カナダの物価は日本と比較して高い?安い? 食事・観光・お土産などのカナダの最新物価をカナダ在住の筆者が紹介!

「カナダに行くなら、カナダブランドの服やアウトドア用品を買いたい!」など、カナダならではのショッピングを楽しみにしている人も多いと思います。買い物以外にも必要な出費がいろいろとあるカナダ旅行。気になる現地の物価は日本と比較して高いのか、安いのか?観光・食事・お土産などの最新物価状況をカナダ在住の筆者がお伝えします!

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


カナダの観光・移動における物価と掛かるお金

College + Augusta

 

1. タクシーの料金・物価

Gary J. Wood from Toronto, ON, Canada [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

タクシーの初乗り運賃とその後加算される料金のレートは、市によって定められている場合もあります。下記のレートは改定されることもあるので、あくまでも参考にとどめてください。実際に現地でタクシーを利用する際には、事前にレートをチェックしましょう。

トロント:初乗り運賃(最初の143m含む)$3.25 、その後143m毎に$0.25加算
オタワ:初乗り運賃(最初の150m含む)$3.45 その後86m毎に$0.16加算となっています。

バンクーバーでは、初乗り運賃は$3.25〜$3.5くらい、その後1km毎に$1.88前後が加算され、モントリオールでの初乗り運賃は$3.45、その後1km毎に$1.70加算されていきます。

カルガリーでは、市によって認可されたアプリを所有しているTaxi, limousine and Transportation Network Companiesは、独自のレートを設定することが許されています。観光客が増加するホリデーシーズンやカルガリーで1番大きいイベント、スタンピート開催中など、タクシーの需要が高い時期には、タクシー会社がアプリ使用での料金を高く設定することができます。

タクシーを道で拾ったり電話で呼び出す場合には、市によってレートの上限が決められていますが、料金は会社によって差があります。上限レートは、初乗り(最初の120m含む)$3.80、その後120m毎に$0.20が加算となります。
 

2. 市内バスの料金・物価

トロントの市バスと地下鉄(TTC)はどちらも同会社の運営、モントリオールの市バスと地下鉄(STM)も一つの会社が運営しているので、切符はバスと地下鉄どちらにも有効です。
バンクーバーも同様で、バスやスカイトレイン・シーバスは同じ切符で利用できます。カルガリーのバスとC-トレインの切符も共通です。

大人普通運賃を現金で払うと、トロントとモントリオールでは、$3.25、バンクーバーはゾーン制になっており、1ゾーン$2.95、カルガリーでは$3.40です。

オタワでは、バス路線が充実しています。市内を走るレギュラーバスの大人普通運賃を現金で支払う場合は、$3.50です。こちらも電車と共通の切符となります。
どの都市でも、観光で1日にいろいろな場所に行きたい場合は、デイパスがお得ですよ。

カナダのバスでは車内アナウンスがないので、自分の降りる駅を乗り過ごさないように注意してください。また、お釣りがでないので、運賃通りの小銭を用意しましょう。
 

3. 地下鉄の料金・物価

トロントとモントリオールでは、地下鉄網が発達しています。バンクーバーのスカイトレインはほとんどが高架式ですが、一部地下を通るエリアがあります。カルガリーのC-トレインも、一部のみ地下鉄となっています。

オタワには、O-トレインと呼ばれる路面電車はありますが、地下鉄はありません。現在地下鉄の建設が進められており、2019年内には開通する予定です。

本記事のバスの項目でも述べていますが、バスと電車の切符はどちらにも有効で、料金は以下の通りです。大人普通運賃を現金で支払う場合、トロントとモントリオールでは$3.25です。バンクーバーの1ゾーンは、$2.95となっています。オタワが1番高く$3.50です。(2019年2月現在)

カルガリーのC-トレインは$3.40ですが、ダウンタウンエリアは何度乗っても無料です!

どの都市でも、マンスリーパスは1ヶ月乗り放題でお得です。頻繁に電車やバスを利用する場合には、マンスリーパスを購入することをおすすめします。
 

4. 空港からのシャトルバスの料金・物価

Raysonho @ Open Grid Scheduler / Grid Engine [CC0], from Wikimedia Commons

カナダでホテルに泊まる場合は、ホテルのシャトルバスサービス(無料・有料かはホテルによる)があれば利用することをおすすめします。

トロントでは、以前エアポートシャトルバスがありましたが廃止され、今はほとんどの人がUPエクスプレスを利用しています。大人料金$12.35で、ユニオン駅まで25分です。

オタワの空港からダウンタウンに行くには、タクシーや市バスを利用するのが一般的です。オタワの主要なホテルに泊まる場合は、いくつかのホテルを周るエアポートバスがあり、1人$16です。シャトルバスを個人で予約する時の運賃は、会社・人数・車種などで変わってきます。

バンクーバーでは空港直結のカナダラインを利用するのが一番楽で、値段も$2.95と安いです。

カルガリーでは、空港からは$15、空港へは$10で利用できるシャトルバスもよく使われています。毎日8a.m〜12p.mまで運行しており、30分毎に出発します。

モントリオールでは、空港からダウンタウンのバスターミナルまで、シャトルバス747エクスプレスで行くことができます。バスの車内でチケットを購入する場合は、$10です。
 

5. レンタカーの料金・物価

レンタカーの料金は、都市間の差というよりはレンタカー会社の差によることが多いです。

空港からダウンタウンへのアクセスが簡単で、市内の公共交通機関が便利なトロントやバンクーバーでは、短期滞在ではレンタカーを借りる必要はないかもしれません。オタワやカルガリー旅行の場合は、車の方が便利です。

バンクーバーやトロントなどの主要都市には、空港近くにも街中にもたくさんレンタカーショップがあります。バンクーバーやトロント、カルガリー、モントリオールなどでは、時期やショップによっては1日$10から借りられます。

オタワでは激安のレンタカーショップはなく、安くても1日$25以上はすると考えてください。
 

1 ... 3 4 56
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


BLUE SKY(カナダ現地在住ライター)

BLUE SKY(カナダ現地在住ライター)

旅行が好きで、55ヵ国以上への渡航歴があります。ヨーロッパ周遊バックパッカーの旅・超豪華アメリカ・ヨーロッパ旅行・ダイビング・カリビアンクルーズ他色々な体験をしました。現在はカナダ在住で、北米とヨーロッパを中心に旅行しています。カナダ横断ロングドライブ・ロサンゼルス~バンクーバー北米西海岸縦断ドライブにも 挑戦しました。旅行の素晴らしさを、多くの方々に知ってもらいたくて執筆しています。



関連する旅行カテゴリ

# カナダのお土産 # カナダの料理・グルメ # カナダのアルコール・ドリンク # カナダの持ち物・準備 # カナダの観光

関連する旅行記事