人気上昇中!ニュージーランド古都クライストチャーチに行ってみた・概要&フライト編

古き良き町並みからおしゃれカフェまで新旧交じるニュージーランド・クライストチャーチ。超絶スケールの大自然満喫もよし、カフェ巡りの女子旅もよしと誰もが楽しめる!観光/アクティビティ・自然/カフェ/移動の4編で実録レポート。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

「ニュージーランド」と聞いてなにを思い浮かべますか?
周りの人に聞いてみたところ「羊」「キーウィ」「マオリ族(先住民)」「(ラグビーの)オールブラックス」。そうですね、オールブラックスは数年前の日本のCMにも出ていましたし、試合前に演舞する”ハカ”なんかは有名です。

ただ、何人かお隣のオーストラリアとごっちゃになっていた様子。……よし、ここでニュージーランドの魅力をはっきりさせておきましょう。
今人気上昇中のニュージーランド最古の街・クライストチャーチを中心に、大自然はもちろん新旧まざる街の様子からおしゃれカフェまで、老若男女が楽しめるクライストチャーチをどどんと紹介!

 

■目次

About ニュージーランド&クライストチャーチ
 - ニュージーランド概要
 - 古都・クライストチャーチってどんなところ?

空港とニュージーランド航空アプリを活用してみました
 - 空港で出発準備
 - クライストチャーチ航空アプリ使ってみました

いざ機内へ!
 - ニュージーランド航空初体験
 - 機内の様子
 - ニュージーランド航空機内サービス

 

【他の関連記事はこちら】
人気上昇中!ニュージーランド古都クライストチャーチに行ってみた・観光スポット編
人気上昇中!ニュージーランド古都クライストチャーチに行ってみた・おしゃれカフェ編
ニュージーランド古都クライストチャーチに行ってみた・アクティビティ&雄大自然編

 

About ニュージーランド&クライストチャーチ


ニュージーランド概要

オーストラリアの南東にあるニュージーランド。北島と南島の2島を中心に複数の島からなる、日本と同じ島国です。面積は日本の7割程度。時差は4時間です(一部離島を除く)。

もともと人類は居なかったようで、動物も独特の生態系をなしていたとのことです。800年代にマオリの祖先がニュージーランドに住むようになり、1600年台半ばにオランダ人が到達。その後イギリス連邦加盟国となり、今も古いイギリス調の建築も複数残っていてニュージーランドの見どころとなっています。
なんと国土の一割もが世界遺産になっているのだそう。
 

古都・クライストチャーチってどんなところ?

クライストチャーチには自然も、歴史ある建物も、ポップな建物もなんでもあり

クライストチャーチには自然も、歴史ある建物も、ポップな建物もなんでもあり (Credit: Graeme Murray)

クライストチャーチはニュージーランドの中で一番古い街ということもあり、最先端の建物と、イギリス調のクラシックな建物が混在しているのが特徴的でした。

またもともとある自然もさることながら、「ガーデンシティ」と呼ばれるくらいガーデニングが盛んで、花や緑が街なかでも本当にきれいです。(詳しくは「アクティビティ&雄大自然編」で!)

クライストチャーチに住んでいる日本人に、クライストチャーチの魅力はなにか聞いてみたところ、「他の街に比べ”ちょうどよい”サイズの街。オークランドの大都市ほど人が多くて疲れることもなく、でも自然もアクティビティも、新しい建物も古い建物も一通り揃っているので、観光も生活もしやすい。」とのことでした。
なるほど、実際行ってみて納得です。
 

空港とニュージーランド航空アプリを活用してみました


空港で出発準備

今回は成田から向かったのですが、ニュージーランド航空のオークランド直行便で11時間ほど。オークランドから国内線にて一時間半でクライストチャーチに到着しました。
 

出発前にクレジットカードラウンジで準備

クレジットカード会社のラウンジ

クレジットカード会社のラウンジ。航空会社のラウンジのように豪華ではないが、フリードリンク、電源、パソコンなど欲しい機能が揃っている。

空港ラウンジと言うと、良いクラスの席で行く人や一部会員だけのもののようにも感じますが、一定以上のクラスのクレジットカード会員が使えるラウンジもあります。
さすがにファーストクラスなどの人用ラウンジと同じ設備とは行きませんが、出発前までにいろいろ準備するにはかなり便利で愛用しています。クレジットカードラウンジだったら割と多くの人が利用できるのではないでしょうか?

今回はちょっと早めに空港に行って、フリードリンクを飲みながらラウンジの共用パソコンでメールチェック、カメラとスマホの充電なんかしていました。

あとはクレジットカード会社にこれから海外で使うことを電話連絡
たまにですが、急に海外でクレジットカードを使うと、普段の行動パターンと違う=盗難など不正使用ではないかとコンピュータが判断、決済されないことがあるのです。
そのため出発前にいつからいつまでどこの国に行くというのを電話一本しておくと、いざ海外で決済しようとして使えないなんてこともありません。
 

クレジットカードの活用のすすめ

海外では日本以上にお世話になる機会も多いクレジットカード。ニュージーランドはクレジットカードが多くの店で使えますので便利です。実は今回の旅では一度も現金を使いませんでした。個人的には現金持ちたくないので(落とすから)ありがたかったです。

またほとんどのクレジットカードには海外旅行保険が付いているので、いざという時も頼りになります。海外旅行保険は、旅行会社で申し込めたり空港の自販機でも打っていたりしますが、概ね同じくらいの補償がクレジットカードについていることが多いので、ぜひ一度ご自身のカードの保険内容を確認することをおすすめします。

なおクレジットカード付帯の海外旅行保険は発動条件がカード会社によって違うのでそちらもあわせて見ておきましょう。大体の場合、海外で一度でもクレジットカードで購入する、空港までの移動費をカードで払うなど、旅のどこかでクレジットカードを使うなど簡単に達成する条件になっていますので心配不要です。
 

クライストチャーチ航空アプリ使ってみました

ニュージーランド航空アプリ

ニュージーランド航空アプリにフライト情報を連携させればオンラインチケットに

今回はニュージーランド(オークランド)までも、クライストチャーチまでの国内線も往復ともにクライストチャーチ航空なので、クライストチャーチ航空アプリ「Air NZ」を使ってみました。
予約/購入済みe-ticketの表示/オンラインチェックインなど、多くの航空会社系アプリでできることは一通りできます。英語表記のみでしたが、アイコンも画面構成もわかりやすいので特に操作に困ることもありませんでした。

まずはアプリをダウンロード&インストール。
ニュージーランド航空を使うのは初めてなのでアカウントを作成。
飛行機のチケットは旅行代理店からe-ticketで届いていたので、既存チケットを追加で設定。
これで完了です。
例えばフライトが遅れるなどアナウンスが出たらアプリが教えてくれます。
チケットは画面内でQRコードで表示したり、iPhoneの「Wallet」に追加したりできます。

一番便利だったのは、空港の自動預け荷物機が簡単につかえること。
少なくとも今回利用したオークランド空港もクライストチャーチ空港も自動預け荷物機があり、スーツケースを自分でベルトコンベアに載せ、アプリのQRコードをかざせば勝手に流れていきました。自動預け荷物機の前には行列もなく待ち時間ゼロでいけました。

ニュージーランド側の自動チェックイン機

ニュージーランド側の自動チェックイン機。このあとの自動荷物預かり機でアプリが有用に。

 

いざ機内へ!


ニュージーランド航空初体験

ニュージーランド航空のボーイング787

ニュージーランド航空のボーイング787(提供:ニュージーランド航空)

ニュージーランド航空(エア・ニュージーランド)の機体が見えてきました。
国際線の機体は最新鋭のボーイング787ドリームライナーが採用されていました。

機体の黒に白地で葉っぱのようなシンボルと尾翼には渦巻きっぽいロゴが特徴的です。
お腹のシンボルはシダの葉っぱ、尾翼のロゴはシダの新芽だとのこと。

オールブラックスのシャツにもこの葉っぱのシンボルが黒地に白で描かれていますし、白黒とシダのシンボルはニュージーランド滞在中にいたるところで見ました。
シダは先住民マオリ族にとって大きな意味を持つのだそうです。
 

機内の様子

さすが最新787、エコノミーでしたがオークランドまでの直行11時間のフライトも楽しめました。

さて、離陸時間も近づいてきたらいつもの安全確認の時間。いつもならキャビンアテンダントが通路で救命胴衣やシートベルトのデモをやるあの時間ですが、そこで流れ出す軽快な音楽とラップ
モニターに安全確認のビデオが流れるのですが、かなり力の入ったミュージックビデオというかミュージカル調と言うか、ついつい見てしまうビデオです。
そういえば、しっかり注意を聞いてもらえるようにノリノリの安全確認ビデオがあるって話は聞いた気がしますが、ニュージーランド航空でしたか。。
百聞は一見にしかず、ニュージーランド航空の日本向けYouTubeチャンネルで公開されていますのでぜひ見てみてください。

他のビデオもこんな感じなのでニュージーランド航空の中の人は、ノリがいい人が多いようです。企画会議楽しいだろうなぁ。。
 

ニュージーランド航空機内サービス

機内食

飛行機旅のたのしみ、機内食

一番気になる機内食ですが、とても美味しかったです!
またニュージーランドはワインもウリのひとつで、赤白ワインとも積極的にサービスしに回ってきてくれていました。両方いただきましたがこちらも美味。
ワイン以外のお水やソフトドリンクも、席のタッチパネルから注文できます。従来の、手を上げて添乗員呼び止めたり、呼び出しランプ光らせるなどは目立ったり、キャビンアテンダントに気づいてもらえなかったりと気後れしがちだったのですが、気にせずドリンクを頼むことができました。

席のモニターからドリンクオーダーできる

席のモニターからドリンクオーダーできる

席のモニターからは他にもいろいろできて、他の座席の人とチャットしたり、同じゲームをプレイしたり、見ている映画を連動させたりもできました。席が離れてしまってもチャット連絡したり、隣同士のカップルで同じ映画をそれぞれの画面で見たりなど、いろいろな楽しみ方ができますね。

その他、免税品の購入はもちろん、携帯電話のニュージーランド現地SIMカードを買うこともできます。SIMフリーの携帯電話を持っていれば、飛行機内でSIMカードを入手し自分の携帯電話にセット、着陸したらすぐに安い国内料金で通信を始めることができます。

機能満載の席のモニター

機能満載の席のモニター。SIMも機内で買えるのはSIM派にはとても嬉しい。

【他の関連記事はこちら】
人気上昇中!ニュージーランド古都クライストチャーチに行ってみた・観光スポット編
人気上昇中!ニュージーランド古都クライストチャーチに行ってみた・おしゃれカフェ編
ニュージーランド古都クライストチャーチに行ってみた・アクティビティ&雄大自然編

 

K.G.

K.G.

主に広報宣伝関係の仕事をしたりしなかったり。趣味と実益(仕事)を兼ねて映像・写真等の編集などもやります。好奇心旺盛な人見知り。たまに凝り性な基本めんどくさがり屋。



関連する旅行カテゴリ

# クライストチャーチの観光

関連する旅行記事