【海外旅行ひとり旅(女子)】あなたにぴったりの海外旅行先のおすすめをご紹介!

近年増えてきた女性の海外ひとり旅。自由気ままに行動できる気楽さが最大の魅力です。 そこで、この記事ではひとり旅の目的別に、女性にとって魅力溢れるおすすめの海外旅行先を14ヵ所厳選して紹介します。また、女性なら特に心配な現地の治安についても、しっかりと情報をお伝えします。ひとり旅を検討中の女性は、ぜひご覧ください!

新サービスigual(イグアル)開始!!
\ 500円からできる社会貢献で夢の旅へ♪第一弾は屋久島の超豪華リゾート!! /


大都会でワンランク上の大人な海外旅行・女子ひとり旅

ニューヨーク(アメリカ):ひとり旅でも巡りやすい!ハイセンスな女性におすすめの海外旅行

スタイリッシュでハイセンスな女性あこがれの街ニューヨーク。アメリカが誇る大都会です。

ニューヨークにはアートな雰囲気のブルックリン、黒人文化が根付くヒップホップ発祥の地ブロンクス、地元の人が多いクイーンズ、マンハッタン島への無料フェリーや9・11メモリアルのあるスタテンアイランド、そして最も有名なマンハッタンの5つの地区があります。

中でもマンハッタンにはブランド好きにおすすめの五番街、個性的な魅力あふれるソーホー、ブロードウェイミュージカルの中心タイムズスクエア、ランドマークとして有名なエンパイアステートビルや自由の女神などがあり、狭いエリアでも満喫できるのでひとり旅におすすめです。流行の最先端を感じる海外旅行になること、間違いなしです。

 

■治安状況

ニューヨークはアメリカ全体から見れば治安のよい都市ではありますが、日本に比べればはるかに悪い状況にあります。また、銃社会の危険が潜んでいることを十分に理解することが大切です。

日本人の被害報告としては、スリや置き引きなどの窃盗のほか、白タクによる乗車運賃の不正請求、詐欺や恐喝などがあります。注意を怠らないようにし、危険を感じたら早めに警察に通報しましょう。

 

■物価情報

500㎖ペットボトルの水1本:1ドル(約111円)

世界的にみても物価が高いと言われるニューヨーク。旅行にまつわる宿泊費・外食費なども日本より高めのうえ、チップやサービス料がかかるので更に割高になります。
屋台のランチもお洒落な店や観光地だと10ドルを超えることもしばしばです。ただし、多くがアメリカンサイズなので、女性なら大満足のボリュームです。

※ 1USD=約111.46JPY

 

■おすすめの観光スポット3選

1.自由の女神
2.タイムズスクエア
3.ソーホー

 
 

パリ(フランス):美意識高い女性におすすめ!優雅なひとり旅が絵になる海外旅行に

Arc de triomphe de l'Étoile

 

世界の芸術・ファッションの中心地「花の都」パリ。女性なら誰もが憧れる高級ブティックや、ひとり旅でじっくりと掘り出し物を探したい骨董市など、魅力的なエリアがたくさん。

見どころも多く、凱旋門やエッフェル塔、ノートルダム大聖堂やシャンゼリゼ通りなど、どこを切り取っても絵になる街…それがパリです。
また、世界の名画を集めたルーヴル美術館、オルセー美術館など、絵画好きには何日あっても足りません。優雅にカフェで休みつつ、ゆったりと名画を鑑賞する…そんな贅沢な時間を過ごしたい女性におすすめの海外旅行先です。

※ノートルダム大聖堂は2019年4月の火災により修復中です。

 

■治安状況

パリではメトロ内や観光スポットなどでのスリ、レストランやホテルでの置き引きなど、多数の被害が出ているので、注意が必要です。中には睡眠薬を混入した飲食物を使用し、眠っている間に盗難や性的被害にあったケースも報告されています。

また、色々と理由をつけてクレジットカードを操作させ、暗証番号を盗み見る手口もあります。どんな理由があっても相手にカードを預けないようにしましょう。

 

■物価情報

500㎖ペットボトルの水1本:1ユーロ(約125円)

フランスはヨーロッパでも物価の高い国ですが、パリは特に高い傾向にあります。外食費もかさみがちですが、美術館の入館料も15ユーロ前後かかるので、予算に組み込んでおくと良いでしょう。
ただし、農業国なので食材そのものは日本より安いです。チーズなどもリーズナブルに試すことができますよ。

※ 1EUR=約125.24JPY

 

■おすすめの観光スポット3選

1.オルセー美術館
2.ルーブル美術館
3.ノートルダム大聖堂

 
 

ロンドン(イギリス):格調高い海外旅行をしたい女性におすすめ!アフタヌーンティーでひとり旅を満喫しよう

London

 

伝統と格式が魅力のイギリスの首都ロンドンは、大英帝国時代の輝かしい歴史を今に伝える街です。
女性のあこがれ、アフターヌーンティーを優雅に楽しんだら本場のミュージカルを好きなだけ鑑賞する…ひとり旅を満喫できる楽しさがこの街には溢れています。曜日ごとに開催される骨董市は、アンティーク好き必見!ぜひ巡ってみましょう。

観光スポットとしてはバッキンガム宮殿の衛兵交代やロンドンのシンボル“ビッグベン”、グリニッジ天文台など多数ありますが、中でもおすすめは世界最大級の大英博物館。世界各地に植民地を持っていたイギリスならではの所蔵品を見ていると、何か所も海外旅行した気分になれますよ。

 

■治安状況

ロンドンの治安は東京と比較すると、殺人3倍、強盗128倍とあまり良くありません。
地下鉄やバスの中、レストランなどでのスリや置き引き被害は多く報告されており、観光地などでは話しかけて注意をそらしている間に犯行に及ぶなど、グループによる手口も見られます。十分な注意が必要です。

 

■物価情報

500㎖ペットボトルの水1本:1ポンド(約146円)

イギリスはヨーロッパでも物価が高い国。特にロンドンはその傾向が強く、食事代も例外ではありません。有名なイングリッシュ・ブレックファストやフィッシュ&チップスも7ポンド(約1,000円)しますから、出費を抑えたい人はテイクアウェイを利用すると良いでしょう。
ただし、ロンドン市内の博物館・美術館などの常設展は無料のところが多いので、入館料などの出費は抑えられるでしょう。

※ 1GBP=約146.35JPY

 

■おすすめの観光スポット3選

1.バッキンガム宮殿
2.大英博物館
3.ビッグベン(ウェストミンスター宮殿)

 
 

海外・女子ひとり旅を満喫するために

Memories of Stuttgart

 

治安が良い日本に住み慣れていると、危うい行動をしていることに気づかないこともあります。諸外国の治安は日本よりも悪いことが多いので、同じ感覚でいると非常に危険です。特に、女性ならではの注意が必要なこともあるので、次の点に留意して海外旅行を楽しめるようにしましょう。

 

■持ち物の注意点

貴重品は分散して身に付け、目も手も離さないようにしましょう。現金は必要なだけ用意し、残りは安全に保管すると良いです。
ホテルの部屋には貴重品を放置せず、在室時はチェーンロックも併用しましょう。カギがあっても従業員は出入り自由です。

また、クレジットカードを使うようにすれば、大金を持って無くすようなことも防げるため、必要に応じて活用すると良いでしょう。
(暗証番号入力時は手元を隠すようにするなどの対策は必要です。)

 

■旅行中の観光時の注意点

見知らぬ人を安易に信用しないようにし、夜間の外出や人通りの少ないところへの立入は控えましょう。
また、薬物には手を出さないようにするべきです。厳罰を科す国もあります。

寺院など宗教施設を見学する場合や信仰心の篤い国では、肌の露出を控えましょう。長袖の服や大きめのストールなどを持ち歩くと便利です。

また、万が一犯罪に巻き込まれた場合は、命を守ることが最優先です。
国によっては相手が銃などの武器を所持していることもありますから、抵抗せずに安全な場所へ逃げることを最優先にしましょう。
 

おわりに

ここでは女性のひとり旅だからこそ楽しめる国や都市を14か所ピックアップして、エリアごとの見どころと、物価情報を交えて紹介しました。この記事をご覧になった女性が、ひとり旅に挑戦したくなったり、今までとは違う旅先を考えたりして頂けたら、とても嬉しいです。
また、女性なら特に気になる現地の治安についても、外務省の最新データに基づいてお伝えしました。ひとり旅を安全で楽しいものとするために、対策の参考にして頂けたらと思います。

1 ... 3 4
新サービスigual(イグアル)開始!!
\ 500円からできる社会貢献で夢の旅へ♪第一弾は屋久島の超豪華リゾート!! /


Port

Port

自然や歴史に触れるのが大好き!旅先で新しい自分を見つけられることが楽しくて、東南アジアやヨーロッパなどを個人旅行で訪れました。でも、語学が苦手な私には旅行前の情報収集が欠かせません。このような経験から、事前リサーチを徹底したい方のお役に立てるような内容を心掛けて執筆しています。



関連する旅行カテゴリ

# 海外旅行のおすすめ・準備・ランキング

関連する旅行記事