見どころたくさん!ウクライナの都、キエフのおすすめ観光スポット紹介

ウクライナの首都キエフは、大聖堂や劇場など建築様式に古き良きロシア文化が残されている美しい都。キリスト教の聖地とも呼ばれ、東ヨーロッパで最も古い都市とされています。今回はそんなキエフの観光スポットをご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

黄金の門:地中から蘇ったキエフ全盛期の門

キエフの全盛期である11世紀に、聖ソフィア大聖堂を建築したヤロスラフ賢公によって建てられた門です。「黄金の門」はキエフの正門として建てられ、門の上には金色に輝くドーム屋根の受胎告知教会が建てられていました。教会の内部はモザイクと壁画で装飾されていたようです。

しかし13世紀、モンゴル軍によって破壊されます。その後地中に埋まった状態のまま遺跡として保存されていましたが、1982年に復元されました。

ロシアの作曲家ムソルグスキーのピアノ組曲「展覧会の絵」の最後に登場する「キエフの大門」はこの黄金の門のことを表現しています。

■スポット情報:黄金の門
住所:Volodymyrska St, 40А, Kyiv, ウクライナ 01034
電話番号:044 278 6919
営業時間:10:00~17:00 (火曜)、 10:00~18:00 (水曜、 木曜、 金曜、 土曜、 日曜)
定休日:月曜
Googleマップ:黄金の門

 

聖ミハイルの黄金ドーム修道院:水色の壁と黄金のドームが美しい

キエフ大公国の守護天使「ミハイル」から名付けられた「聖ミハイルの黄金ドーム修道院」は、12世紀に建てられたウクライナバロック様式のウクライナ正教会の修道院です。
水色を基調に白と金色がアクセントになった美しい建物は「黄金ドームの都」と言われるキエフのシンボルの1つとなっています。

1936年旧ソ連の教会弾圧により破壊されてしまいましたが、ウクライナの独立の際に再建されました。その際、ロシアによって持ち帰られてロシア博物館にあったモザイク画やフレスコ画も返納してもらい、修道院の内部を再び飾ることとなりました。
一般公開もされているので、ぜひ中に入ってポップな内観と歴史を感じてみては?

■スポット情報:聖ミハイルの黄金ドーム修道院/St. Michael's Golden-Domed Monastery
住所:Triokhsviatytelska St, 8, Kyiv, ウクライナ 01601
電話番号:097 777 7434
定休日:なし
公式・参考サイト:聖ミハイルの黄金ドーム修道院
Googleマップ:聖ミハイルの黄金ドーム修道院

 

12 3 4 ... 8
coco

coco

海と太陽と日焼けが好きなcocoです(もちろん天サロ)毎日楽しく過ごしてます!よろしくおねがいします。



関連する旅行カテゴリ

# ウクライナの観光

関連する旅行記事