海外旅行に安く行けるおすすめの国 11選:旅行おすすめシーズン・高い/安い時期・物価情報まで紹介!

海外旅行は高そう…と思いがちですが、実は安く楽しめる国もあります。現地の物価が安ければ、リッチに過ごしても格安で済むことも!でも、それには行き先と旅行のタイミングを選ぶことがポイントです。この記事では、安く行けるおすすめの海外旅行先11ヶ所と、旅行代金の変動、現地の物価情報について詳しくお伝えします。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


タイ:格安でラグジュアリーな旅を満喫できる「微笑みの国」

Wat Phra Kaew, Temple of the Emerald Buddha, Bangkok, Thailand

 

エキゾチックなムードのタイは、各地に残るタイ王朝時代の遺跡が魅力。「微笑みの国」と呼ばれ、日本とは趣の異なるきらびやかな仏教寺院もみどころの一つです。

また、世界三大スープの「トムヤムクン」など、エスニック・ブームの火付け役とも言えるタイ料理も人気。物価が安いのでバックパッカーも多く、高級ホテルに泊まってもリーズナブルです。

日本からタイへは直行便でも6~7時間かかりますが、便数も多くLCCも利用できるので、アクセスしやすいのもおすすめポイントです。

■物価情報

500㎖ペットボトルの水1本:10バーツ(35円)

タイは物価が安いので、輸入品などを除けば食料品・生活用品は日本の3分の1から4分の1の価格で入手できます。宿泊費やマッサージなども同様なので、航空運賃はそれなりにかかりますが、滞在費用を抑えられるので豪華な旅も楽しめます。

※レート:2019年3月末現在 1THB=3.4921JPY

 

マレーシア:多様な文化に支えられたアジア一の高層ビルも!

Petronas twin towers

 

他民族国家のマレーシアには、観光・グルメ・ショッピングといろんな国の文化に触れられる楽しさがあります。グルメだけでもマレー料理・インド料理・中華料理を格安で味わえるので、各国を巡ったような気分になれますよ。

もちろん、熱帯の濃い緑と、モスクやヒンズー教の寺院などのエキゾチックな雰囲気もマレーシアならでは。アジアで最も高いビル「ペトロナス・ツイン・タワー」も必見です。

マレーシアはLCC「エア・アジア」の本拠地であり、比較的安い航空運賃で行けるのも魅力です。

■物価情報

500㎖ペットボトルの水1本:1.5リンギット(41円)

飛行機や現地の交通費なども含め、全体的に物価が安いマレーシアでは日本のおよそ3分の1程度で購入できるものが多いです。
特に宿泊費用を抑えられるので、割安感はアジアNo.1と言われるほど。コスパの良さを思う存分楽しめます。

※レート:2019年3月末現在 1MYR=27.1334JPY

 

ベトナム:アジアの熱気とフランスの香りが漂う国

IMG_1158

 

南北に長いベトナムは、北部の首都ハノイ、熱気に溢れる南部のホーチミン、ビーチリゾートのダナンなど、地方によって様々な魅力のある国です。国内線を使っても数千円、タクシーの初乗りが60円程度と交通費が安いので、周遊してもリーズナブルです。

可愛い雑貨を探して市場を訪れたり、ベトナム料理やコーヒーに舌鼓を打ったり、ビーチでのんびりしたりなど楽しみ方はいろいろ。フランス統治時代の建造物や、世界遺産のホイアン、フエといった観光スポットも多いです。

■物価情報

500㎖ペットボトルの水1本:4,500ドン(22円)

ベトナムの物価は非常に安く、宿泊費を除いた滞在費用(食事・交通費など)はアジアで最も安いと言われ、地元のお店なら日本の7分の1で買えてしまうものもあるくらいです。ただし、輸入品や観光客向けのレストランなどは高いので、注意しましょう。

※レート:2019年3月末現在  1VND=0.0048JPY

 

カンボジア:人気急上昇!世界遺産「アンコール遺跡群」の国

Angkor Wat

 

内戦が終わり急成長を遂げているカンボジアは、近年になって人気が出てきた国です。世界遺産「アンコール・ワット」「アンコール・トム」などの巨大な遺跡群があり、とても一日では見切れないほど。周辺には市場もあり、可愛い雑貨やフランス統治時代の建物を利用したおしゃれなお店などを見てまわるのも楽しいですね。

直行便が1日1本というのが難点ですが、乗り継ぎ便のLCCを利用するとエア代を押さえられ、現地の物価も安いので滞在費もリーズナブルです。

■物価情報

500㎖ペットボトルの水1本:750リエル(21円)

物価は日本よりも安く、ローカルのお店なら食事代もリーズナブル。麺類なら200円でお釣りが来ます。また、現地通貨のリエルのほか、USドルが使えるのもポイント。ただし、お釣りはリエルで返されるのが一般的です。

※レート:2019年3月末現在 1KHR=0.028JPY

 

1 2 34
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Port

Port

自然や歴史に触れるのが大好き!旅先で新しい自分を見つけられることが楽しくて、東南アジアやヨーロッパなどを個人旅行で訪れました。でも、語学が苦手な私には旅行前の情報収集が欠かせません。このような経験から、事前リサーチを徹底したい方のお役に立てるような内容を心掛けて執筆しています。



関連する旅行カテゴリ

# 海外旅行のおすすめ・準備・ランキング

関連する旅行記事