【スペインの宗教】キリスト教とイスラム教の文化融合のあるスペインの信仰割合は?16世紀の宗教裁判・教会建築・宗教美術と併せて現地在住の筆者が紹介

人々の生活に宗教や他文化が溶け込んでいるスペイン。例えば人の名前や祝日はキリスト教に由来するものが多く、また料理ではバターよりオリーブオイルやラードがよく使われるなど、目線を変えるとヨーロッパとアフリカの間で揺れ動いた歴史が見えてきます。今回はそんなスペインを、宗教という点からフォーカスして現地在住者が解説します。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


スペインのイスラム教の歴史

続いて、スペインとイスラム教のかかわりを見てきましょう。イスラム勢力が侵攻してきたのは711年ごろ。イスラム教もこの時に入ってきます。破竹の勢いでイベリア半島を北上したイスラム勢力はキリスト教徒を半島北部に追い詰めますが、改宗を迫ることはなく納税によって宗教選択の自由が保たれていました。
また、灌漑技術や米、ナス、玉ねぎなど多くの食材をイベリア半島に持ち込んだのもイスラム勢力。その後のスペインに多大な影響を与えました。

718年ごろレコンキスタがはじまり、キリスト教勢力との境界線は徐々に南下します。1251年、キリスト教勢力がグラナダのナスル朝を除く国土を回復。レコンキスタは1492年のグラナダ陥落で完了します。

 

スペインのイスラム教建築と宗教美術

約800年もの間、イスラム支配下にあったイベリア半島。中でも地理的にアフリカに近いスペイン南部のアンダルシア地方は中心都市として最後まで砦となった地域です。

1492年、レコンキスタが完了してスペインが統一されると、イスラム教徒はグラナダから追放され、モスクは接収されて多くはカトリック教会に姿を変えていきます。

それでもイスラム文化の痕跡は拭い去れるものではなく、今もそこかしこにイスラム文化の名残りが見られます。そして、それがスペインの持つ独特の魅力にもつながっているといえるでしょう。イスラムの影響を強く残した代表的な建築物には以下のようなものがあります。

 

アルハンブラ宮殿:美しい庭園も必見!

アラビア語で赤い城を意味する「アルハンブラ宮殿」は、シエラネバダの麓、グラナダを見下ろす小高い丘の上に築かれた城塞都市。スペイン屈指の世界遺産です。
その名のとおり内部には宮殿もありますが、礼拝のためのモスクや市場、学校、軍事要塞(アルカサバ)などが備わっていて、数千人が暮らしていたといいます。

ムカルナスと呼ばれるイスラム建築様式の鍾乳石飾りの天井装飾や、床や柱にびっしりとはめ込まれたタイルなど、当時のイスラム文化の水準の高さには目を見張るものがあります。美しい庭園なども必見です。

スポット名:アルハンブラ宮殿
住所:Calle Real de la Alhambra, s/n, 18009 Granada
参考サイト:アルハンブラ宮殿

 

セビリア大聖堂:イスラム時代のモスクの跡地に建設された世界で三番目の大きさの教会

セビリア大聖堂」は、レコンキスタが完了した15世紀から約1世紀をかけて、イスラム時代のモスクの跡地に建設された教会です。サン・ピエトロ大聖堂(バチカン)、セント・ポール大聖堂(ロンドン)に次ぐ、世界で三番目の大きさを誇る大聖堂です。

敷地内のヒラルダの塔はイスラム時代にはミナレットだったもの。土台部分にイスラム様式を残したままキリスト教の鐘楼がつぎ足されています。また、アラビア風の噴水なども残されていて、イスラムの雰囲気をかすかに感じることができるでしょう。

スポット名:セビリア大聖堂
住所:Av. de la Constitución, s/n, 41004 Sevilla
参考サイト:セビリア大聖堂

 

メスキータ-コルドバ大聖堂:キリスト教とイスラム教が混ざり合う!

メスキータの通称でよく知られるコルドバの「メスキータ-コルドバ大聖堂 (Mezquita-Catedral de Córdoba)」はぜひ見ておきたいところです。
もともとここにあったのは西ゴート族のサン・ビセンテ教会ですが、イスラム勢力が拡大した8世紀初頭よりイスラム教モスクへと姿を変えます。その後、1236年、カスティーリャ王フェルナンド3世の軍によりコルドバが奪還され、モスクはカトリック教会に再転用されることになりました。

赤白のアーチが連なる円柱の森と、カトリックの大聖堂が同時に存在する不思議さ…。ここを訪れることで、本記事でご紹介してきたキリスト教とイスラム教の歴史を視覚的に見ることができるでしょう。

スポット名:メスキータ-コルドバ大聖堂
住所:Calle Cardenal Herrero, 1, 14003 Córdoba
参考サイト:メスキータ-コルドバ大聖堂

 

12 3 4
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Compathy Magazine編集部

Compathy Magazine編集部

Compathy Magazineは、「タビ」や「カイガイ」への固定概念を超えて、新たな旅の魅力や価値観、それを実現する新しい旅の方法を届けたいという想いから生まれました。 世界各国に住む現地の人々の声、旅に役立つ情報やツールを紹介しながら、旅にまつわる偏見を無くしていきます。 ■関連する旅行記・旅行計画作成サイト: Compathy



関連する旅行カテゴリ

# スペインの宗教 # スペイン

関連する旅行記事