カナダ随一の大都市トロント。治安は良い?悪い? カナダ在住者が現地の治安と注意点を解説します

カナダは、ワーキングホリデーや留学・旅行先として人気があります。カナダ最大の都市トロントに行きたいという人も多いのではないでしょうか?皆さんがトロントで安全に過ごせるように、現地の治安や注意事項をカナダ在住筆者がお伝えします。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


あわせて読みたい!トロント・カナダの旅行・観光ページ


カナダ最大都市トロントの天気とおすすめの服装まとめ

カナダにも、日本と同様に四季があります。トロントの夏は蒸し暑い日も多いですが、夜は遅くまで明るいので1日でいろんな事を楽しむ事ができます。冬は氷点下になり雪が多く降りますが、ウィンタースポーツが好きな人にはぴったりですよ。

トロント滞在を楽しむには、やはり天気や気温が気になりますよね。この記事では、トロントの天気やおすすめの服装を季節毎に紹介しています。気温などもリアルタイムでチェックできるので便利です。おすすめの観光スポットも載っているので、お見逃しなく!

関連記事
■「知っておこう!カナダ最大都市トロントの天気とおすすめの服装まとめ

カナダ・トロント旅行を満喫!おすすめ観光スポットTOP10

トロントのおすすめ観光スポットを紹介している記事です。定番のCNタワーや博物館・美術館は、アクセスが簡単なので短期の滞在でも楽しめます。

スポーツ観戦好きなら、エアカナダセンターに行きましょう。ホッケーのトロント・メープルリーフやバスケットボールのラプターズの本拠地になっています。カナダの大富豪が建てたカーサ・ロマも観光客に人気があります。巨大なお屋敷や広い庭園は、一見の価値があります。

筆者のおすすめは、トロント・アイランド・パークです。ダウンタウンからすぐ行けるにも関わらず、ビーチでリラックスできます。遊園地もありますよ。記事を参考に、楽しい旅行の計画を立ててくださいね。

関連記事
■「カナダ・トロント旅行を満喫!おすすめ観光スポットTOP10

 

空港から市内までどう行く?トロント空港からのアクセス方法

TTC Flexity Outlook #4402

日本からトロント空港に到着した時には、長いフライトの後で疲れていると思います。迷わずに市内まで行きたいですよね。そんな時に役立つのがこの記事です。

楽に早くダウンタウンに行きたいなら、UPエキスプレスに乗りましょう。約25分でユニオン駅に着きます。「とにかく節約したい。」という人は、TTCのバスと地下鉄を利用すれば最安値でダウンタウンまで行けます。バス利用するならGoトランジットもあります。タクシーを使用すると高いですが、大人数の場合と行き先によっては安くなる場合もあります。

関連記事
■「空港から市内までどう行く?トロント空港からのアクセス方法

おわりに

トロントの治安についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

「カナダは安全でのどかな国」というイメージを持っている人が多いかもしれません。確かに人々はとても親切でフレンドリーですし、他の国々と比べるとかなり安全とは言えるでしょう。しかし、日本に比べると危険な目にあう確率は高いです。

但し、「深夜に、公共交通機関を使用したり外を歩かない」「危険な地域や挙動不審な人には近づかない」「よく知らない人にはついて行かない」など基本的な事を守るだけで、被害に合う確率は下がります。

カナダでは、困っていると頼まなくても周りの人が助けてくれる事が多いです。万が一危険な状況に陥った時は、躊躇せずに大声で助けを求めましょう。嫌な体験をする事無く、皆さんのカナダ滞在が楽しいものになるように願っています。

1 ... 4 5
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


BLUE SKY(カナダ現地在住ライター)

BLUE SKY(カナダ現地在住ライター)

旅行が好きで、55ヵ国以上への渡航歴があります。ヨーロッパ周遊バックパッカーの旅・超豪華アメリカ・ヨーロッパ旅行・ダイビング・カリビアンクルーズ他色々な体験をしました。現在はカナダ在住で、北米とヨーロッパを中心に旅行しています。カナダ横断ロングドライブ・ロサンゼルス~バンクーバー北米西海岸縦断ドライブにも 挑戦しました。旅行の素晴らしさを、多くの方々に知ってもらいたくて執筆しています。



関連する旅行カテゴリ

# トロント # トロントの観光 # トロントの治安

関連する旅行記事