南米アメリカが誇る文化と大自然の国・コロンビアのおすすめ観光名所20選

コロンビアといえばコーヒー?サッカー?いいえ、それだけではありません。多様な文化と大自然に彩られた黄金の国は、思わず目を奪われる光景が目白押し。今回はそんなコロンビアの魅力がぎゅっとつまった観光名所について紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


シパキラの塩の大聖堂:暗い洞窟の中の教会は人々の心の癒しだった

Colombia - Zipaquirá - Catedral de Sal

 

ボゴタから2時間ほどのところにある「シパキラの塩の大聖堂(Catedral de Sal)」は、もともとは塩鉱山として塩の採掘をしていた場所でした。そこで身の危険と隣合わせで働く人々の癒しの場としてつくられたのがこの教会です。

洞窟の中はもちろん右も左も塩だらけ。14の十字架と礼拝所を見学しながら進みます。奥の大聖堂にそびえ立つ巨大な十字架と幻想的な光の演出は圧巻です。

「塩の滝」など芸術的な見どころも多く、おみやげ屋さんでは塩でつくられた十字架なども買うことができますよ。入場料はガイド付きで50,000コロンビアペソ(約1,900円)です。

■スポット情報:シパキラの塩の大聖堂(Catedral de Sal)
住所:Parque De La Sal, Zipaquirá, Cundinamarca
電話番号:+5718519502
公式・参考サイト:Catedral de Sal
Googleマップ:Catedral de Sal

 

サン・アウグスティン遺跡公園:ユニークな石彫たちが迎えてくれる南米最大級の遺跡スポット

Provided by foursquare-icon-16x16

サン・アグスティン遺跡公園(San Agustín)」は首都ボゴタの街から南西へ約350km。マグダレナ川上流の山岳地帯にある広大な遺跡群です。

最も古い遺物は紀元前500年前のものが確認されていて、特徴的な石彫の数々が注目を集めています。400体近くあるという石彫は神官や戦士を思わせる人物像や、人間と動物をあわせたような怪人像など、大きさもさまざま。中にはどこか愛嬌のある表情をしているものも。

サン・アグスティンの遺跡群は「サン・アグスティン考古公園」「ロス・イドロスの丘」「ラス・ピエドラスの丘」の3箇所が世界遺産にも登録されています。

■スポット情報:サン・アウグスティン遺跡公園
Googleマップ:サン・アウグスティン遺跡公園

 

1 ... 9 10 1112
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Kohei Saito

Kohei Saito

大学在学中にイギリスのロンドンと台湾の南投に留学してました。皆さんのお役に立てる記事を書いていきたいです。



関連する旅行カテゴリ

# コロンビアの観光

関連する旅行記事