雄大なトルコの大地で巡る世界遺産!有名な観光名所から近年登録されたものまでトルコ通の筆者がご紹介

有名なイスタンブール歴史地域やカッパドキア以外にも、トルコには魅力的な世界遺産がたくさんあるのをご存知でしょうか?人類の手による古代遺跡や、自然が創り出した美しい景観など、多種多様な遺産を余すところなくご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

アフロディシアス:大規模なローマ式の競技場が残る遺跡

アフロディシアスには保存状態の良いローマ時代の遺跡が残されています。
1~2世紀頃に造られた大規模なローマ式の競技場には、約3万人が収容可能で、階段状になっている客席が今でもしっかりと残っています。また教会としても使われていたイオニア式のアフロディーテ神殿のほか、議事堂、劇場なども残されています。

アフロディシアス博物館にはこの地域で発掘されたものが展示されており、石像やレリーフ、石棺など、見応えがあります。

スポット名:アフロディシアス(Aphrodisias)
世界遺産認定年:2017年
住所:Geyre Mahallesi, 09385 Karacasu
公式・参考サイト:アフロディシアス

 

セリミエ・モスクと複合施設群:オスマン帝国の古都エディルネを象徴するモスク

Provided by foursquare-icon-16x16

トルコ史上最高の建築家といわれるミマール・スィナンによって手がけられたセリミエ・ジャーミィは、彼自身が最高傑作と評するほどの大モスクです。
8本の柱に支えられた大ドームの直径は31.5メートルで、イスタンブールにあるアヤソフィア大聖堂をわずかに超える巨大ドームです。モスク内部には意味深な逆さまに描かれたことチューリヒのほか、101ものチューリップが描かれておりそれぞれ色、形、大きさが違います。
敷地内には、オスマン帝国時代にはクルアーンの学問所でもあったセリミエ・ワクフ博物館もあります。

スポット名:セリミエ・モスクと複合施設群(Selimiye Mosque and its Social Complex)
世界遺産認定年:2011年
住所:Meydan, Mimar Sinan Cd., 22020 Edirne Merkez/Edirne
公式・参考サイト:セリミエ・モスクと複合施設群

 

トロイの古代遺跡:ギリシア神話に登場するトロイの木馬に出会える

Photo credit: Jorge Láscar via flickr cc

紀元前800年頃に成立したギリシア最古最大の英雄叙事詩『イーリアス』のなかに記されているトロイ戦争の舞台となったといわれるトロイもトルコの世界遺産のひとつ。
紀元前3000年という昔にエーゲ海交易の地として栄えますが、繁栄と衰退を何回も繰り返したため、それぞれの時代に構築された都市が9つも残されています。

遺跡の入り口ではトロイの木馬が観光客を迎え入れ、遺跡の中へ入ると人の身長ほどの大きな壺やアテネ神殿、城壁、城門、劇場などがあります。

スポット名:トロイの考古遺跡(Archaeological Site of Troy)
世界遺産認定年:1998年
住所:Cevat Paşa Mahallesi, 17100 Merkez/Çanakkale Merkez/Çanakkale
電話番号:0286 283 0061
入場料:25TL
公式・参考サイト:トロイの考古遺跡

 

ブルサとジュマルクズック:緑豊かなオスマン帝国発祥の地

ブルサは、標高2,543メートルのウル山の麓にある自然豊かなる街で、1326年にオスマン朝の首都となり栄えました。美しい緑色のモスクや霊廟のほか温泉地としても有名です。

またジュマールクズクはブルサから東へ10キロメートルのとろこにある小さな村です。100年以上の歴史を持つ古民家が並び、土産物屋や昔ながらの味を楽しむことができるレストランが石畳みに沿って軒を連ねており、オスマン朝時代から残る伝統的な街並みの中を歩くことができます。

スポット名:ブルサとジュマルクズック(Bursa and Cumalıkızık)
世界遺産認定年:2014年
住所:Bura Turkey

 

1 2 3 ... 6
Zon(ぞん)

Zon(ぞん)

トルコ イスタンブールの魅力が少しでも多くの人に伝わりますように。海とモスクと飛行機が大好き。 >> instagramページ



関連する旅行カテゴリ

# トルコの観光 # トルコの世界遺産

関連する旅行記事