バチカンの観光名所を網羅!ここだけは行きたいおすすめスポットとイベント

カトリックの総本山であるバチカン市国。サン・ピエトロ大聖堂や目を見張るほどの宝物を収蔵する美術館など見どころが充実しています。今回は、バチカン市国に行ったらぜひ押さえておきたい場所について詳しく紹介しています。

こんにちは。Compathy MagazineライターのMochikoです。
総面積44ヘクタールと皇居の半分以下の大きさの「バチカン市国」。キリスト教のカトリック総本山である”サン・ピエトロ大聖堂”があり、人口約800人のほとんどがカトリックの関係者となっています。世界各国から祈りを捧げるために足を運ぶ方は後を絶ちません。

サン・ピエトロ広場や大聖堂が有名ですが、キリスト教と深い関りのある地下墓地や広場内の聖人像など見どころは満載です。これから旅行に出かける方も、バチカンに興味を持った方もぜひこの記事を参考にしてください。

 

■目次

1ページ目: バチカンの観光スポット地図 / サン・ピエトロ広場

2ページ目: サン・ピエトロ広場の聖人像、ほか

3ページ目: サン・ピエトロ大聖堂のクーポラ、ほか

4ページ目: ミケランジェロ「ラ・ピエタ」、ほか

5ページ目: バチカン美術館、ほか

6ページ目: ミケランジェロ「最後の審判」(システィーナ礼拝堂内)、ほか

7ページ目: バチカン郵便局、ほか

8ページ目: バチカンのおすすめイベント

9ページ目: 関連旅行記ブログ紹介、ほか

 

バチカンの観光スポット地図(googleマップ)

マップを拡大して表示

 

バチカンおすすめ観光スポット:バチカン市国の入口!美しい彫刻やオベリスクが並ぶ広場


サン・ピエトロ広場

バチカン市国の入口にある「サン・ピエトロ広場」は、正面にサン・ピエトロ寺院を望む楕円形状の広場です。1656年頃から建築されたと言われており、列柱廊の上にある聖人像や、中央にそびえるオベリスクは荘厳な雰囲気を漂わせています。

バチカン市国は独立国家ですが、入国に関してはパスポートなどの書類審査はありません。しかし、バチカン内の大聖堂や美術館に入る際は、空港の手荷物検査のようなセキュリティーチェックが行われています。過度な露出がある服装では立ち入りが断られる可能性もあるので注意が必要です。
 

Mochiko

元ツアーガイドのMochikoです。経験を活かして日本や世界のさまざまな場所の魅力を紹介出来たらと思います。



関連する旅行カテゴリ

# バチカン市国の旅行記・ブログ # バチカン市国の観光

関連する旅行記事