【スペインの宗教】キリスト教とイスラム教の文化融合のあるスペインの信仰割合は?16世紀の宗教裁判・教会建築・宗教美術と併せて現地在住の筆者が紹介

人々の生活に宗教や他文化が溶け込んでいるスペイン。例えば人の名前や祝日はキリスト教に由来するものが多く、また料理ではバターよりオリーブオイルやラードがよく使われるなど、目線を変えるとヨーロッパとアフリカの間で揺れ動いた歴史が見えてきます。今回はそんなスペインを、宗教という点からフォーカスして現地在住者が解説します。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy Magazine編集部です。スペイン在住ライターからスペインの宗教情報についての寄稿がありました。現地からの情報をご紹介します!!

スペインは大西洋と地中海に囲まれたイベリア半島のキリスト教国です。とはいえ、過去には長いイスラム支配の時代もありました。ちょうど日本の年代でいうと奈良時代初頭から、平安時代、鎌倉時代、そして室町時代の始めまで、実に約800年。

これだけ長い間、他文化、他宗教の影響を受けてきた痕跡がスペインに残っていないわけはありませんよね?今回はそんなスペインの宗教について、宗教教育や宗教美術を織り交ぜながら紹介します。これを知っておくと、旅行の際に少し違った目線からスペインを見ることができるかもしれません。

 

■目次

1ページ目: スペインで信仰されている主な宗教分布・割合・宗教教育事情
 - スペインで信仰されている主な宗教・割合
 - キリスト教について
 - イスラム教について
 - スペインの宗教教育事情

2ページ目: スペインのキリスト教の歴史・教会建築と宗教美術
 - スペインのキリスト教の歴史
 - 16世紀の宗教裁判と魔女狩り
 - サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路
 - スペインのキリスト教・教会建築と宗教美術
 - 16世紀の宗教画家:エル・グレコ
 - 16世紀の宗教画家:ディエゴ・ベラスケス
 - トレド大聖堂(カテドラル・プリマダ・デ・トレド):複数の様式が取り入れられている荘厳で美しい教会
 - ブルゴス大聖堂(サンタ・マリア・デ・ブルゴス大聖堂):世界遺産!スペイン北部ブルゴスの大きく美しい大聖堂

3ページ目: スペインのイスラム教の歴史・教建築と宗教美術
 - スペインのイスラム教の歴史
 - スペインのイスラム教建築と宗教美術
 - アルハンブラ宮殿:美しい庭園も必見!
 - セビリア大聖堂:イスラム時代のモスクの跡地に建設された世界で三番目の大きさの教会
 - メスキータ-コルドバ大聖堂:キリスト教とイスラム教が混ざり合う!

4ページ目: スペイン観光の関連情報
 - イスラム文化の影響が色濃く残るスペイン・グラナダのおすすめ観光スポット情報
 - キリスト教とイスラム教文化が混在するスペイン・セビリアのおすすめ観光スポット
 - キリスト教、イスラム教、ユダヤ教という3つの文化を感じられる!世界遺産の古都スペイン・トレドの観光スポット12選!

 

スペインで信仰されている主な宗教・割合

キリスト教にもさまざまな宗派がありますが、スペインはそのうちカトリックが多数を占めています。スペイン政府の発表では国内宗教施設のうちカトリック礼拝堂の割合が約70%。残り30%のうちの約58%がキリスト教プロテスタント、22%がイスラム教という構成です。わずかながら仏教施設も存在していて、日本人にとって興味深いところです。

スペインではキリスト教施設、それに続いてイスラム教施設が多いという結果ですが、ここでまずキリスト教、イスラム教がどんな宗教であったかをおさらいしてみます。

データ参照:スペインの宗教の統計(スペイン語)

 

キリスト教について

キリスト教は、イスラム教、仏教と並ぶ世界三大宗教の1つで、全宗教の中で最も多い約22億人の信者を持っています。ナザレのイエスをキリスト(救世主)とし、多くの教派で父と子と精霊を唯一神(三位一体)として信仰しています。

西ローマ帝国の旧領である西欧を中心に発展した西方教会、主に東ローマ帝国の旧領であるギリシャや東欧で発展した東方教会と、これらの前身の初代教会に分けられます。すべての教派が聖書(旧約聖書・新約聖書)を教えの源泉としていますが、聖書以外の教えの源泉を認めるか否か、信条、使用される用語などは教派によっていろいろな違いがあるとされています。

 

イスラム教について

イスラム教は1400年以上前、アラビアで預言者ムハンマドが設立した宗教で、世界中には約16億人の信者がいます。クルアーン(コーラン)を教典とし、偶像崇拝を厳格に禁じてアッラーだけを唯一神として信仰しています。信者が一日5回、決まった時間に決まった方角に向かって礼拝を行うことはよく知られていますね。

イスラム教の礼拝所といえばモスク。モスクはアラブ語ではマスジド。ずいぶん発音が違いますね?実はモスクとは、スペインがイスラム支配下にあった時代にスペイン語でメスキータ(mezquita)と呼ばれていたものが、英語読みで訛ったものとされています。
 

スペインの宗教教育事情

現在のスペインは信仰の自由が認められていますが、国民の多くはキリスト教。ただ、最近は少し様子が変わってきています。
カトリックの伝統的には子供が誕生したら洗礼を受け、8~10歳ごろ聖体拝領式を行いました。また、学校教育の中に宗教教育が必修科目として盛り込まれ、婚姻は宗教婚で離婚は認められていませんでした。

近年は洗礼や聖体拝領式をしない家庭もあり、他宗教徒の増加に配慮して宗教教育も必修ではなくなっています。また、宗教観以外の要素もあって、結婚は民事婚、または結婚しないカップルも増え離婚も増加しています。
とはいえ、国民の祝日の多くは宗教関連で、宗教行事は復活祭とクリスマスを中心に大々的に祝われます。

1 2 ... 4
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Compathy Magazine編集部

Compathy Magazine編集部

Compathy Magazineは、「タビ」や「カイガイ」への固定概念を超えて、新たな旅の魅力や価値観、それを実現する新しい旅の方法を届けたいという想いから生まれました。 世界各国に住む現地の人々の声、旅に役立つ情報やツールを紹介しながら、旅にまつわる偏見を無くしていきます。 ■関連する旅行記・旅行計画作成サイト: Compathy



関連する旅行カテゴリ

# スペインの宗教 # スペイン

関連する旅行記事