シルクロードの交通路で栄えたトルクメニスタンのおすすめ観光スポットまとめ

トルクメニスタンは、ソ連より独立した永世中立国。かつてはシルクロードの要衝として栄えました。世界遺産に登録されたクフナ・ウルゲンチやニサ遺跡などの遺構だけではなく、奇抜な観覧車や近代的な建築物など見どころが多くあります。

AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


こんにちは。Compathy MagazineライターのSumireです。

トルクメニスタンは、さまざまな文明の栄枯盛衰の遺構が残る国。世界遺産に登録されたニサ遺跡、クフナ・ウルゲンチは必見の観光名所です。
そのほかにも自然がつくったヤンギ・カラ渓谷や天然ガスが燃え続ける地獄の門は、自然の景色に圧巻されます。
ウェディングパレスをはじめ近代的かつ奇抜な建築物もおすすめスポットです。

今回はそんな見どころいっぱいのトルクメニスタンについて紹介します。
 

 
 

トルクメニスタンの観光スポット地図

マップを拡大して表示

 

地獄の門(ダルヴァザ・ガス・クレータ):絶え間なく燃え続ける炎に圧巻される地獄の門

首都アシガバートより北に約260kmに位置する、ダルヴァザはカラクム砂漠のほぼ中央にある村。
ここには40年間以上天然ガスが燃え続ける巨大なクレーターがあります。その炎の圧倒的な勢いは「地獄の門(Door to Hell)」に例えられるほど。とくに真夜中や早朝にみる炎は圧巻の迫力といわれています。

この‟地獄”と称される光景は、1971年に天然ガスの採掘作業中に装置と共に作業場所が崩落したため、有毒ガスの噴出を止める目的で点火をしたことにより引き起こされました。
しかし可燃性ガスが地下に大量に埋蔵されているため、火は消えることなく延々と燃え続けています。燃焼は現在の技術でも止めることは困難で、またいつまで燃え続けるかの目途もたたないようです。

■スポット情報:地獄の門/ダルヴァザ・ガス・クレータ
住所: ダルバザ,トルクメニスタン
公式・参考サイト:地獄の門
Googleマップ:地獄の門

 

1 2 ... 10
AfterコロナのNewスタンダード?
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Sumire

Sumire

マルタ共和国へ短期語学留学をしたことがきっかけで、海外への一人旅に目覚めました。英語はほとんど話せないけれど、ボディランゲージを駆使して、行きたい場所と美味しい食べ物は外しません。旅は情報!とにかく調べまくって出かけます。もちろん国内旅行も大好きです。



関連する旅行カテゴリ

# トルクメニスタンの観光 # トルクメニスタンの旅行記・ブログ # トルクメニスタン # アジアの観光

関連する旅行記事