海外旅行に安く行けるおすすめの国 11選:旅行おすすめシーズン・高い/安い時期・物価情報まで紹介!

海外旅行は高そう…と思いがちですが、実は安く楽しめる国もあります。現地の物価が安ければ、リッチに過ごしても格安で済むことも!でも、それには行き先と旅行のタイミングを選ぶことがポイントです。この記事では、安く行けるおすすめの海外旅行先11ヶ所と、旅行代金の変動、現地の物価情報について詳しくお伝えします。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


海外旅行の安い時期と高い時期はいつ?おすすめの旅行シーズン情報

11月・12月・1月:年末年始の相場は高め!でも冬は旅行のベストシーズン

日本を含め多くの国が年末年始の休暇に当たるため、12月は旅行代金が高くなりがちで、マレーシア、香港などは最も高くなります。ただし、年末年始を避ければ価格も落ちつきます。一方で、旧正月が祝日となる中国(上海)は安めです。

割高な時期ではありますが、タイ・マレーシア・カンボジア・ベトナムなどの国々は暑すぎる夏に比べて冬の方が過ごしやすいため、気候的にはベストシーズンになります。なお、バリ島は雨季にあたるため、年末年始を除けば価格も安めです。

 

2月・3月:大学生の卒業旅行・春休みシーズンは割高に

乾季にあたる多くの東南アジア諸国は過ごしやすく、旅行には適した時期です。
しかし、2月ごろから大学生の卒業旅行、3月は春休みシーズンになるため、旅行代金の相場は上がりがちです。特に2月の上海は旧正月にあたるため、他の地域よりも割高傾向となります。

 

4月・5月・6月:大型連休のGWは最高値!でも6月は格安に

4月後半から5月前半にかけては大型連休のGWがあるうえに、雨季前で天候に恵まれるため、特にベトナム・タイ・カンボジアなどでは年間で最も旅行代金の高いシーズンとなります。

一方、雨季に入るところが多くなり、祝日も長期休暇もない6月は、旅行代金が安くなる傾向にあります。集中的に降るスコールなどが気にならないのであれば、多くの国で最安値となる6月が格安旅行におすすめのシーズンです。

 

7月・8月:夏休みは高値傾向、でも暑すぎる国の人気は低迷

タイ・ベトナム・カンボジア・マレーシアなどでは蒸し暑く雨の多い日が続き、観光には向かない時期にあたるため、旅行代金は夏休み期間でも安値傾向にあります。しかし、南国らしい緑の濃い季節でもあるので、リーズナブルな旅や通常より安く泊まれる高級ホテルでのステイを中心に楽しむなら、お得なシーズンです。

その他の多くのエリアでは8月のお盆の時期を中心に高値となり、グアムでは年間で最も高い時期となります。

 

9月・10月:夏の暑さと雨は落ちつきつつも台風リスクあり

祝日が多く、上手くいけばシルバーウィークを利用して長期休暇が取りやすい9月・10月には、アジア諸国も徐々に夏の酷暑から解放され始め、10月には雨が少なくなります。タイ・ベトナム・マレーシア・カンボジアなどはベストシーズンと同じくらい快適に観光できる日が増えてくるのに、旅行代金は安値傾向にあるのでおすすめです。
ただし、この時期は台風が来ることがあるので、タイミングが悪いと観光船や飛行機などが欠航となるリスクがあり、注意が必要です。

一方、上海では「上海フェスティバル」が始まり、各種イベントが開催され観光スポットの代金が半額になるなどで人気が上がり、旅行代金は割高です。

 

おわりに

日本から近いアジアの国々は航空運賃がかからず現地の物価も安いところが多いので、「手軽に安く行ける海外」として人気があります。
しかし、旅行代金は時期によって大きく変動します。休暇を取りやすい年末年始や夏休みはかなり割高になりますが、その時期を外せばリーズナブルにリッチな旅を楽しむことも可能です。ただし、東南アジアでは雨季と乾季によって観光の向き・不向きがあるので、現地の情報もよく調べて旅行の予定を立てましょう。

近いとはいえ異国情緒たっぷりのアジアの国々は、数日間の旅程でも十分に楽しめるのが魅力。この記事が旅行先を決めるお手伝いになれば嬉しいです。

1 ... 3 4
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Port

Port

自然や歴史に触れるのが大好き!旅先で新しい自分を見つけられることが楽しくて、東南アジアやヨーロッパなどを個人旅行で訪れました。でも、語学が苦手な私には旅行前の情報収集が欠かせません。このような経験から、事前リサーチを徹底したい方のお役に立てるような内容を心掛けて執筆しています。



関連する旅行カテゴリ

# 海外旅行のおすすめ・準備・ランキング

関連する旅行記事