マレーシア南端の都市ジョホールバルのおすすめ観光スポットまとめ

マレー半島最南端に位置するマレーシア第2の都市ジョホールバル。対岸のシンガポールとは橋でつながっており、日帰り観光も楽しめる人気の街です。今回はそんなジョホールバルでおすすめの観光スポットについて紹介します。

こんにちは。Compathy Magazineライターのakiです。
マレーシアの中で赤道に最も近く、一年を通して常夏の気候が続くジョホールバル。コロニアル調の建物やイスラムの国らしいモスクなど、お隣シンガポールとは違った雰囲気を味わえます。ここ数年はテーマパークの建設も相次ぎ、発展を遂げている注目の街です。
そんなジョホールバルの新旧おすすめ観光スポットを集めました。最後までご覧ください。

 

■目次

1ページ目: ジョホールバルの観光地図、ほか

2ページ目: レゴランド・マレーシア・リゾート、ほか

3ページ目: サンリオ・ハローキティ・タウン、ほか

4ページ目: ヒンドゥー寺院(アルルミグ・スリ・ラジャカリアマン・グラス・テンプル)、ほか

5ページ目: ナイトマーケット、ほか

6ページ目: ジョホール州政府庁舎(スルタン・イブラヒム・ビルディング)、ほか

7ページ目: マレーシアの天気をしっかり調べてベストな荷物で身軽に移動しよう、ほか

8ページ目: クアラルンプール、ジョホールバル、シンガポール。国を超えて美味しいとこ総取り!、ほか

 

ジョホールバルの観光地図

マップを拡大して表示

 

マレーシア・ジョホールバルおすすめ観光スポット


スルタン・アブ・バカール・モスク:マレーシアで最も美しいモスク

Photo credit: MrT HK via flickr cc

シンガポールとジョホールバルをへだてるジョホール海峡を見下ろす高台に建つ「スルタン・アブ・バカール・モスク」。“近代ジョホールの父”と言われる国王スルタン・アブ・バカールにより、19世紀末に建造されたイスラムモスクです。

イギリスのビクトリア建築様式をメインにデザインされた木造の建物は、青い屋根と白壁のコントラストが美しく、マレーシアで最も美しいモスクのひとつと評されています。
他の地域とは一味違ったモスクなので、ぜひ立ち寄ってみてください!

■スポット情報:スルタン・アブ・バカール・モスク(Masjid Jamek Sultan Abu Bakar)
住所:Jalan Gertak Merah, Masjid Sultan Abu Bakar, 80000 Johor Bahru, Johor, マレーシア
電話番号:07223 4935
定休日:なし
Googleマップ:スルタン・アブ・バカール・モスク

 

タン・スリ・ダト・ハジ・ハッサン・ユーヌス・スタジアム(ラーキンスタジアム):「ジョホールバルの歓喜」の舞台となったスタジアム

Photo credit: Chongkian (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

タン・スリ・ダト・ハジ・ハッサン・ユーヌス・スタジアム(通称ラーキンスタジアム)」は、ジョホールバルにある多目的スタジアムですが、サッカーファンなら一度は訪れておきたい観光スポット。

1997年に翌年のFIFAワールドカップ・アジア予選で日本対イラン戦が行われ、延長戦の末勝利し初のワールドカップ出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」の地として知られています。現在は改修され以前よりキレイになっているようですが、当時の雰囲気を感じに訪れてみるのもいいですね。

■スポット情報:タン・スリ・ダト・ハジ・ハッサン・ユーヌス・スタジアム(Tan Sri Dato' Haji Hassan Yunos Stadium)
住所:Jalan Dato Jaafar, Larkin, 80350 Johor Bahru, Johor, マレーシア
定休日:なし
公式・参考サイト:タン・スリ・ダト・ハジ・ハッサン・ユーヌス・スタジアム
Googleマップ:タン・スリ・ダト・ハジ・ハッサン・ユーヌス・スタジアム

 

aki

aki

こんにちは!Compathy MagazineライターのAkiです。大学時代から旅行が大好きで、これまでカナダ・ネパールなど9か国の海外旅行や、日本一周鈍行列車の旅を経験。趣味が高じて旅行会社にも務めていました。旅先でしか味わえないローカルフードや、「ここだけは押さえておきたい!」おすすめ観光スポットをメインに、旅を楽しむための情報をお伝えしていきます!



関連する旅行カテゴリ

# マレーシアの観光

関連する旅行記事