芸術好きにはたまらない!アートの街、クライストチャーチのおすすめスポット!

ニュージーランドのクライストチャーチには、ウォールアートやオブジェなど、地元のアーティストの作品が街中に飾られています。今回は、そんな街全体がアートのようなクライストチャーチのおすすめスポットをご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

こんにちは。Compathy Magazineライターのくろやなぎ あかりです。

歴史あるものと新しいものとが混在するニュージーランドのクライストチャーチには、シティーアートが溢れています。クライストチャーチ・アートギャラリーや、カンタベリー博物館など、芸術好きにははずせないスポットが盛りだくさん!そんな魅力の尽きないクライストチャーチをご紹介します。

 

■目次

1ページ目: クライストチャーチのアートマップ、クライストチャーチ・アート・ギャラリー、ほか

2ページ目: シティー・アート/ウォールアート、ほか

3ページ目: クライストチャーチ・トランジショナル大聖堂、ほか

 

クライストチャーチのアートマップ

マップを拡大して表示

 

クライストチャーチのおすすめのアート観光スポット


クライストチャーチ・アート・ギャラリー

掌の人形が出迎えるモダンアートの世界を体験してみませんか?

筆者撮影

洗練された現代的な建築物の上では、掌に顔が書かれたインパクトのあるオブジェが観光客を出向かえています。

その印象的な建物こそが、クライストチャーチ・アート・ギャラリー/Christchurch Art Gallery Te Puna o Waiwhetuです。

Provided by foursquare-icon-16x16

近代的な建物の中にはいると大きなインフォメーションカウンターが目に入ります。ここでは、ギャラリー内の説明をしてもらったり、マップをもらうことができます。また、入館料は無料で、募金できる箱がフロアに置かれています。

筆者撮影

アート・ギャラリーでは、モダンアートを中心にニュージーランドのアーティストの作品が多く飾られています。

定期的に展示が入れ替わる1階、2階では、ヨーロッパから移住してきたアーティストたちの芸術作品を観ることができます。展示だけでなく、毎月開催される様々なイベントがギャラリーを盛り上げています。

■Universo

                         

筆者撮影

1階のUniverso Brasserie&Barというカフェもおすすめ。”Brasserie”とは、フランス語で酒と食事を楽しむビアホールのような店のことを指します。ぜひ、ゆっくりと芸術鑑賞したあとに一息ついてみてください。

■Gallery Shop

筆者撮影

カフェの隣には、おもちゃ箱のようなかわいらしいアイテムがいっぱいのGallery Shopも併設されています。

アーティスティックなポスターから、子どもから大人までわくわくするようなロボットのお菓子入れ、スタイリッシュな文房具などが並んでいます。

筆者撮影

 

筆者撮影

また、日本語の書かれたインクも販売されていました。日本から来た筆者にとっては、まさかこんなところで日本語をみることになると思っていなかったため単純に嬉しかったです。

筆者撮影

2階へ続く幅広い階段の頭上には、蛍光灯といくつもの机や椅子が天井から吊るされているという不思議な光景が広がっていました。

椅子や机が天井からぶら下がっている組み合わせは一見ミスマッチのように感じられますが、現代的で洗練されたギャラリーの雰囲気に溶け込み、またそれも一つの芸術のようでした。

筆者撮影

 

筆者撮影

ギャラリーでは、定期的にイベントや無料ツアーも行っているため、普段なかなか芸術に触れる機会がない方も、ぜひこの機会にモダンアートの織りなす刺激的な感覚を味わいに訪れてみてください。

■スポット情報:クライストチャーチ・アート・ギャラリー
住所:Montreal St, Christchurch Central, Christchurch 8013 ニュージーランド
電話番号:03941 7300
定休日:なし
公式・参考サイト:クライストチャーチ・アート・ギャラリー
Googleマップ:クライストチャーチ・アート・ギャラリー

 

クライストチャーチ・アートセンター

学び舎の温かみの残る建物の中はわくわくだらけ!

筆者撮影

クライストチャーチ・アートセンター/The Arts Centre te Matatiki Toi Oraはもともとカンタベリー大学で使われていた校舎でした。

現在は様々なショップやアーティストの宿泊施設として利用され、芸術作品が敷地内の至る所に飾られています。また、ニュージーランドの開発の歴史を振り返る展示や、博物館も併設されています。

■Rutherford’s Den Lecture Theatre

筆者撮影

 

筆者撮影

 

■Great Hall

筆者撮影

様々な偉人が描かれたステンドグラスが出迎えるGreat Hallは、素晴らしい音響設備が整っています。現在は、音楽コンサートや結婚式に使われており、クライストチャーチの人々の人生のイベントに温かく寄り添っています。

アートセンターの中には、1階から2階にかけておしゃれなショップが続いています。もともと学校だった間取りを活かして、部屋ごとにテーマやブランドが異なります。

センスの良い文房具を取り扱う部屋や、オーガニックの石鹸を販売する部屋、オリジナルTシャツのお店などが進んでいくにつれて新しい景色が広がり、好奇心をくすぐります。

筆者撮影

 

■ファッジ作り体験

筆者撮影

ファッジという牛乳やバター、チョコレートなどで作った柔らかいキャンディーをご存知ですか?

1階には、甘くてまろやかなファッジを販売するお店があります。ここでは、ガラス張りの工房で職人が実際にファッジを作っている工程を見ることができます。

クリスマスの時期には、職人がかわいらしいお菓子の家を作っている貴重な姿も見ることができるのでぜひ立ち寄ってみてください!

筆者撮影

事前予約が必要ですが、職人の方と一緒にファッジ体験をすることができます。チョコレートをコーティングしたファッジに好きな文字を書いてみませんか?思い出作りにもおすすめの体験なので、ぜひ参加してみてくださいね!

筆者撮影

 

筆者撮影

 

筆者撮影

かつて大学として利用されていた「クライストチャーチ・アートセンター」は、現在はこのようにショッピングや体験をすることができる施設として活用されています。クライストチャーチに訪れたからこそできる体験やわくわくを味わってみてはいかがですか?

■スポット情報:クライストチャーチ・アートセンター
住所:2 Worcester Blvd, Christchurch Central, Christchurch 8013 ニュージーランド
電話番号:03366 0989
営業時間:10:00~17:00
定休日:なし
公式・参考サイト:クライストチャーチ・アートセンター
Googleマップ:クライストチャーチ・アートセンター

 

1 23
くろやなぎ あかり

くろやなぎ あかり

はじめまして!児童小説家を目指す、”旅とものがたり”が大好きな大学生です。私の記事が少しでも皆さんの旅のきっかけになれたら嬉しいです!



関連する旅行カテゴリ

# クライストチャーチ # クライストチャーチの観光

関連する旅行記事