カナダの物価は日本と比較して高い?安い? 食事・観光・お土産などのカナダの最新物価をカナダ在住の筆者が紹介!

「カナダに行くなら、カナダブランドの服やアウトドア用品を買いたい!」など、カナダならではのショッピングを楽しみにしている人も多いと思います。買い物以外にも必要な出費がいろいろとあるカナダ旅行。気になる現地の物価は日本と比較して高いのか、安いのか?観光・食事・お土産などの最新物価状況をカナダ在住の筆者がお伝えします!

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


カナダの食事(レストラン・カフェ・他外食)の物価

 

1. レストランのコースの物価・値段

カナダではメニュー価格が高めな上にチップやTAXが上乗せされるので、外食をすると高くつきます。本記事にあるマクドナルドなどのファーストフードでも、安くありません。

中程度のグレードのレストランで、大人2人で3品ほどのコースを注文した場合、2019年2月の統計ではだいたい以下の価格になります。

トロントやオタワでは$80〜、バンクーバーやカルガリーなら$70〜、モントリオールでは、$60〜は最低でもかかるでしょう。これにチップやTAXが加わると$100以上になる都市もあります。

高級レストランではメニュー価格はもっと高いのは当然ですが、通常のディナーで払う20%程度のチップより多く払うことも多いので、更に多くの支払いをしなくてはなりません。
 

2. マクドナルドのメニューと値段・物価

日本のマクドナルドはメニュー価格が安いですよね。日本と比べると、カナダのマクドナルドで食事をしても安くありません。

同じ都市でも店舗によって値段が変わってくるのですが、平均的なビックマックなどのセット価格を比べてみます。下記の価格に、更にTAXがかかってきます。カナダのTAXは高いので、マクドナルドで食事しただけでこんなに払うの?!と感じる日本人が多いです。

やはりトロントやオタワは高めで約$10〜11、バンクーバーやモントリオールでは約$10です。カルガリーは少し安くて約$9となります。
 

3. カフェのコーヒーや軽食の値段・物価

カナダにはたくさんのコーヒーショップがあります。スターバックスなどの有名なチェーン店だけでなく、地元の個人経営カフェまで様々です。

カプチーノを例にすると、モントリオールが他の都市より安めで$3.5前後です。トロントやオタワ・バンクーバー・カルガリーではそれほど差はなく、$4〜$4.5です。カフェでのスイーツや軽食はあまり安くありませんが、コーヒー価格は日本とあまり差がないような印象です。

もっと安くコーヒーを飲みたいなら、Tim Hortons(ティム・ホートンズ)に行きましょう。オリジナルブレンドのスモールサイズのコーヒーが$1.6以下で買えます。店舗もたくさんあり、コーヒーだけでなく、ドーナツや軽食も安いですよ!
 

4. ビールやその他アルコール(バーなど)の値段・物価

カナダでは、激安でアルコールを飲める所はあまりありません。ビールを安く飲みたいという人は、リカーショップで購入して家で飲む方がいいかもしれません。

日本のレストランやおしゃれなバーと比べると驚くほど高価格な訳ではありませんが、会計時に20%ほどのチップとTAXが加算されるので高く感じます。もちろん、高級レストランとカジュアルレストランでは違ってきますが、だいたい平均すると以下のような価格となります。

0.5Lの国産生ビールの場合、トロントでは$8以上・他の都市(オタワ・バンクーバー・モントリオール・カルガリー)では$6.25〜$7くらいです。輸入ビール0.33Lボトルは、トロントでは約$8その他の都市では$7〜$7.5です。
 

1 2 3 ... 6
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


BLUE SKY(カナダ現地在住ライター)

BLUE SKY(カナダ現地在住ライター)

旅行が好きで、55ヵ国以上への渡航歴があります。ヨーロッパ周遊バックパッカーの旅・超豪華アメリカ・ヨーロッパ旅行・ダイビング・カリビアンクルーズ他色々な体験をしました。現在はカナダ在住で、北米とヨーロッパを中心に旅行しています。カナダ横断ロングドライブ・ロサンゼルス~バンクーバー北米西海岸縦断ドライブにも 挑戦しました。旅行の素晴らしさを、多くの方々に知ってもらいたくて執筆しています。



関連する旅行カテゴリ

# カナダのお土産 # カナダの料理・グルメ # カナダのアルコール・ドリンク # カナダの持ち物・準備 # カナダの観光

関連する旅行記事