世界最小の猿「ターシャ」(メガネザル)を見に フィリピンへ!

世界最小のメガネザル、フィリピンターシャを見にフィリピンのボホール島へ行ってきました!ここでは、生息地や鑑賞スポット、可愛いぬいぐるみのお土産、セブ島からのアクセス、ボホール島のおすすめ観光スポットついてお伝えしていきます。

こんにちは。Compathy Magazineライターのあゆかです。

ターシャという猿を聞いたことはありますか?
この猿は私たちが動物園などで見ることができるニホンザルとは違い、体調は約10センチほどしかなく、世界最小の霊長類です。目が顔の半分ほどを占めています。この外見の特徴から日本ではメガネザルと呼ばれています。

私は、今回クリクリとした丸い目が特徴のフィリピンターシャをフィリピンのボホール島で観測してきました。そのあまりの小ささは見つけるのが困難なほどだったのを覚えています。

この記事では、ターシャについて紹介させていただきます。

 

ターシャの主な生息地・鑑賞方法 ”絶滅危惧種のメガネザル、ボホール島の自然保護区で”

メガネザル、ターシャは東南アジアのボルネオ島やスマトラ島などにも生息しており、日本でも上野動物園でみることができます。
しかし、クリクリとした丸い目が特徴のフィリピンターシャを観測できるのはフィリピンのみです。

数も少なく、とても小さい野生のフィリピンターシャは自力で見つけることはほぼ不可能です。しかし、ボホール島にあるターシャ自然保護区ではその姿を簡単に鑑賞することができます。

現地の自然保護区の入り口の看板には、英語でBOHOL TARSIERと大きく書かれていました。

 

ターシャ自然保護区について ”フラッシュ厳禁、静かな鑑賞スポット”

Provided by foursquare-icon-16x16

ターシャを見ることができる自然保護区の入園料は50ペソ(100円)前後です。
園内はそれほど広くなく、30分ほどで回ることができます。世界で一番小さい猿だけあり、なかなか自力で見つけることができませんでしたが、ガイドさんが場所を教えてくれす。

ターシャは繊細な性格のため、大きな声での会話や、フラッシュの撮影は禁止されています。
しかし、撮影自体はできるので、ガイドさんに携帯を渡すと、正面からの写真を撮影してくれます。

 

ターシャのお土産 ”小さなターシャのぬいぐるみを記念に”


ターシャ自然保護区には、出口付近に小さなターシャのぬいぐるみが売っている売店があります。

ボホール島でしか見ることのできないフィリピンターシャ、クリッとした目と手のひらに乗る大きさはとても可愛いです。しかし、もちろん本物を持って帰ることはできないので、ぬいぐるみをお土産に買って帰流のはいかがでしょうか。

 

セブ島からフェリーに乗ってターシャ自然保護区へ(行き方を紹介)

セブ島からターシャ自然保護区があるボホール島へはフェリーに乗って行くことができます。
セブ島のセブシティーポートからボホール島の、トゥビゴン港、タグビララン港のどちらかに30分に一本フェリーが通っています。
往復の値段は1000ペソ(2000円)前後で、乗車時間は1時間半ほどです。

ボホール島の港に着いたら、バンのドライバーさんが大勢待ち構えています。
ターシャ自然保護区を含めたボホール島の観光スポットの案内付きで、1日バンを借りるのが一般的です。

私が実際に行った際には拙い英語で、ドライバーさんと交渉したことを覚えています。一台の相場が大体2500から3500ペソ(5000から8000円)ほどのようです。

 

その他のボホール島観光スポット ”ターシャ以外にも魅力的なボホール島”

 

ボホール島では、ターシャを見る以外にも楽しめる場所があります。

ランチを楽しむなら、ロボク川クルーズ。船の中で川を下りながらビュッフェを食べる事ができます。
沢山の観光客が船に乗っているので、ギターの弾き語りで色々な国の歌を歌ってくれます。
私が乗った時は、涙そうそうを日本語で歌ってくれました。異国の地で日本の歌を聞けて嬉しかったです。

 

■ターシャに並ぶ観光スポット、チョコレートヒルズ

また、ターシャに並ぶ観光スポット、チョコレートヒルズもオススメです。
ここは辺り一面に沢山の小高い丘が広がっています。乾季になると、まるで沢山のチョコレートのように見える不思議な風景です。

 

ボホール島でターシャを見た旅行体験ブログはこちら!

■旅行ブログのページ
>> 2019 Philippine Bohol Island
ayuka

ayuka

海外旅行が大好きな大学生です!韓国、中国、フィリピン、カンボジアなどアジアを中心に行ってます。卒業旅行にはお金を貯めて、ヨーロッパ周遊をしたいと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# セブの観光 # フィリピンの観光

関連する旅行記事