豪華絢爛!イスラム文化を象徴する装飾が美しいイランの観光スポットまとめ

古代遺跡や美しい装飾のモスクが点在し、過去と現在を紐解くスポットが魅力的なイラン。街の宗教施設では、文化や伝統の発展を体感することができます。今回は世界遺産巡りが楽しめるイランの観光スポットをご紹介します。

Compathy Magazine編集部が送る
\ 今月のおすすめ記事! /

ペルセポリス(ファールス):アケメネス朝ペルシア時代の王と帝国の繁栄を遺跡で見る

イラン南部のファールス州に位置する”ペルセポリス”。歴史教科書では、古代アメケネス朝ペルシア時代の都として時代の繁栄を遂げたと記されています。世界遺産に登録されているペルセポリスは、帝国を築きあげたダレイオス一世から3代にわたって建設された宮殿群。

神聖なる儀式を行った場所や、王の居住地など古代の歴史を感じる遺跡の見学をすることができます。現存しているレリーフなどにも目を向けてみてください。どのような生活を営み、繁栄を遂げたのかを覗くことができますよ。

■スポット情報:ペルセポリス
住所:イラン Fars Province, ペルセポリス
Googleマップ:ペルセポリス

 

バムとその文化的景観(ケルマーン)

Tower and fort of Bam, Iran

 

イラン南東部のバムは、砂漠地帯が続く絹と綿製品の生産地です。7~11世紀に全盛期を迎え、絹と綿製品の生産等によって商業的な発展を迎えます。世界遺産に登録されていますが、2006年に発生した地震の影響により修復業が必要な状況になりました。

地震によって倒壊した「アルゲ・バム」と呼ばれる要塞は、立ち入り禁止エリアなど足を踏み込めない場所もあります。見学可能な場所を確認したうえで、バムの世界遺産を目に焼き付けましょう。

■スポット情報:バム
住所:イラン ケルマーン バム
Googleマップ:バム

 

1 2 3 ... 12
shry

shry

世界の様々な音楽を聴いて、あらゆる時代の絵画や彫刻を鑑賞しながら世界を飛び回るのが夢。芸術作品に触れながら、新たな発見と感性を高めるために日々奔走中。



関連する旅行カテゴリ

# イランの旅行記・ブログ # イランの観光

関連する旅行記事