【ローマの治安】旅行者の不安材料「治安」。地下鉄は?夜の外出は・・・?イタリア在住者は語る!

「君よ知るや南の国」と詩人のゲーテに歌われたイタリア。様々な魅力が満載のローマですが、旅行者の不安はなんといっても「治安」。ガイドブックにもしつこいほど並ぶ「要注意」の文字。しかし、実際にはどんなことに気をつければいいのでしょうか。楽しい旅を台無しにしないために、知っておくべきローマの治安をイタリア在住者が紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


ローマの夜間の過ごし方

Brücke mit Vatikan im Hintergrund

ローマは、南欧の伝統に忠実で夕食の時間が日本と比べるとかなり遅いため、町は夜遅くまでにぎわっています。レストランの営業時間が夜の8時からということも珍しくありません。
観光客が訪れる市内のレストランは、夜7時ごろからオープンするのが大半。ですから、ホテルが市内にあれば、人通りがあるため夜の外出もそれほど神経質になることはないでしょう。

ホテルが郊外にある場合は、郊外行きのバスの本数が少ないことからタクシーを利用するほうが安全です。地下鉄は23時半に始発駅を出るものが最終電車となります。また、バスも夜間の運航は「Notturno」と呼ばれ、路線や時刻表も昼間とは変わります。それまでには、ホテルに戻るのが賢明です。

 

自分でできる犯罪対策例

EN-788YW 270715 CPS

日本は世界でも稀にみる治安のよい国。その感覚で海外を旅行すると、盗難などの被害にあってショックを受けることも。せっかくの旅行にケチがついてしまわないよう、自分自身で責任を持った行動をすることが楽しい旅行成功のカギ。

まず、旅行中に守らなくてはいけないもの、それは命、パスポート、クレジットーカード、携帯電話、現金です。この優先順位をしかと頭に叩き込み、万が一盗難にあったりぼったくりにあってもパニックを起こさずに冷静に対応することが大事です。

また、コトが起きてしまった後は時間を無駄にせずに処理に当たれるよう、パスポートのコピー、クレジットカードの番号、カード会社の連絡先などを用意しておきましょう。
 

ローマ旅行中の緊急連絡先

Credit Card

スリや盗難にあった場合、まずしなくてはいけないのはカード会社に連絡し、使用を停止してもらう必要があります。それぞれのカード会社は、24時間日本語で対応している番号があるはず。出発前に確認しておきましょう。

次は、盗難届です。
ローマでは、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の近くにある警察署、テルミニ駅構内の警察署に行くと日本語の盗難届用紙が用意されています。
発行してもらった盗難届がなければ、紛失したパスポートの発行やクレジットカードの再発行も難しいため、なにはさておいても盗難届を出しましょう。

■内務省長官(Commissariato Viminale)
住所:Via Farini, 40  00185 Roma(サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂近く)
電話番号:064620391 

 

■ローマテルミニ鉄道警察(Polizia Ferroviaria Roma Termini)
住所:Via Marsala(テルミニ駅構内(1番線ホームの奥))
電話番号:0647307790

 

パスポートの紛失・盗難

Photo credit: Muttley (Self-published work by Muttley) [Public domain], via Wikimedia Commons

パスポートの再発行のためには、日本大使館に赴く必要があります。
地元の警察が発行した盗難届、パスポートのコピーのほか写真も必要になります。

大使館では、日本人のスタッフが写真が撮れる場所などを教えてくれますので電話で尋ねましょう。大使館内は治外法権ですが、入り口で厳しいチェックがあります。身分を証明できるものを必ず持参してください。

ローマの日本大使館は、地下鉄B線レプッブリカ駅より徒歩10分ほど。
うまくいけば、午前中に必要書類を提出し午後に受け取ることができます。ただし、週末や祭日は休館です。

■日本大使館
住所:Via Quintino Sella, 60 00187 Roma
電話番号:0642014998(領事部)
公式・参考サイト:在イタリア日本国大使館

 

あわせて読みたい!イタリア・ローマの観光情報

憧れの地イタリアへ!都市別観光スポットを知れば行きたくなる!

ローマやイタリアの各都市の治安の注意事項を読んでいると怖くて観光もできなくなりそう、と思われるかもしれません。しかし、これは海外にいくならばイタリアに限ったことではありません。

イタリアは、こうした治安の状況をさしおいてでも見る価値のあるものであふれています。どうか、体力も気力も充実させてこの国の魅力を心ゆくまで味わってください。

そして、一度その魅力に取りつかれると、リピーターにならざるを得ない魔力があるのがイタリア。汲めども尽きぬ見どころを、町ごとに楽しんでください。

関連記事
■「初めてのイタリア旅行必見!都市別のおすすめ旅行スポット27選
 

ローマ定番土産は見逃せない!喜ばれるお土産選びをするなら参考にしてみて!

La pasta !

農業王国であることを誇るようなおいしくて健康的な食材、各地の修道院が連綿と伝えてきた製法を守るコスメやリキュール、モダンな色使いやデザインが楽しい雑貨、知名度は高くなくても確かな品質を誇る工房で作られたバッグやアクセサリー。

イタリアは、お土産選びでさえも文化の奥の深さを感じさせてくれる国です。お土産をもらった人がうれしいだけではなく、それを購入する旅行者もわくわくさせてくれるこの醍醐味!

ローマではどんなお土産が購入できるのでしょうか。家族や友人たちにだけではなく、自分のためにも散財して帰国後に思い出に浸るのも一興です。

関連記事
■「雑貨とコスメを求めてショッピング!ローマで絶対外せないお土産と購入スポットまとめ
 

ローマの旅行記ブログを読んで計画を立ててみない?

古代、中世、近代、それぞれの歴史を抱くローマは、美術館や遺跡のほかにも見るべきものであふれています。ローマを旅行した人たちが、それぞれのスタイルや好みに合わせて独自の「ローマ」を発見し、ブログやソーシャルで公表しています。

こうした先達たちの思い出を参考にして、あなたもぜひローマを訪れて、あなただけのローマを発見してみてください。遺跡の一角にひっそりとたたずむ名もない彫刻にも、石畳の小道沿いの小さなお店にも、あなただけのローマがあなたを待っています。

関連記事
■「悠久の観光聖地!イタリア・ローマのおすすめ観光スポット29選と口コミ旅行記
 

おわりに

ガイドブックにもしつこいほど書かれている、ローマ旅行中の治安と危険。
逆説的に言えば、日本がどれだけ安全な国かということでもあります。もちろん、旅行前に万全を期すことが基本中の基本です。
しかし、見聞を広げることが海外旅行の目的の一つなのですから、他国の文化や風習は旅行中にさまざまな形で経験することになるのは当然のこと。
そうした状況も理解しつつ、ローマの魅力を存分に味わうことが大人の旅行の楽しみ方といえます。

ぜひ、心臆さず充実したローマでの滞在を楽しんでください。

1 ... 3 4
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


cucciola(イタリア現地在住ライター)

cucciola(イタリア現地在住ライター)

イタリアの歴史に魅せられて、この地に住むこと十数年。ローマを見下ろす山の小さな家に、コレクションしたイタリアの書籍をぎゅうぎゅう詰め込んで生活中。平日は雑誌や書籍やニュースを読んで過ごし、週末は風の向くままあちこちを放浪。イタリアの空気や香りが伝わるようなニュースを発信いたします!



関連する旅行カテゴリ

# ローマの治安 # イタリアの治安

関連する旅行記事