ワインの都・フランス・ボルドーのおすすめ観光スポット15選

ワインが好きな人はぜひ訪れてほしいボルドー。シャトーを巡り、ワインのテイスティングや買い物を楽しんではいかがでしょうか。今回はサン・タンドレ大聖堂やブルス広場など、ボルドーの素敵な観光スポットをたくさん紹介します。

今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


ボルドー装飾芸術美術館:ボルドーの陶芸や工芸品など数多くの名品を所蔵

ボルドー装飾芸術美術館」は、かつては町議会議員ピエール・レイモン・ラランドの邸宅であった建物を利用して1984年にオープンしました。

おもな所蔵品は家具などの調度品を始め、18世紀フランスのファイアンス陶器、オランダのデルフト焼き、ガラス工芸、金銀細工や、ほかにも工芸品など名品の数々があります。

1779年に建築された古典主義建築の特徴が見られるこの博物館の建物の内部には、ポワズリーといわれる板張りの壁やルイ15世から16世時代の暖炉が残っており、こちらも見学の価値があります。

■スポット情報:ボルドー装飾芸術美術館(MUSEE DES ARTS DECORATIFS)
住所:39 rue Bouffard, 33000 Bordeaux
電話番号:+33 0556101400
営業時間:14:00~18:00 (特別展 11:00~18:00/土日 14:00~18:00)
定休日:火曜日・祝祭日
公式・参考サイト:ボルドー装飾芸術美術館
Googleマップ:ボルドー装飾芸術美術館

 

アキテーヌ地方博物館:アキテーヌ地方の先史時代から現代までの所蔵品を収蔵、展示

Provided by foursquare-icon-16x16

アキテーヌ地方博物館」は、アキテーヌ地方の先史時代から現代までを知ることができる博物館です。その所蔵品は約70万点。膨大な展示品により考古学や民俗学の観点からもその歴史を知ることが可能です。

かつては貿易の街として栄えたこの町は、華やかな歴史の裏で陰惨な奴隷貿易も行われていました。この博物館では奴隷貿易に関する映像や展示を見ることができます。
日本ではあまり知る機会の少ない歴史を学んでみてはいかがでしょうか。

■スポット情報:アキテーヌ地方博物館(Musée d´Aquitaine)
住所:20 Cours Pasteur, 33000 Bordeaux
電話番号:05 56 01 51 00
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日、祝祭日
公式・参考サイト:アキテーヌ地方博物館
Googleマップ:アキテーヌ地方博物館

 

1 ... 7 8 9
今ならおトクなキャンペーン実施中!
\ CompathyGOバーチャル旅行、はじまりました! /


Sumire

Sumire

マルタ共和国へ短期語学留学をしたことがきっかけで、海外への一人旅に目覚めました。英語はほとんど話せないけれど、ボディランゲージを駆使して、行きたい場所と美味しい食べ物は外しません。旅は情報!とにかく調べまくって出かけます。もちろん国内旅行も大好きです。



関連する旅行カテゴリ

# フランスの観光 # フランスの旅行記・ブログ

関連する旅行記事