子連れの海外旅行におすすめの国は? 観光の魅力・渡航時間・年齢を解説します!

家族揃って楽しめる、子連れの海外旅行でおすすめの国や都市についてご紹介します。雄大な大自然に囲まれた島国や、都会ながらも歴史的建造物や伝統文化を体験ができる国など各国の魅力は尽きません。日本を出発して現地に到着するまでの渡航時間や、持ち物の準備、体調管理のために知りたいベストシーズンも併せてチェックをしてみましょう!

オセアニア

■オーストラリア・ケアンズ

Photo by wikimedia

世界遺産に登録されている自然が美しいケアンズは、オーストラリアのクイーンズランド州の湾岸都市です。大自然を満喫するアクティビティだけに魅力は留まらず、夜空を見上げるを零れ落ちそうなほどの星に驚かされることでしょう。

ダイビングやシュノーケリングは年齢制限があることも多く、10歳以上から参加可能と規定もあるので事前に確認しておくことをおすすめします。しかし、アクティビティ参加が出来なくてもケアンズの魅力を感じることはできます。ビーチでゆっくりと過ごし、動物園でコアラやワラビーを親子で一緒に観察してみましょう。
また、24時間営業ではないカジノなどもあるので、大人の遊びもすることができますよ。

■飛行機の渡航時間
約7時間30分~

 
■おすすめの季節(ベストシーズン)
湿度が他都市よりも比較的高く、雨季の11月~5月は降水量が増加します。乾季にも雨が降ることもありますが、一時的なので観光等に影響することは少ないでしょう。
6月~10月までの乾季期間は、海水浴を楽しんだ後に肌寒くなる程度なので、年間を通じて海に入ることができるのが魅力と言えるでしょう。最高気温が35度を上回ることも多いので、日差し対策と熱中対策は事前に準備しておきましょう。

 
 

■オーストラリア・ゴールドコースト

Photo by wikimedia

クイーンズランド州南東部に位置するゴールドコーストは、野生動物の保護園や世界遺産に登録されている自然豊かな国立公園がある都市です。観光保養地としても知られており、約70km以上も続く砂浜にサーフィンを楽しむ人々の姿を見かけることができます。

主要観光スポットに訪れるだけでなく、3歳以上の子連れ旅行であれば十分に楽しめるのが「ドリームワールド」。様々なアトラクションが点在し、110種類以上の動物たちとの触れ合いが楽しめます。親子一緒にパーク内を巡って満喫してみましょう。

■飛行機の渡航時間
約9時間30分~

 
■おすすめの季節(ベストシーズン)
年間晴天率が高いため、スポーツやマリンアクティビティを存分に満喫することができます。秋を迎える3月~5月は、朝晩の冷え込みを感じますがアクティブに観光をしたい人にはおすすめ。
同様に9月~11月も過ごしやすい気候ですが、比較的降水量が少ない時期なので安心して観光を楽しむことができます。それぞれの時期に適したアクティビティがあるので、目的に沿って旅行の時期を設定するとよいでしょう。

 
 

■ニュージーランド

南半球の島々によって構成されている「ニュージーランド」は、都会的な雰囲気と大自然の偉大さを感じられる国です。
ショッピングやグルメを楽しむことができる、ニュージーランド最大の都市オークランド、旅の疲れを癒す天然温泉やマオリ文化に触れることができる中央部の都市ロトルア、「世界一美しい夜空」とまで言われる絶景を臨むことができるテカポなど、スポットは各都市に点在。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地巡りツアーも催行されており、安心の日本語ガイドツアー付きなので小学生低学年の子連れ旅行でも十分に楽しめます。また、ワインとチーズが好きな大人には、オークランドでブドウ園やチーズ工場への立ち寄りもおすすめです。

■飛行機の渡航時間
約10時間40分~

 
■おすすめの季節(ベストシーズン)
国立公園での自然観察をはじめ、美しい緑や山を眺めるために訪れる方が多いことでしょう。年間を通じて温暖な気候ですが、地域差もあるため国内移動をする際には着脱可能な服装の準備が必要です。日差しが強いため、サングラスや日焼け止めは持ち歩いておくと安心です。
南半球に位置するため、7月が冬のような気候で寒さを感じる季節になります。そのため、日本が冬である1月~2月は気温の高い季節。渡航時期と滞在期間中の天気予報をチェックしておくとよいでしょう。

 
 

■アメリカ合衆国・ロサンゼルス

カリフォルニア州南部の都市「ロサンゼルス」は、エンターテイメント性の高い観光地として世界各国から観光客が訪れています。海沿いの都市であることからも、0歳と一緒の子連れ旅行でもビーチでのんびりと過ごすことができます。

ハリウッドやディズニーランドなどの注目度の高い観光スポットもあるので、年齢に関係なく楽しめるのがロサンゼルスの魅力でもあります。高級ブティック街でショッピングをして、おしゃれなレストランでランチなど様々な楽しみ方ができます。

■飛行機の渡航時間
約10時間10分~

 
■おすすめの季節(ベストシーズン)
ロサンゼルスは降水量が比較的少ない都市なので、年間を通じて観光に適していると言えるでしょう。徐々に気温が上昇し始める4月~10月頃は、湿度が低いため20度以上でも過ごしやすいのが特徴です。
しかし、日差しが強いため日焼け対策は万全にしておきたいところ。冷房や朝晩の肌寒さに対応するためにも、薄手の洋服しておくとよいでしょう。

 
 

■フランス・パリ

芸術やファッションの街として名高いフランス・パリ。世界的に有名な美術館だけでなく、オペラ座やシャンゼリゼ通りの散策など見どころは尽きません。

パリの街中には、小学生低学年前後の語連れ旅行にぴったりな公園が点在しています。軽食を片手に公園でランチをするのも、子連れ旅行ならではの楽しみ方かもしれません。緑の芝生に寝そべりながら、空を見上げてゆっくりとパリでの旅行を楽しむことができます。

■飛行機の渡航時間
約12時間30分~

 
■おすすめの季節(ベストシーズン)
街歩きに最適なシーズンは、6月~8月頃の暖かな時期。ゴールデンウィークを過ぎたころから気温が上昇し、薄手のコートを着なくても観光をすることができるようになります。
暖かな陽気で観光に適した温度になりますが、日差しの強さには注意が必要です。照り付ける太陽に目を傷めないためにも、サングラスや帽子の準備をしておくとよいでしょう。どのような天気でも対応できるように、薄手の上着を持っていくと安心です。

 
 

子連れ海外旅行の体験ブログをご紹介

(1) 2歳子連れハワイ旅①アウラニディズニーリゾートでミッキーと遊ぼう編☆

子連れでハワイ旅行を存分に楽しみたい方におすすめの旅行記ブログ。「アウラニディズニーリゾート」に訪れたHBさんは、2記事にわたってハワイでの様子を紹介しています。

ディズニーキャラクターとのグリーティングや、現地ツアーに参加するなど滞在期間中の過ごし方はとても魅力的。小さなお子様と一緒に海外旅行を楽しめるプランを考えたい!という方の参考になる旅行記ブログです。

■旅行記ブログのページ
>> 2歳子連れハワイ旅①アウラニディズニーリゾートでミッキーと遊ぼう編☆
>> 2歳子連れハワイ旅②ワイキキで現地ツアー&グルメ堪能!プレミアムエコノミー体験も!

 

(2) 1歳5ヶ月子連れ旅@シンガポールで水族館に泊まろう!

羽田空港の深夜便を利用してシンガポールに訪れたHBさん。シンガポール屈指のリゾートホテルである「マリーナベイサンズ」に滞在し、動物園や植物園に訪れ親子一緒に楽しんでいる姿が写真に収められています。

また、タクシーを利用して移動をしたセントーサ島では、ホテルに併設されたプールと水族館で充実した時間を過ごしたようです。世界最大級でギネスに認定されている水族館では、圧倒されるほどの迫力を感じることができたことが記されています。

■旅行記ブログのページ
>> 1歳5ヶ月子連れ旅@シンガポールで水族館に泊まろう!

 

(3) 【LA家族旅行】LAでビーチ!パンケーキ!ディズニー!

親子3人でロサンゼルスに訪れたHBさんは、ロサンゼルス国際空港から旅行をスタートしました。キラキラと光る波間の写真がきれいなマンハッタンビーチや、ホオジロザメの置物が印象的な水族館の写真が掲載されています。

ディズニーリゾートに滞在し、夜空を彩る大きな花火をホテルの部屋の窓から眺めた様子も記されています。ディズニーキャラクターのとのグリーティングの様子はとても可愛らしいですよ。

■旅行記ブログのページ
>> 【LA家族旅行①】LAでビーチ!パンケーキ!ディズニー!

 

(4) 子連れでパリ 〜王道パリ観光〜

フランスの主要観光スポットとマルシェに訪れたシュミノ ハバさん。多くの人々が行き交うマルシェでは、お花や野菜・果物などを選ぶ地元の方々の様子を見ることができます。散策中に立ち寄ったハンバーガー屋さんは、パリっ子にも人気のお店だったようです。

エッフェル塔や凱旋門など、パリで外すことのない観光スポットに訪れている旅行記ブログです。

■旅行記ブログのページ
>> 子連れでパリ 〜王道パリ観光〜

 

おわりに

市街地散策や大自然ならではのアクティビティは、親子にとって貴重な体験になります。時間を有効的に使いながら、渡航先での日帰り旅行やツアーへの参加など楽しみ方は様々です。思わぬ場所で子供たちの国際交流の場を目撃することができるかもしれません。大人と子供が別々に楽しむ時間があり、それぞれが最高の思い出を作ることができるプランを立ててみてはいかがですか?

 

クラブメッド

本記事はクラブメッドさまのご協力により作成したタイアップ記事です。
(タイアップ記事についてのお問い合わせは、(株)ワンダーラストまで)

1 ... 3 4
Compathy Magazine編集部

Compathy Magazine編集部

Compathy Magazineは、「タビ」や「カイガイ」への固定概念を超えて、新たな旅の魅力や価値観、それを実現する新しい旅の方法を届けたいという想いから生まれました。 世界各国に住む現地の人々の声、旅に役立つ情報やツールを紹介しながら、旅にまつわる偏見を無くしていきます。 ■関連する旅行記・旅行計画作成サイト: Compathy



関連する旅行カテゴリ

# 海外旅行のおすすめ・準備・ランキング # 家族旅行

関連する旅行記事