予算の目安になる物価情報:ブランド品/買い物・食事・観光など

日本から近いグアムは、手軽な海外旅行先として人気があります。でも、何かとお金がかかるのが海外旅行。予算オーバーでは楽しさも半減してしまいますよね。そこで、ここでは飲食費や交通費など場所や方法別に物価情報をお伝えし、グアムならではのお買い得ブランドや品物なども紹介します。グアム滞在中の予算はこれで完璧!ぜひご覧ください!

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy MagazineライターのPortです。

グアムといえば、近くてリゾート気分を満喫できるのに、リーズナブルなのが大きな魅力。
でも、旅行に掛かるお金はそれだけではありません。現地での飲食代や交通費などは別であることも多いため、いくら用意するべきか悩む人も多いと思います。

そこで、ここではグアムでの滞在中に必要な飲食・交通などの物価について、日本と比較しながら種類ごとに詳しくレポートしました。併せて、生活用品やブランド品・コスメなどの物価情報もお伝えし、グアムで買うとお得なものも紹介しています。

これを読めば、コスパの良いグアム旅行になること間違いなしです!

 

■目次

1ページ目: グアムの物価基本情報
 - グアムの通貨「ドル」と物価上昇率の状況について
 - グアムの関税事情について
 - グアムと日本の物価比較
 - 観光やショッピング時におすすめなのはクレジットカード?現金?

2ページ目: 食事(レストラン・カフェ・他外食)の物価
 - レストランのコースの物価・値段
 - マクドナルドのメニューと値段・物価
 - カフェのコーヒーや軽食の値段・物価
 - ビールやその他アルコール(バーなど)の値段・物価

3ページ目:飲食物(スーパー・コンビニなどのお店)の物価
 - 水(ミネラルウォーター/スーパー・レストラン)の値段・物価
 - コーラやジュース類(スーパー/レストラン)の値段・物価
 - 缶ビール(スーパー)の値段・物価

4ページ目:買い物・ショッピング時の目安となる値段・物価
 - 高級ブランド品の値段・物価
 - 化粧品・コスメの値段・物価
 - 生活用品の値段・物価

5ページ目:観光・移動における物価と掛かるお金
 - タクシーの料金・物価
 - シャトルバスの料金・物価
 - 空港の市内へのアクセスに必要な料金・物価
 - ホテルへの宿泊料金の目安

6ページ目:グアムとサイパンの物価比較/ビーチリゾート地の観光情報
 - グアムとサイパンの物価比較
 - あわせて読みたい!ビーチリゾート地の観光情報

 

グアムの通貨「ドル」と物価上昇率の状況について

$7.07

 

グアムはアメリカ本土から遠く離れた西太平洋にある島ですが、アメリカの自治属領なので通貨も本土と同じ「USドル(アメリカドル)」を使用しています。

通貨の単位は「ドル」と「セント」で、1ドル=100セント。

グアムの物価は上昇する傾向にあり、2018年末の商品の総価格は2017年の同時期と比べて2.3%上昇したと報告されています。
中でも食料品や電気の上昇率は3%近くとなっており、これらは間接的に旅行者の負担となることでしょう。

また、為替の影響も受けるので、旅行時のレートはチェックしておきましょう。

【お金の種類】
・紙幣:1,5,10,20,50,100ドル
・コイン(呼び名):1(ペニー),5(ニッケル),10(ダイム),25,50セント、1ドル

 

グアムの関税事情について

KZ99_tax_free_450

 

グアムは輸入品に対する税金(関税)のかからない「フリーポート(自由港)」です。このため、グアムでは関税を課す国よりも輸入品を安価で購入することができ、大変お得です。免税範囲を超えないように注意して買い物を楽しみましょう。

また、消費税もありませんので、関税と消費税を合わせると、日本国内で買うよりもかなり安く入手することができます。ただし、グアムには6%の売上税(GRT)を課す店舗があり、内税・外税または業者負担など方式は様々です。また、宿泊施設では11%のホテル税がかかります。

 

グアムと日本の物価比較: 日本より物価は高い?

supermarket

 

物価の安い国が多い東南アジア地域において、グアムの物価は高い方です。この背景には、アメリカ領であるということと、島であるため多くの製品が本土や別の地域から輸送されてくるため物流費がかかってしまうことにあります。

また、チップの習慣があるので、代金の10~15%ほどを上乗せすることも必要です。
このため、関税のかからない輸入品以外は、日本と同じか少し高いくらいと考えると良いでしょう。

例えば、500㎖のミネラルウォーター1本が1ドル(111円)。日本だとコンビニで買っても100円前後ですから、やはりグアムの方がちょっと割高といえますね。

(注:本記事では1ドル=111円で換算しています。)

 

グアムの観光やショッピングでおすすめなのはクレジットカード?現金?

Wallet - Money

 

グアムを旅行におすすめなのは、クレジットカードをメインに使用し、少額の現金を持ち歩くことです。
グアムはだいたいどこのお店でもクレジットカードが使えます。海外でも通用するVISAやMaster Cardはもちろん、JCBやダイナースもほぼ問題ありません。カードなら盗難にあってもリスクが少ないので安心です。

ただし、タクシー・バスの乗車時やホテルなどでチップを渡すときには小銭が必要なので、1ドルなどの少額紙幣を中心に持っておくと良いでしょう。カード利用がメインなら、1万円程度持っていれば十分です。

なお、大手の銀行では1~20ドル程度の少額紙幣がセットになった「パック」での外貨両替を扱っています。100ドルパック、300ドルパックなどがあり、成田空港でも両替できます。これを当座の分として用意しておき、あとは現地のコンビニなどで買い物をして細かくすると良いでしょう。

 

【おすすめ記事】海外好き必見!インスタグラマーが行く、今話題の「北スペイン」フォトジェニック旅♪

みなさま、北スペインってご存知ですか?

バスクチーズケーキで有名な美食の街サン・セバスティアンでのバル巡りや、現代アートと歴史的な街並みが融合するビルバオ、海に囲まれた岩山の上にあるサン・フアン・デ・ガステルガチェ教会、スペインで最も美しい村と言われるサンティジャーナ・デル・マルなど、1回の旅行では満喫しきれないくらいの魅力が詰まった北スペイン。

今回はそんな人気急上昇の北スペインを、トラベルインスタグラマーのSATOKTOさんにフォトジェニックな旅レポートをしていただきました!

海外旅行好きの方にはおすすめの記事です。
是非、ご覧ください♪

 

1 2 ... 6
Port

Port

自然や歴史に触れるのが大好き!旅先で新しい自分を見つけられることが楽しくて、東南アジアやヨーロッパなどを個人旅行で訪れました。でも、語学が苦手な私には旅行前の情報収集が欠かせません。このような経験から、事前リサーチを徹底したい方のお役に立てるような内容を心掛けて執筆しています。



関連する旅行カテゴリ

# グアムの観光 # グアムの物価 # グアムのショッピング・買い物

関連する旅行記事