旧西ドイツの首都ボンのおすすめ観光スポットまとめ

ドイツの小さな観光都市であるボンは、西ドイツ時代には首都として役割を果たしていた都市です。有名な音楽家のベートーベンやシューマンも住んでいたこの街の魅力的なおすすめスポットを紹介していきます。

こんにちは。Compathy Magazineライターのcocoです。ドイツには様々な魅力的観光スポットが存在し、ボンもドイツを代表する観光都市のひとつです。かつて有名音楽家たちが住んでいたことでも知られるボンは、ベートーベン音楽祭や国際的な演劇フェスティバルが開催される都市でもあります。

中々ドイツ観光でも上位に挙がってこないボンですが、今回は「ベートーベンハウス」や「ボン美術館」などの魅力的な観光スポットの紹介をします。

 

■目次

1ページ目: ベートーベンハウス、ほか

2ページ目: ボン大学植物園、ほか

3ページ目: ミュンスター広場(ベートーベン広場)、ほか

4ページ目: ポッペルスドルフ城、ほか

5ページ目: あわせて読みたい!ボン観光関連記事①

6ページ目: あわせて読みたい!ボン観光関連記事②

 

ボンの観光スポット地図

マップを拡大して表示

 

ボンのおすすめ観光スポット


ベートーベンハウス:西洋音楽の巨匠・ベートーベンが生まれた家

ベートーベンハウス」はボンを代表する観光スポットで、ボン観光では外せません。

ベートーベンが生まれてから数年を過ごした「ベートーベンハウス」は現在記念館となっています。
オーディオ・ヘッドフォンで案内を聞きながら歴史感じるきしむ床を歩いていくと、彼が使用した楽器や直筆の楽譜など世界最多のベートーベンに関するコレクションを見ることができます。

併設のデジタル・コレクション・スタジオではコンピューター使い、再現されたベートーベンの住居を見たり、ベートベンの手紙の朗読を聞くことができます。
また、敷地内にある劇場では、ベートーベンの作品を三次元CGのイメージ映像と共に楽しむこともできるようになりました。

■スポット情報:ベートーベンハウス
住所:Bonngasse 20, 53111 Bonn, ドイツ
電話番号:0228 9817525
営業時間:10:00~18:00
定休日:なし
公式・参考サイト:ベートーベンハウス
Googleマップ:ベートーベンハウス

 

ドイツ歴史博物館(ドイツ現代史博物館):第二次世界大戦後から発展を遂げたドイツの歴史を知ることができる博物館

ドイツ歴史博物館」は、第二次世界大戦後の1945年から西ドイツと東ドイツが分裂していた時代、そして現在に至るまでの歴史を語る博物館です。
1990年に再統一するまで2つに分かれていたドイツ。そんな時代の西ドイツと東ドイツの歴史や発展を知ることができ、日常生活に浸透していた物から、かつてアデナウアー首相が使用していたベンツ、ドイツで働く外国人に初めて発行されたとされる滞在許可証など、さまざまな歴史ある展示物を拝見することができます。

■スポット情報:ドイツ歴史博物館
住所:Willy-Brandt-Allee 14, 53113 Bonn, ドイツ
電話番号:0228 91650
営業時間:9:00~19:00 (火曜、 水曜、 木曜、 金曜)、 10:00~18:00 (土曜、 日曜)
定休日:月曜
公式・参考サイト:ドイツ歴史博物館
Googleマップ:ドイツ歴史博物館

 

coco

coco

海と太陽と日焼けが好きなcocoです(もちろん天サロ)毎日楽しく過ごしてます!よろしくおねがいします。



関連する旅行カテゴリ

# ドイツの観光

関連する旅行記事