【東京の夜桜の名所】有名スポットから超穴場まで!イベントも夜桜も楽しもう!

桜の季節がやって来ます!お花見イベントや夜桜を楽しめるライトアップ。春の訪れに気持ちも浮き足立ちます。 誰もが知っている有名なお花見会場も、しっとり落ち着いたお寺などもいいものです。宴会も楽しめるロケーション、穴場スポットや桜以外のお花などの役に立つ情報もあります。 束の間に散ってしまう桜だから目一杯楽しみましょう!

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


【千代田区/九段下】靖国神社:開花を決める基準木で有名な桜があるお花見スポット

桜@靖国神社

 

■桜の種類:ソメイヨシノ
■桜の見頃・本数:3月下旬~4月上旬・500本

開花を決める標準木があることでも有名な靖国神社の桜。毎朝ニュースなどで報道があるのでお花見の日程も決めやすいですね。
広い境内には時期になれば500本もの桜が見頃を迎えます。

美しい桜を写真に納めたくはなりますが、まつり期間中は三脚を使っての撮影は禁止。歩く人の迷惑にならないよう気を付けて撮影しましょう。
また、周辺には屋台も多数出ていますが境内での酒宴は禁止です。

スポット名:靖国神社
住所:東京都千代田区九段北3丁目1ー1
最寄駅地下鉄九段下駅
ライトアップ時間:なし
ライトアップ期間:なし
公式・参考サイト:靖国神社

 

夜桜・花見のイベント情報

期間中は外苑や広場などに70店ほどの屋台が出ます。
また4月21日からの春季例大祭に先立ち、能楽や和楽器演奏、落語などの芸能奉納、奉祝行事としてプロレスや相撲などが行われます。相撲以外は花見期間中なので、時間を合わせて見学することもできます(有料プログラムもあります)。

神池前に出店されていた麹町靖國講による「桜茶屋」、2019年は出ないそうですよ。

イベント名:千代田のさくらまつり
入場料:無料
営業時間:ライトアップ、屋台は21:00まで(内苑は18時で閉まります)
定休日:なし
公式・参考サイト:千代田のさくらまつり

 

【千代田区/市ヶ谷】外濠公園:駅からすぐ!便利で気軽なお花見スポット

■桜の種類:ソメイヨシノ、ヤマザクラなど
■桜の見頃・本数:3月下旬~4月上旬・240本

濠の方へせりだした桜を潜るようにして歩くことができる外濠公園。市ヶ谷の駅から1分という好立地も人気の秘密です。
シートを敷いてお弁当を広げることもできますが、通行の邪魔にならないよう遊歩道と車道の間の緑地に場所を取るようにしてください。

スポット名:外濠公園
住所:東京都千代田区五番町
最寄駅:中央線『市ヶ谷駅』』丸ノ内線『四ッ谷駅』
ライトアップ時間:なし
ライトアップ期間:なし
駐車場:なし
公式・参考サイト:外濠公園

 

夜桜・花見のイベント情報

外濠公園でのイベントはありませんが千代田のさくらまつりに組み込まれているので、近くを周遊バスも通ります。うまく捕まえられると気軽に他の会場の桜も見学できて便利ですよ。

イベント名:千代田のさくらまつり
入場料:無料
定休日:なし
公式・参考サイト:千代田のさくらまつり

 

【港区】お台場海浜公園:敷地のあちこちで長い期間花見を楽しめる!タイミングが合えばチューリップとのコラボも

■桜の種類:カワヅサクラ、ソメイヨシノ、サトザクラ
■桜の見頃・本数:2月下旬~4月上旬・230本

様々な桜の種類が楽しめるお台場海浜公園。広い敷地に桜が点在しているので、ロケーションも合わせて色々な表情が楽しめます。

2月から桜が楽しめる上に、他の花ばなもたくさん植わっているので、お花好きの人にはたまらない公園ですね。

潮風公園ではヤシの木と桜の、台場公園では自由の女神と桜のコラボをそれぞれ見ることができます。SNS映えする写真を狙ってみましょう!

スポット名:お台場海浜公園
住所:東京都港区台場1丁目4
最寄駅:ゆりかもめ『お台場海浜公園』、りんかい線『東京テレポート』
ライトアップ時間:なし
ライトアップ期間:なし
駐車場:あり/2時間600円
公式・参考サイト:お台場海浜公園

 

夜桜・花見のイベント情報

桜に関しては特にイベントはなくライトアップもないのですが、チューリップは切り花無料配布やガイドツアー、チューリップカフェなどの出店もあり盛り上がります。もちろんライトアップもされます。
桜の開花が間に合えば、チューリップと桜を一緒にフレームに収めることもできます。いかにも春らしい光景、見てみたいものですね!

イベント名:『チューリップフェスティバル2019』
入場料:無料
営業時間:3月29日13:00~20:00、3月30日10:00~16:00
定休日:なし
公式・参考サイト:『チューリップフェスティバル2019』

 

【港区】東京タワー/芝公園:桜と東京タワーが一度に楽しめる、外国人観光客にも大人気スポット!

■桜の種類:ソメイヨシノ、ヤマザクラなど
■桜の見頃・本数:3月下旬~4月上旬・200本

東京タワーの足元に広がる芝公園。咲き誇る桜と東京タワーを一緒に写真に収めることができるスポットとしてとても人気です。
桜自体のライトアップはありませんが、ご存じの通り東京タワーが美しく照らされるので、しみじみと美しい桜を見学することができます。

東京タワーの上からも、タワーを見上げながら桜を見ても美しいおすすめスポットです。
芝公園内の1号地、17号地は木もたくさんあって見ごたえがありますが、こちらは通路が狭いためシートを広げての花見は禁止。ゆっくりくつろぎたい方は23号地でお弁当などを広げるようにしましょう。

スポット名:東京タワー/芝公園
住所:東京都港区芝公園4丁目2ー8
最寄駅:都営三田線『御成門駅』『芝公園駅』
ライトアップ時間:なし
ライトアップ期間:なし
駐車場:なし(近くに公共のパーキングあり)
公式・参考サイト:東京タワー/芝公園

 

夜桜・花見のイベント情報

東京タワーのメインデッキに啓翁桜、吉野桜など見頃に合わせて展示する「東京タワーお花見デッキ」が登場。遠くを見通せるタワーの窓際に桜を生けた不思議なディスプレイを楽しむことができます。

また、フットタウンではコラボメニューもお目見え。注目は3階の「マザー牧場カフェ」で提供される、33.3㎝の「さくらタワーパフェ」。濃厚なソフトクリームはマザー牧場の新鮮な生乳を使用したもの。イチゴゼリーや生クリーム、イチゴババロアでさくら色の東京タワーを表現します。

イベント名:東京タワー桜フェス
入場料:大人900円(メインデッキまでの料金で見学できます)
営業時間:9:00~23:00(最終入場22:30)
定休日:無休
公式・参考サイト:東京タワー桜フェス

 

【港区】増上寺:東京タワーと桜、増上寺を一度に写真に収められる超有名スポット!

■桜の種類:ソメイヨシノ、シダレザクラ
■桜の見頃・本数:3月中旬~4月上旬・200本

桜が咲くこの時期は桜と増上寺、そして後ろに東京タワーというなんとも贅沢な風景が見られる貴重なチャンス。是非カメラをもってお花見に行きましょう。

また、増上寺内には徳川家ゆかりの品を納めた宝物殿や徳川家墓所(両方有料)など散策にも興味深い場所がたくさんあります。
徳川家墓所には味わい深い桜があるのですが、有料の見学施設だからかあまり混雑していません。じっくりと桜を愛でることができるのもいいですね。
600年の歴史を感じながらお花見、なんとも贅沢です。

スポット名:大本山増上寺
住所:東京都港区芝公園4-7-35
最寄駅:都営三田線『御成門』
ライトアップ時間:(例年は)日没~21:00
ライトアップ期間:不明(桜の開花時期に合わせるため)
駐車場:なし
公式・参考サイト:大本山増上寺

 

夜桜・花見のイベント情報

ちょうど桜の開花時期に御忌大会が行われます。「御忌」とは浄土宗の元祖法然上人の忌日法要のこと。
大勢の僧侶や稚児さんが練行列を行ったり、大殿前舞台では舞楽が奉納されるなどの行事が催されます。あまり詳しくなくても重厚な行事に厳かさを感じます。

イベント名:御忌大会
入場料:無料(一部有料もあり)
営業時間:4月2日~7日/10:00~
公式・参考サイト:御忌大会

 

1 ... 3 4 56
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Compathy Magazine編集部

Compathy Magazine編集部

Compathy Magazineは、「タビ」や「カイガイ」への固定概念を超えて、新たな旅の魅力や価値観、それを実現する新しい旅の方法を届けたいという想いから生まれました。 世界各国に住む現地の人々の声、旅に役立つ情報やツールを紹介しながら、旅にまつわる偏見を無くしていきます。 ■関連する旅行記・旅行計画作成サイト: Compathy



関連する旅行カテゴリ

# 東京 # 東京の観光 # 東京の大自然・絶景 # 日本

関連する旅行記事