宗教の聖地エルサレムに行くなら外せないおすすめの観光スポットまとめ

さまざまな宗教の聖地となっているエルサレム。そんなエルサレムにはさまざまな宗教にまつわる観光スポットがたくさんあります。今回はそんなエルサレムのおすすめの観光スポットについてご紹介します。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy Magazineライターのさとりんです。
エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の3つの聖地になっている都市です。観光スポットにはさまざまな宗教的建造物があり、街を歩けばそれぞれの宗教や生活習慣に触れることができることでしょう。

エルサレム旧市街や岩のドームなどぜひとも見ておきたい観光スポットがたくさんあります。今回はそんなたくさんの魅力が詰まった個性的なエルサレムのおすすめの観光スポットをご紹介します。

 

■目次

1ページ目: エルサレム旧市街、ほか

2ページ目: 岩のドーム、ほか

3ページ目: 嘆きの壁、ほか

4ページ目: マリア永眠教会、ほか

5ページ目: ダマスカス門、ほか

6ページ目: 旧市街の城壁の上を歩く散歩道、ほか

7ページ目: 最後の晩餐の部屋、ほか

8ページ目: 【近郊】ベツレヘム、ほか

9ページ目: エルサレムの旅行記ブログ、ほか

 

エルサレムの観光スポット地図

マップを拡大して表示

 

エルサレムのおすすめ観光スポット


エルサレム旧市街:当事国を持たない世界遺産は世界中でここだけ!

Provided by foursquare-icon-16x16

約紀元前1000年にはあったとされる都「エルサレム」。現在はキリスト教地区、イスラム教地区、ユダヤ教地区、アルメニア人地区の4つに分けられています。
そのため、この場所にはキリスト教の聖地である「聖墳墓教会」、イスラム教徒の聖地の「岩のドーム」、ユダヤ教徒の聖地「嘆きの壁」などがあり、それぞれの宗教にとってとても重要な都市とされています。

1981年に「エルサレムの旧市街とその城壁群」として世界遺産に登録されましたが、エルサレムは国連管理下の国際都市のため、世界で唯一の当時国のない世界遺産となりました。

■スポット情報:エルサレム旧市街
Googleマップ:エルサレム旧市街

 

神殿の丘:ユダヤ教とイスラム教の聖地

Provided by foursquare-icon-16x16

エルサレム旧市街にある「神殿の丘」は「岩のドーム」を中心に城壁で囲まれているエリアです。
ユダヤ教徒とイスラム教の聖地になっている場所のため、「岩のドーム」以外にも「アル=アクサー・モスク」「鎖のドーム」。西側の外壁にはユダヤ教の聖地である「嘆きの壁」などがあります。

神殿の丘は、イスラム教指導者によって管理され、ユダヤ人とキリスト教の人たちによる宗教的な儀式を禁止しています。一般観光客でも十字架や聖書をもちこんだり、お祈りをすることは禁止されていて、金曜日やイスラムの祝日も中に入ることができません。

■スポット情報:神殿の丘
Googleマップ:神殿の丘

 

1 2 ... 9
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Satoko Sumitomo

Satoko Sumitomo

さとりんです。 アメリカのシカゴで生まれ、サウジアラビアで3年間生活していました。 生まれ育ちから海外経験が多かったので、その経験を活かして少しでもみなさんのお役に立てる記事を書いていけたらと思っています。



関連する旅行カテゴリ

# イスラエルの観光

関連する旅行記事