九州の玄関口・博多駅で購入できるお土産:福岡グルメから銘菓まで勢ぞろい!おすすめのお土産を福岡在住ライターが紹介!

国内最大級の駅ビルを有する博多駅。明太子から銘菓まで、福岡で人気のお土産が何でも揃う便利なスポットです。福岡限定のおすすめスイーツや新定番グルメも外せません。今回はそんな博多駅でおすすめのお土産について紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

博多どうなつ(薩摩蒸気屋):行列ができる焼きドーナツ

出典:amazon

薩摩蒸気屋といえば「かるかん」や「かすたどん」など鹿児島の銘菓で有名な菓子メーカーですが、博多では揚げない焼きドーナツ「博多どうなつ」で有名です。
博多阪急のデパ地下エリアにある薩摩蒸気屋で販売されていて、訪れる時間帯によってはちょっとした行列もできる人気商品です。

タイミングがよければ焼きたてを味わうことができますが、焼きたてのドーナツは日持ちしないので、お土産に買うなら包装されている日持ちタイプがおすすめです。自分用と友達へのお土産用で買い分けるといいですね。

商品名:博多どうなつ
販売元:薩摩蒸気屋
販売店舗:博多阪急店(JR博多口側)
営業時間:日~木曜日10:00~20:00 金・土曜日10:00~21:00
電話番号:092-419-5892
日持ち:焼きたて2日、日持ちタイプ2週間
保存方法:常温
値段:焼きたて1個87円、日持ちタイプ1個99円
公式・参考サイト:博多どうなつ

 

博多の女(博多菓子工房二鶴堂):博多土産の定番!ひと口サイズのロールケーキ

出典:楽天

博多の女(ひと)」は昭和47年からロングセラーの博多土産の定番とも言えるお菓子で、福岡の中洲で昭和27年に創業した二鶴堂を代表する商品です。
和のお菓子である小豆洋かんを洋菓子のバームクーヘンで包んだひと口サイズのロールケーキで、博多人形のパッケージが印象的です。

このほかにも、白あんベースのミルク洋かんをあまおう苺味のバームクーヘンで包んだ「あまおう苺ミルク味」も販売されています。
ピンク色で可愛らしい見た目なので、こちらは女子へのお土産におすすめですよ。

商品名:博多の女
販売元:二鶴堂
販売店舗:博多マイング店(JR筑紫口側)
営業時間:9:00〜21:00
電話番号:092-441-6442
日持ち:30日
保存方法:常温
値段:6個入329円
公式・参考サイト:博多の女

 

なんばん往来(さかえ屋):甘酸っぱいラズベリージャムがおいしいオリジナル商品

出典:楽天

さかえ屋は福岡県飯塚市に本社を置く老舗菓子メーカーで、最中などの和菓子からケーキなどの洋菓子まで幅広いジャンルのお菓子を販売しています。

なんばん往来」はさかえ屋の数ある商品の中でも一番人気で、今まで1億5千万個も売れているヒット商品です。アーモンド粉100%の生地をサクッとした食感のパイで包んでいて、中には甘酸っぱいラズベリージャムがサンドされています。
チョコレートや博多あまおうなど、期間限定の商品が販売されることも。
博多阪急のデパ地下では、八女星野茶や門司港バナナなどを取り入れた限定のなんばん往来も購入できますよ!

商品名:なんばん往来
販売元:さかえ屋
販売店舗:博多阪急(JR博多口側)
営業時間:日~木曜日10:00~20:00 金・土曜日10:00~21:00
電話番号:092-461-1381
日持ち:約3週間
保存方法:常温
値段:1個160円
公式・参考サイト:なんばん往来

 

博多駅のお土産 【和菓子編】

博多ぶらぶら(博多菓匠 左衛門):たっぷりのあんとやわらかいお餅の博多銘菓

出典:楽天

博多ぶらぶら」は昭和4年創業の老舗和菓子店・博多菓匠左衛門を代表する商品で、やわらかい求肥を北海道産の小豆を使ったあんで包んだ博多銘菓です。
博多どんたくの傘鉾(かさぼこ)をイメージしたユーモラスなパッケージの絵が印象的ですが、実はそのキャラクターのモデルは2代目の社長さんとのこと。

地元ではそのキャラクターが踊って登場するCMで知られています。福岡出身の人へ贈れば、懐かしい思い出がよみがえるようなお土産です。
あんがたっぷり使われているので、甘党の人におすすめです。

商品名:博多ぶらぶら
販売元:博多菓匠 左衛門
販売店舗:博多マイング店(JR筑紫口側)
営業時間:9:00~21:00
電話番号:092-472-2893
日持ち:20日
保存方法:常温
値段:6個600円
公式・参考サイト:博多ぶらぶら

 

梅ヶ枝餅(かさの家):太宰府名物を博多駅で!

出典:楽天

福岡の人気観光スポット・太宰府天満宮のお土産として有名な「梅ヶ枝餅」。参道には梅ヶ枝餅のお店がいくつも軒を連ねています。
大正11年に旅籠(はたご)として創業した「かさの家」は、その中でも人気の高いお店のひとつです。かさの家の梅ヶ枝餅は外側をパリっと焼き上げた薄めの生地と、上品な甘さの粒あんが特徴。

太宰府まで行く余裕がない人でも、博多駅筑紫口の「博多キヨスク本舗」で購入することができます。焼きたてをその場で食べるのがおすすめですが、持ち帰ってトースターで温めて食べるとおいしくいただけますよ!

商品名:梅ヶ枝餅
販売元:かさの家
販売店舗:博多キヨスク本舗
営業時間:8:00~20:00(要確認)
電話番号:不明
日持ち:常温で翌日まで、冷凍で約1か月
保存方法:常温・冷凍
値段:1個120円
公式・参考サイト:梅ヶ枝餅

 

1 ... 6 7 8 ... 16
aki

aki

こんにちは!Compathy MagazineライターのAkiです。大学時代から旅行が大好きで、これまでカナダ・ネパールなど9か国の海外旅行や、日本一周鈍行列車の旅を経験。趣味が高じて旅行会社にも務めていました。旅先でしか味わえないローカルフードや、「ここだけは押さえておきたい!」おすすめ観光スポットをメインに、旅を楽しむための情報をお伝えしていきます!



関連する旅行カテゴリ

# 福岡のショッピング・買い物 # 博多のお土産 # 福岡のお土産 # 博多 # 日本

関連する旅行記事